お酒 食レポ

【山口県下関】 長州酒造『天美 純米吟醸 うすにごり生原酒(桃天)』。女性杜氏藤岡さんの挑む今話題の美酒

山口県下関市にある長州酒造こだわりの酒『天美』シリーズの春季限定『天美 純米吟醸 うすにごり生原酒(桃天)』。

異業種より高い志と固い信念を持ち新規参入した長州酒造にて、女性杜氏藤岡美樹さんが手掛ける話題の美酒。
通称「桃天」の名で親しまれる、ピンクのラベルに、ダイヤの原石のごとく磨かれ宝石に生まれ変わったお米を彷彿させるデザインが特徴的。

今回はそんな『天美 純米吟醸 うすにごり生原酒(桃天)』飲んでみた。



長州酒造

長州酒造は、山口県下関にて2018年に創業した新酒蔵。

出典:長州酒造

銘酒の多い山口県にて誕生したもっとも新しい酒蔵は、異業種である太陽光発電システムなどを製造する長州産業株式会社が新規事業としてスタートさせたもの。
もともとは2017年より始めたチョウザメの養殖がきっかけ、養殖に不可欠な良質で豊富な地下水を求めてたどり着いたのが下関市にあった明治から続く「児玉酒造」。

かつて児玉酒造のあった菊川市には菊川の名水を使った4件の作り酒屋が存在した。
時代の流れと共にその数は減り続け、最後に残った同酒造も後継者がおらず149年の歴史に幕を閉じようとしていた。
廃業を考えているという蔵元の言葉に、なにか運命的なものを感じた長州産業岡本社長。

現状、日本国内向けの日本酒製造の新規参入は免許発行が原則認められていない、そのため児玉酒造の事業を引き継ぐ形で新酒蔵として誕生したのが「長州酒造」だ。

2019年12月26日に新酒蔵が竣工、新たに生まれたのは最新鋭の機器を使った1日2本ペースで仕込みを行える能力を有する四季醸造蔵。
そして杜氏として迎えたのは、女性杜氏の藤岡美樹さん。

三重県松阪市出身の藤岡美樹さん。
微生物の勉強のために東京農大醸造学科へ入学、とあるきっかけで在学中に茨城県の酒蔵を見学したことにより日本酒へのイメージが覆される。
その時の感動がすべての原点。

奈良の「八咫烏(やたがらす)」、香川の「川鶴酒造」、三重の「清水清三郎商店」などの酒蔵に従事した経歴をもつ。
奈良県の酒蔵「八咫烏」にて10年の経験ののち、香川県の川鶴酒造にて2015年には初めてイチから手掛けた『かわつる14』を誕生させ、他にも大ヒットした『ほの苺』や『いりこ酒』、『讃岐くらうでぃ』などを手掛ける。
杜氏として手掛けた「28BY」は、全国新酒鑑評会にて金賞を受賞したほど。

もっとも注目される女性杜氏のひとり。

人気美酒「天美 TENBI」

「微差は大差」をコンセプトに1つ1つの工程に妥協すると無く、実直に小さな工程を積み重ねて生まれたのが『天美』。
天(太陽)の恵みで出来た美しいお酒を意味する。

醸造がスタートする前からこだわりは始まっていた。

なんとそのこだわりは建物や設備にまで至る。
建物に使用する接着剤や防かび剤は低臭・無臭のもの、設備は徹底的な洗浄を毎日行うことで、酒に移る違和感のある匂いは皆無となり、目指していた透き通った味わいの逸品に仕上がったという。

2020年9月に酒造りをスタートし、同年11月にはついに『天美』が完成。
販売開始前から日本酒を愛する人たちから注目されていたこのお酒、お酒に対する想いを伝えることができると認めた全国の約40の特約店でのみ販売されるも、あっという間に完売となった。

果たして無名のできたばかりの酒蔵の酒が売れるのか?と2,000本のみの限定発売をしていたが、そんな心配は皆無の人気となった。



天美 純米吟醸 うすにごり生原酒(桃天)

2021年に春季限定で発売された新作『天美 純米吟醸 うすにごり生原酒』、通称「桃天」は、ピンクのラベルが特徴的な一品。
あまりの人気で手に入れることができなかった人がいるほど。

登場より2年目となる2022年も2月2日より、2月~3月の春季限定出荷が開始された。
さっそくその今年の『天美 純米吟醸 うすにごり生原酒』をゲットしてきた。

詳細

天美 純米吟醸 うすにごり生原酒(桃天)
製造 長州酒造
原料米 山田錦
精米歩合 60%
アルコール度数 15度(原酒)
希望小売価格 720ml 1,700円(税別)

購入したのは2月上旬、2月中旬現在は予約のみ受付で3月入庫のお店多し

ピンクのラベルに「天美」シリーズおなじみの発酵をイメージしたデザインが特徴的。

ポリゴンオブジェクトのようなこのデザイン、まるでダイヤの原石に例えたお米が磨かれ、お酒という宝石に生まれ変わったかのようだ。
繊細で複雑、無限の可能性を秘めた発酵のカタチを表現しているという。

酵母の発酵により生まれた炭酸ガスが含まれているため、要冷蔵のこの商品。
常温の状態で開封すると栓が飛ぶ場合があるので注意が必要だ。

たいちょー
それに気づかずに常温保存していてフタが吹っ飛んで焦ったのは言うまでもない

さっそく日本酒好きな下野国のおいなりさまにも紹介されていた。

その名の通りうすにごりなお酒で、シュワーっと炭酸ガスの奏でる音色とともにリンゴのようなフルーティーな香りが広がる。

コクがありほどよい甘みとほのかな酸味。
舌に広がる心地よい炭酸の刺激とほんのりビターな余韻、さらに喉を抜ける時に炭酸の刺激が引き立ち後味スッキリな味わい。

すっきり爽やかな口当たりがアルコールを感じさせず、のど越し感がクセになるので、あまりの美味しさに飲みすぎないよう注意だ。

最後に

山口県下関にある長州酒造の春季限定のお酒『天美 純米吟醸 うすにごり生原酒(桃天)』飲んでみた。

こだわりにより生まれたお酒は、米の豊かな香りと甘みが存分に引き出された逸品。
微炭酸の刺激心地よく、フルーティーな香りと甘い味わいがコク深く、酸味とビターな余韻が後を引く。

数日おくことで炭酸が抜けてまた一味違った味わいになるというので、その変化も楽しみの一つ。

長州酒造の『天美 純米吟醸 うすにごり生原酒(桃天)』、日本酒が苦手な人も好きになるような1本だった。

2022/4/13

水曜キラスタ「さいもぐタイム」最終回。宮城県石巻市 浅炊きさんま×墨廼江

FMラジオ放送局NACK5で毎週月~木18時から放送中のキラスタ。 水曜キラスタの定番コーナー「さいもぐタイム」が、2022年3月30日の放送で最終回を迎えた。 斉藤百香さんが「今夜のおつまみ」を提案するコーナー、その最終回に紹介された『宮城県石巻市 浅炊きさんま』。 スッキリ辛口な石巻の日本酒がオススメという。 今回はそんな『宮城県石巻市 浅炊きさんま』に石巻の日本酒『墨廼江』を合わせてみた。 目次(タップできる)水曜キラスタ「さいもぐタイム」最終回山徳平塚水産『宮城県石巻市 浅炊きさんま』墨廼江酒造「 ...

ReadMore

2022/3/18

スパークリングもも酒【ちびもも】。フリーアナウンサー斉藤百香さん監修の福島愛あふれるお酒

フリーアナウンサー斉藤百香さん監修のスパークリングもも酒【ちびもも】。 NACK5の「キラスタ」や「ももラジ」でおなじみの斉藤百香さんが、福島市の金水晶酒造店とともにイチから開発したお酒。 原材料を福島県産にこだわった、福島の魅力詰め込んだ一本。 今回はそんな『ちびもも』飲んでみた。 目次(タップできる)スパークリングもも酒【ちびもも】濃厚な桃の風味と微発泡が飲みやすい最後に スパークリングもも酒【ちびもも】 今回手に入れたのは、フリーアナウンサー斉藤百香さんが金水晶酒造店とともに共同開発したお酒【ちびも ...

ReadMore

2022/3/15

【天鷹酒造】2009年醸造 タンクNo.25。WEB限定101本の希少なる13年熟成の味わい

天鷹酒造よりWEB限定にて101本のみの数量限定発売された2009年醸造 タンクNo.25。 古酒の研究開発目的で貯蔵されていたお酒が今回特別に販売された。 なんと醸されたのは2009年、実に13年の歳月ものあいだ熟成された一品だ。 今回はそんな『2009年醸造 タンクNo.25』をの飲んでみよう。 目次(タップできる)2009年醸造 タンクNo.25「とちぎのお酒」乾杯キャンペーンとは 2009年醸造 タンクNo.25 今回手に入れたのは天鷹酒造の『2009年醸造 タンクNo.25』。 詳細 2009年 ...

ReadMore

2022/2/20

【山口県下関】 長州酒造『天美 純米吟醸 うすにごり生原酒(桃天)』。女性杜氏藤岡さんの挑む今話題の美酒

山口県下関市にある長州酒造こだわりの酒『天美』シリーズの春季限定『天美 純米吟醸 うすにごり生原酒(桃天)』。 異業種より高い志と固い信念を持ち新規参入した長州酒造にて、女性杜氏藤岡美樹さんが手掛ける話題の美酒。 通称「桃天」の名で親しまれる、ピンクのラベルに、ダイヤの原石のごとく磨かれ宝石に生まれ変わったお米を彷彿させるデザインが特徴的。 今回はそんな『天美 純米吟醸 うすにごり生原酒(桃天)』飲んでみた。 目次(タップできる)長州酒造人気美酒「天美 TENBI」天美 純米吟醸 うすにごり生原酒(桃天) ...

ReadMore

2022/1/29

天鷹酒造『【九尾】特別純米しぼりたて槽搾り無濾過生原酒』。変化自在な旨し酒

天鷹酒造の『【九尾】特別純米しぼりたて槽搾り無濾過生原酒』。 栃木県那須の霊獣「九尾」をモチーフにしたお酒は、まさに九尾の狐のような「変幻自在」をコンセプトにし、毎回使用米や酵母、精米歩合を変えることで新し出会いのある一品。 今回飲むのは2020年に初登場した、自社栽培米あさひの夢100%を使用した特別仕様。 実は当時飲んで記事にするのを忘れていたというのは秘密だ。 お酒は20歳になってから! 目次(タップできる)天鷹酒造『【九尾】特別純米しぼりたて槽搾り無濾過生原酒』飲んでみた最後に 天鷹酒造『【九尾】 ...

ReadMore

2022/1/13

【栃木小山】808ブルワリー。醸造所で毎週土曜開催の量り売り、一般販売されないフレーバーも

栃木県小山市産の県南初のクラフトビールの醸造所として話題の808ブルワリーが毎週土曜に量り売り販売を開催中だ。 グラウラーを持参し、好みのビールをその場で充填してもらい自宅に持ち帰って味わう。 家飲みが増えている今の時代に最適なサービスといえるだろう。 醸造所で量り売りの醍醐味といったら、やはり缶や瓶では味わえないフレッシュさを味わえることにある。 買ったその日のうちに味わう、その味は格別だ。 そんなクラフトビール好きにはたまらない量り売りが、808ブルワリーでも行われているというので行ってみた。 お酒は ...

ReadMore

2021/11/24

栃木県岩舟町の酒蔵 相良酒造。創業190年を記念した復刻銘柄「東照(とうしょう)」

栃木県岩舟町にある酒蔵、相良酒造より創業190年を記念した復刻銘柄『東照(とうしょう)』が2021年3月に発売開始された。 「春の陽だまり」をコンセプトとする、心安らぐ味わいを追求する一品。 春にしか出荷されない季節限定のお酒。 今回はそんな『東照(とうしょう)』を飲んでみた。 ※撮影忘れてすでに少し飲んでしまったけど 目次(タップできる)相良酒造酒蔵詳細東照(とうしょう)最後に 相良酒造 相良酒造は、栃木県栃木市岩舟町静にある酒蔵。 『朝日榮』と『三毳山』『東照』の3銘柄をメインに扱う。 全国的には『朝 ...

ReadMore

2021/10/15

律之助物語第3弾「麦笛」。栃木市が生んだセゾン系クラフトビール

栃木市が生んだクラフトビール、律之助物語の第3弾となる「麦笛(むぎぶえ)」が2021年10月10日のイベントにて初お目見えした。 2019年の第一弾「麦秋」、第二弾「麦処」の発売から丁度2年の歳月が過ぎ、ついに念願の最新作が装いも新たに登場。 今回はセゾンスタイルのライトな仕上がりになっているという。 果たしてどんな味なのか? さっそく手に入れたので飲んでみようじゃないか。 目次(タップできる)律之助物語第3弾「麦笛(むぎぶえ)」すっきりとしたのど越し最後に 律之助物語第3弾「麦笛(むぎぶえ)」 2021 ...

ReadMore

2021/10/15

【栃木市】麦処とちぎ&栃木市の魅力発信ナビ。栃木市にゆかりのある方々による熱いトークセッション

2021年10月10日(日)、栃木市観光交流館 蔵なびにてイベント『麦処とちぎ&栃木市の魅力発信ナビ』が開催された。 栃木市生まれのクラフトビール律之助物語第3弾「麦笛(むぎぶえ)」の発売を記念し、栃木市にゆかりのある方々が一堂に会し、「栃木市の新たな魅力」について熱く語りあうトークイベント。 今回はそんな『麦処とちぎ&栃木市の魅力発信ナビ』に行ってみた。 目次(タップできる)麦処とちぎ&栃木市の魅力発信ナビイベント詳細栃木市にゆかりのある方々が集結律之助物語第3弾「麦笛(むぎぶえ ...

ReadMore

2021/8/8

鳳凰美田 熟成秘蔵梅原酒。その味は熟成した梅の実そのまま!?小林酒造の完売必至の人気限定品

鳳凰美田の限定品『鳳凰美田 熟成秘蔵梅原酒』。 全国的に人気の鳳凰美田だが、リキュール系もそのままの果実感が味わえると人気だ。 なかでも『熟成秘蔵梅』は栃木県産高級梅「宮ノ梅」を鳳凰美田の吟醸酒で漬け込んだ、梅の風味を存分に味わうことのできる一品。 その原酒となるのが『鳳凰美田 熟成秘蔵梅原酒』。 なんと梅酒を仕込んださいに漬け込まれた梅の実からしたたる雫たけを集めたという究極の梅酒。 今回はそんな『鳳凰美田 熟成秘蔵梅原酒』を味わってみた。 お酒は20歳になってから!! 目次(タップできる)小林酒造鳳凰 ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-お酒, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.