定食屋・食堂 居酒屋・ダイニングバー 食レポ

【栃木宇都宮】梅酒の店ぱかぱか。50種類以上の梅酒と平田牧場三元豚の味わえるお店

栃木県宇都宮市にある「梅酒の店ぱかぱか」。
50種類以上の梅酒と平田牧場の三元豚を扱うお店。

昼には三元豚を使った料理でランチ、夜には三元豚をはじめとした美味しい料理をつまみに全国のこだわりの梅酒を味わえる。
県内アーティストの奏でる音楽流れる居心地の良い店内は、思わず時間を忘れてのんびり過ごしてしまいそうになる。

今回はそんな「梅酒の店ぱかぱか」にランチに行ってみた。



梅酒の店ぱかぱか

今回訪問したのは、栃木県宇都宮市江野町、東武宇都宮百貨店前の馬車道通り沿いある「梅酒の店ぱかぱか」。

時計屋の二階にて営業するこのお店、1998年10月14日にオープンしたおよそ24年の歴史あるお店。
その名の通り、50種類を超える梅酒と平田牧場三元豚を使用した料理が味わえる。

昼には三元豚を使用したとんかつやステーキなどのランチ、夜には三元豚をはじめとした美味しい料理をつまみに店主厳選の全国の絶品梅酒から変わり種の梅酒などを味わうことができる。
ちなみにお店の2大看板のひとつ平田牧場の三元豚は、日本一と称される高級ブランド豚。

店主であるtomoki氏は石川県出身、競馬ファンであったこともあり馬をコンセプトにした店づくりからスタートしたとという。
オープン当時は宇都宮競馬場も近くにあったことから、競馬に関係する人たちもお店に訪れたという。

YouTubeの配信も行うなど精力的に活動しており、ぱかぱかチャンネルでは栃木県内で何かの活動を真剣に行っている人達を招いて話を伺う「ともジンのBAR~栃木愉怪人~」は人気企画のひとつ。

アットホームな雰囲気が非常に居心地よく、栃木県内アーティストの奏でる音楽を聴きながら、絶品梅酒に美味しい料理を味わえるお店。

アクセス

アクセス詳細

住所 栃木県宇都宮市江野町5-10

車 東北道宇都宮インターより9.63km(23分)
電車 東武宇都宮線東武宇都宮駅より150m

駐車場 なし(近隣有料駐車場あり)

店内

お店は時計屋脇の階段を二階に上がった先にある。

招き猫にお迎えされ、扉を開けて店内へ。

栃木県内アーティストの音楽流れる店内。

左手に厨房があり、その前にはカッコいいバーカウンターがある。
もろちん棚に並ぶのは梅酒。

コロナ禍というのもあってか現在は客席としては使用されていないようだ。

板張りの壁と大谷石の壁が特徴的。

窓からは馬車道通りが望める。

客席は4人掛けのテーブル席が2卓、3人掛けが1卓、2人掛け2卓といった感じだっただろうか。

梅酒の店ぱかぱかのメニュー

気になる梅酒の店ぱかぱかのメニューはこんな感じ。
※2022年1月29日時点(酒類の提供は中止中)

メニュー

ランチメニュー

梅酒

テイクアウト



梅酒の店ぱかぱか行ってみた

訪問したのは1月29日11時半過ぎ。
コロナ禍だからこそ、感染対策万全なお店で食べて応援!!というやつである。

厚切りロースカツ

今年初の肉の日。
その記念すべき日は梅酒の店ぱかぱかのヒラボク三元豚のとんかつ。

今回チョイスしたのは『厚切りロースカツ』。

ほんのりピンク色したとんかつ、ある意味萌え断?
厚切りのロースカツでありながら、この色味は火加減にこだわり、素材の旨さを感じられるように丁寧に手間暇かけて揚げた証拠である。
もう旨い想像しかできない。

断面からは透明度のある肉汁があふれだす。

千切りキャベツにカイワレ、マヨネーズにソース、塩とからしが添えらている。

まずは何もつけずに食べてみよう。

サクサクと軽い口当たりとパン粉のいい香りが広がる衣に、厚切りでも柔らかく、かつ心地よい噛み応え感にあふれ出す甘みのある脂の旨味。
脂身は口に含むと溶けるようなこの融点の低さはなんだ。

まったく嫌なクセもなく、脂も重く感じない。
濃厚な旨味が後を引くヤバいとんかつだ。

続いて塩をつけて食べてみよう。

塩を付けると甘みが引き立ちこれまた抜群に旨い。
からしをアクセントに添えてもいい。

ちょっとソースも味わってみた。

もちろん美味いことには間違いないが、やはりこれは邪道。
この肉にソースは不要、是非塩で味わいたい。

ソースはキャベツにでもぶっかけて食べとけば間違いない。

ちょっと油断していたけど、キンキンに冷えたキャベツの千切りが箸休めにいい仕事してくれる。

豚バラと大根の味噌汁は、ダシの旨さと大根の甘みが滲みる。

これは近くにあったら定期的に食べに行きたいお店だ。
ヒラボク三元豚のロースカツ旨し。

最後に

栃木県宇都宮市にある梅酒の店ぱかぱかにランチに行ってみた。
コロナ禍だからこそ、感染対策万全なお店で食べて応援!!というやつである。

梅酒とヒラボク三元豚の2大看板を売りとするお店だけあり、しっかり手間暇かけて揚げたとんかつはきれいなピンク色。
素材の旨さをしっかり引き出された一品は、ちょっとしたとんかつ屋じゃないと味わえない旨さ。

居心地の良い店内で、美味しいつまみを味わいながら飲む梅酒は格別だろう。
いつか機会があったら夜にも訪問したいものだ。

ぱかぱか店長tomokiさん、コーヒーあざっす。
そして美味しいとんかつごちそうさまでした。

・まん延防止等措置により酒類の提供を中止し、昼夜ともにランチメニユーでの営業中
・同時刻3組(1組3名まで)までの制限あり
・営業時間~20時まで
※1月27日~2月20日期間中のみ(2022年1月29日時点)

お店詳細

梅酒の店ぱかぱか
住所 栃木県宇都宮市江野町5-10
TEL 028-636-9809
営業時間 11:30~14:00(LO13:40)
     17:30~23:00(LO22:30)
定休日 月曜

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-定食屋・食堂, 居酒屋・ダイニングバー, 食レポ
-, , , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.