料理してみた 料理レシピ 食レポ

究極で至高に旨いポテトサラダ。無限に食べられる食べすぎ注意なポテサラ

究極で至高な罪深きヤミツキになるポテトサラダを作ってみた。

ポテトサラダの奥深さを知ってしまい、なんだかやる気スイッチが入ってしまってまたポテトサラダを作ってしまった。
マヨネーズたっぷりにクリーミーな食感、濃厚なコクと旨味が後を引くポテサラ。

これを食べたらもう他のポテサラなんて食えない。
かどうかはしらんけど、さっそく作ってみた。



究極で至高に旨いヤミツキポテトサラダ

罪深い一品を作ってしまった。
究極で至高に旨いヤミツキ感がハンパないポテトサラダ。

その材料はこんな感じ。

材料

・じゃかいも 中3個
・玉ねぎ 1/2個
・キュウリ 1/3本
・ベーコン 70g
・ニンニク 2欠
・オリーブオイル 小さじ1
・粒マスタード 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・クリームチーズ 50g
・塩 小さじ1/2
・黒コショウ 小さじ1
・マヨネーズ 大さじ7

仕上げ用
・卵黄 1個
・粉チーズ 適量
・黒コショウ 適量

さっそく作ってみよう。

ポイント

  1. じゃがいもを適当にカット、ニンニクをみじん切り、タマネギを薄切りし半分にカット
  2. 1を耐熱容器に入れて500Wで11分
  3. ベーコンを細かくカットしてオリーブオイルでこんがり炒める
  4. きゅうりを薄切りして塩を振って揉んだら5分ほど放置、キッチンペーパーで水分を切る
  5. 2を混ぜ合わせ人肌になるまで放置
  6. 粗熱がとれたらきゅうりを加えて混ぜ合わせる
  7. 調味料を混ぜ合わせる
  8. 皿に盛り付け、溶いた卵黄をかけ、その上に粉チーズ、黒コショウをかけたら完成

まずは玉ねぎを細かくカットし長さを半分にカット、ニンニクはみじん切り、じゃがいもは適当なサイズにカット。
ニンニク、タマネギ、じゃがいもの順に入れ水を大さじ2加えたら蓋をして500W11分レンチン。

きゅうりを薄切りし、塩ひとつまみ加えて塩揉みして5分ほど放置。
水分を出して雑味をとる。

水分が出たらキッチンペーパーで水分を切っておく。

次にベーコンを細かくカットして、鍋にオリーブオイル小さじ1をくわえてこんがりするまで炒める。

ここでベーコンに塩コショウや醤油などで濃いめに風味をつけておくのもアリだ。

レンチンしたものを混ぜながら潰しておき、そこにベーコンを油ごと投入してしっかり混ぜ合わせておく。

このまま人肌程度の温度になるまで放置。
熱いうちにマヨネーズを入れると 油が分離してしまうので必ずこの工程を経てから次の工程へ。

粗熱が取れたらきゅうりを入れて混ぜ合わせる。

次に粒マスタード→クリームチーズ→砂糖→塩、黒コショウの順に加えながらその都度混ぜていく。
最後にマヨネーズを加えてしっかり混ぜ合わせる。

完成したのがこれ。
ここで好みの塩加減に調整してくといい。

皿に盛り付け、溶いた卵黄をかけ、粉チーズをふり黒コショウをかけたら完成。

ペコリーノチーズとかを使うなら塩加減は表記のままがおすすめ。



ヤミツキになる無限に食えるポテサラ

※卵白はもったいないので浮雲スープにした。

まずは浮雲スープからひとくち。

コンソメの風味とふわふわな卵白が絶妙に旨い。
これも後を引く。

さっそくポテサラをいってみよう。

クリーミーでなめらかな舌触り。
濃厚でコクのあるクリームチーズに卵黄でダメ押し、マスタードの辛味のアクセントもたまらない。
シャキシャキの野菜の食感、ベーコンの旨味にニンニクの風味か後を引く。

ポテトに黒コショウという鉄板の組みあわせが旨くないわけがない。

味変で無限大の味わい方

ここで味変にラー油を加えてみよう。

ラー油の芳ばしさにピリッとした辛みが味に深みをもたらし、ヤミツキ感が3倍マシ。
タバスコや花椒などお好みの味変を是非試してほしい。

最後に

究極で至高に旨いヤミツキになるポテトサラダを作ってみた。

濃厚クリーミーでコク旨でクセになるこの味わい。
大量に作ったのに気づいたら半分も食べていた、という罪深きポテサラだ。

味変推奨で、カスタマイズ次第ではとんでもない一品に化ける可能性がある。
もし挑戦する時には是非アレンジにも挑戦してほしい。

2022/6/19

飲む、コ酢メ。アレンジ自在!美味しいお酢を毎日の食生活の一部に【PR】

どこの家庭にでもある定番調味料「お酢」。 毎日飲むことで健康効果が期待できるとブームになり、今やさまざまなお酢が販売されている。 わかってはいるけど、どうもあの独特のクセある後味に長続きがしない。 飲んでも美味しくて、しかもついでに無添加で毎日続けても安心安全なお酢はないものか。 そんな条件を満たしてくれるお酢が存在した。 それが今回紹介するMicoas(ミコアス)の『飲む、コ酢メ』。 この記事はMicoas様より商品を提供いただきレビューしています。 無添加 飲料 飲むお酢 【飲む、コ酢メ。】 厳選され ...

ReadMore

2022/6/12

【日清】ラーメン有名店コラボ鍋つゆ。千里眼監修 濃厚にんにく豚骨醤油

日清より発売中の「ラーメン有名店コラボ麺つゆ」シリーズの『千里眼監修 濃厚にんにく豚骨醤油』が旨すぎた。 あの有名店、東京目黒区にある人気G系ラーメン店の千里眼が鍋つゆになった。 まさにG系のようなニンニクや脂の旨味をきかせたガッツリな鍋、これが想像以上のヤミツキ感に野菜が無限に食べられそうでヤバイ。 〆に麺なんていれようものなら、それはもう完全にG系ラーメンのそれだ。 今回はそんな『ラーメン有名店コラボ鍋つゆ 千里眼監修 濃厚にんにく豚骨醤油』で鍋を〆まで食べてみた。 目次(タップできる)ラーメン有名店 ...

ReadMore

2022/5/28

背徳感と罪悪感の塊『チャーシュー唐揚げ』。ザクザク衣とジューシーな肉の旨味がヤバイ!!

背徳感と罪悪感の塊『チャーシュー唐揚げ』。 みんな大好き唐揚げとチャーシュー、それぞれが肉の旨味を引き出す定番にして至高の料理だ。 とある偉人が考えた、唐揚げとチャーシュー、そのどちらも旨いなら、チャーシューを唐揚げにしたらもっと旨いんじゃないか? 人間の食に対する探究心は時に革命的な料理を生み出す。 そんな革命的な料理こそ『チャーシュー唐揚げ』に他ならない。 目次(タップできる)チャーシュー唐揚げ最後に チャーシュー唐揚げ チャーシュー唐揚げ、それはチャーシューに唐揚げ粉をつけて揚げるというシンブルなも ...

ReadMore

2022/4/26

さいももさんの「ガリ丼」。寿司屋バイト時代にまかないで好きだったという謎の丼再現してみた

斉藤百香さんが寿司屋バイト時代にあまりに好きすぎて、まかないでいつも食べていたという『ガリ丼』。 スーパーで岩下の新生姜を物色していた時に、ふと前にNACK5のラジオ番組内で、話していたのを思い出して無性に食べてみたくなった。 インターネッツの大海原を世界の果てを目指して漕ぎだすも、まったくその片鱗すらのぞくこと叶わなかった伝説の丼もの。 そこは知恵と創意工夫でなんとかなる。 つまるところ想像で作ってみた。 目次(タップできる)さいももさんの愛すべきガリ丼材料作り方食べてみた最後に さいももさんの愛すべき ...

ReadMore

2022/4/10

アボカドソースのステーキライス。ソースが旨くて肉が無限に食える!!

アボカドソースのステーキライス作ってみた。 料理家の河瀬璃菜さん(@Linasuke0508)がテキトーランチと題してSNSにアップした一品。 これがアボカドソースが旨過ぎて、ステーキが無限に食えるんじゃないかと思うほどの抜群の相性だった。 目次(タップできる)アボカドソースのステーキライス作り方アボカドソースが旨くて肉無限に食える最後に アボカドソースのステーキライス 今回作るのは、料理家の河瀬璃菜さん(@Linasuke0508)がテキトーランチと題してSNSにアップしたアボカドソースのステーキライス ...

ReadMore

2022/3/23

白菜が無限に食える!!とろとろ白菜のゴルゴンゾーラソース

白菜が無限に食える!!「とろとろ白菜のゴルゴンゾーラソース」。 料理家の河瀬璃菜さん(@Linasuke0508)が大好きなお店で食べた料理を再現したという一品だ。 ツイートを観てあまりにうまそげだったので、さっそく作ってみた。 これが無限白菜と言ってもいいくらいに白菜が旨くてヤバかった。 目次(タップできる)とろとろ白菜のゴルゴンゾーラソースレシピ作り方白菜が無限に食える!!〆はリゾット風に最後に とろとろ白菜のゴルゴンゾーラソース 今回作るのは、料理家の河瀬璃菜さん(@Linasuke0508)がツイ ...

ReadMore

2022/3/21

岩下の新生姜まぜ飯おむすび。簡単混ぜるだけでヤミツキになる旨さ

セブンイレブンで2週間限定で特定店舗のみで試験販売された『岩下の新生姜混ぜ飯おむすび』。 県内20店舗近くを巡ったが残念ながらゲットすることができなかった、今となっては伝説(今後商品化するかは不明)の商品。 岩下の新生姜好きとしてはその味是非とも味わってみたい。 ということでセブンイレブンで手に入る材料縛りで作ってみた。 目次(タップできる)岩下の新生姜混ぜ飯おむすびレシピ作り方新生姜の風味に茎わかめの食感がクセになる最後に 岩下の新生姜混ぜ飯おむすび 岩下の新生姜混ぜ飯おむすびは、3月上旬に2週間限定で ...

ReadMore

2022/3/21

【栃木小山】一品香城東店『魅惑の肉脂』。アレンジ無限大の至高のお土産&店内トッピング

栃木県小山市の至宝「一品香城東店」でとんでもないお土産メニューが誕生した。 その名は『魅惑の肉脂』。 コロナ禍の中、「月曜夜のマル秘」としてスタートした月曜夜のお土産販売営業。 お土産営業だけの丼もの販売として2021年年末に終了したシリーズだが、2022年2月に装いも新たに『新月曜夜のマル秘』として復活。 通常営業下でも提供できるものとして誕生したのが、一品香城東店しんぺー氏発案の特製旨トロ肉脂『魅惑の肉脂』。 これが想像を超えるアレンジ無限大の至高の一品だった。 目次(タップできる)一品香城東店『魅惑 ...

ReadMore

2022/3/20

【再現料理】セブンのがっつり炙り焼きソーセージのおむすび風丼

セブンイレブンの『がっつり炙り焼きソーセージのおむすび』を知っているだろうか? 甘辛なテリヤキソーで味付けされたジューシーな肉厚ソーセージにガーリックマヨネーズ、スパイシーな黒胡椒ご飯が後を引く、人気の定番おむすびだ。 実は平日昼はほぼ毎日のようにこればっかり食べてるくらいにマイブームの一品。 あれが家で作れたら好きなだけ食べられて最高なのに。 ということで再現してみた。 目次(タップできる)セブンのがっつり炙り焼きソーセージのおむすび風丼最後に セブンのがっつり炙り焼きソーセージのおむすび風丼 『がっつ ...

ReadMore

2022/2/22

【しもつかれアレンジ】パスタ・コン・レ・シモツカレ。栃木の郷土料理をシチリア料理にアレンジしてみた

しもつかれをアレンジして『パスタ・コン・レ・サルデ』ならぬ『パスタ・コン・レ・シモツカレ』作ってみた。 栃木県の郷土料理がまさのシチリア料理にクラスチェンジ。 これが想像した以上に旨くて、しもつかれの新たな可能性を感じる一品だった。 さっそく作ってみよう。 目次(タップできる)パスタ・コン・レ・シモツカレ手順食べてみた最後に パスタ・コン・レ・シモツカレ 用意した材料はこんな感じ。 レシピ ・ブカティーニ 160g ・サフラン 0.2g ・イタリアンパセリ 1パック ・しもつかれ 1/2袋 ・オリーブオイ ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ, 食レポ
-

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.