料理してみた 料理レシピ 洋食 食レポ

背徳感とヤミツキ感が異常!『シュクメルリ』が究極に旨くてカロリー摂りすぎ注意

ニンニクたっぷりに乳製品をこれでもかと使う『シュクメルリ』が衝撃的に旨かった。

シュクメルリは伝統的なジョージアの郷土料理で、鶏肉やニンニク、牛乳をメインに使うシンプルだけどヤミツキ感が異常な「世界一にんにくを美味しく食べられる料理」。

松屋の『シュクメルリ鍋』でその存在を知ったという人も多いだろう。
松屋総選挙で1位を獲得し、2021年1月に復刻発売をした『シュクメルリ鍋定食』は日本のご飯に合うようにカスタマイズされた一品。

なんとなく作ってみたいと思っていたら「料理研究家リュウジ@ore825」氏のつくるシュクメルリが旨そうだったのでちょいアレンジして作ってみた。



シュクメルリ

ジョージアの郷土料理として有名な『シュクメルリ』。
世界一にんにくを美味しく食べられる料理として、数多くの人々をトリコにして来た究極の一品。

鶏肉とガーリックソースを使った料理が発祥で、のちにクリームや牛乳を加えられるようになりシュクメルリ村で伝統料理として食べられるようになった。

牛丼チェーンの松屋の一部店舗で2019年12月に『シュクメルリ鍋定食』が試験発売されると、Twitterを中心としたSNSで話題となり瞬く間に日本での知名度を獲得に至った。

2020年1月〜2月末まで期間限定で『シュクメルリ鍋定食』が正式に全国発売、その後開催された「松屋復刻総選挙」でみごと一位を獲得し2021年1月に復刻販売を開始した。

また昨年秋頃よりコンビニにてシュクメルリを扱ったものが発売、カップ麺化もするなど人気沸騰中だ。

シュクメルリ作ってみた

シュクメルリが無性に食べたくなったので作ってみた。
用意したのは「料理研究家リュウジ@ore825」氏の公開しているレシピをちょっとアレンジして作ってみた。

材料

・鶏もも肉 300g
・にんにく 7片
・バター 20g
・牛乳 300ml
・クリームチーズ 70g
・コリアンダー 小じ1.5
・フェネグリーク 小さじ1.5
・塩 小さじ½

仕上げ用
・黒胡椒 適量
・パン 1枚

さっそく作ってみよう。

手順

  1. 鍋にバターを溶かして鶏もも肉の表面をこんがり焼く
  2. 鶏もも肉を取り出して、にんにくとスパイスを投入
  3. 香りが立ってきたら鶏肉・残りの材料を全て投入
  4. トロミが出るまで煮込む
  5. 皿に盛り付けトーストを突き刺し黒胡椒を振ったら完成

まずは鍋にバターをたっぷり20g溶かし、鶏肉を表面に焦げ目がつくまで焼く。

一旦鶏肉を取り出したら、適当にスライスしたニンニク、パウダースパイスを投入し、風味が出るまで弱火で炒める。

香りが立ってきたら鶏肉を戻し、牛乳、クリームチーズ、塩を加えてトロミが出るまで中火で煮込む。

皿に盛り付けたら、トーストしたパンを四方に配し、最後に黒胡椒を振れば完成。

黒コショウかけ忘れるほどのニンニクの刺激。
※単純に忘れただけ



パンが無限に食えるヤバいやつ

ニンニクの強烈かつ芳醇な香りが鼻腔を刺激する。

さっそくひとくち。

クリーミーで濃厚なコクと鶏肉の旨み、そしてニンニクのガツンとくるジャンクな刺激がクセになる。
スパイスの芳醇な香りにほんのりビター感に深みが増す。

ニンニクは大ぶりにカットしておいて正解だった。
ホクホクとした食感に甘みを感じるニンニクの旨さ全開。

鶏肉も柔らかジューシーで旨くて、ニンニクと一緒に食うと最強に旨い。

そしてこのトーストだ。
この旨さは異常。

まるでチーズフォンデュに突っ込んだような濃厚さ加減。
トーストの香ばしさとサクサク食感がヤミツキ感を爆増し。

これはヤバい、トースト無限に食べられる。

そして黒コショウをかけていないのを思い出す。

黒コショウがすべてのピースをまとめ上げ、一体感のある味わいに変化する。
ピリッした刺激とスパイス感が後を引く。
お好みでたっぷりかけてもいいだろう。

ご飯もいける

試しにご飯も食べてみよう。

これも旨い。
シチューライスを普段から食べる人ならこの旨さに衝撃を受けることだろう。

最後に

噂のシュクメルリを作ってみた。
濃厚なコク旨感にニンニクの刺激的な味わいはヤミツキになる。

トーストしたパンとの相性は異常。
シュクメルリにトースト刺すの正解!
ワインにもめちゃくちゃ合うのでつまみにもいい。

ご飯と食べるなら、塩気をもうちょっと強めるといいかもしれない。
まぁ個人的にはトースト一択だけど。

シュクメルリ、一生に一度は食べて欲しい一品。

2022/1/14

栃尾名物の栃尾油揚げでつくる『麻婆油揚』。ご飯が無限に食える罪作りな一品

新潟栃尾名物の「栃尾揚げ」を使って『麻婆油揚』作ってみた。 栃尾揚げを知っているだろうか? 新潟県長岡市(旧栃尾市)は豊富な湧水に恵まれ、日本酒や油揚げが名物のひとつであり、その独特な厚みのある油揚げは『栃尾揚げ』の名で親しまれている。 今回はそんな栃尾揚げを使った麻婆豆腐ならぬ麻婆油揚を作ってみた。 これが想像を超えるほどのご飯がススム一品に仕上がってしまった。 目次(タップできる)栃尾揚げの麻婆油揚作り方ご飯が無限に食える麻婆油揚最後に 栃尾揚げの麻婆油揚 栃尾揚げを使った麻婆油揚げ、用意した材料はこ ...

ReadMore

2022/1/10

しもつかれラヴァー究極の一品『しもつかれぶっかけ飯』。キンキンに冷えたしもつかれをホカホカご飯にぶっかける最強メシ

栃木県の郷土料理しもつかれ。 出来立てアツアツを味わうのも栃木県民の特権としてなかなか格別なものがある。 地域によってはしもつかれを再加熱することなく土間などに保存、表面が凍るほどにキンキンに冷えたものをホカホカなご飯に乗せて食べるのが最高であるとも言われている。 鎌倉時代前期に書かれた日本の説物語集「宇治捨遺物語」にも記述があるとされ、紀元前より下野国と呼ばれていた現栃木県の地域で生まれたカレー、下野国のカレーだから「しもつかれ」となったという説があるくらいだから、ご飯に合うのもうなずけ・・・ねーよ。 ...

ReadMore

2022/1/10

月見エビ天ちから蕎麦。中沢製麺の『破天荒生蕎麦』で破天荒な一杯作ってみた

年末恒例の中沢製麺の年越し蕎麦。 今年も例年のごとく、年末に食べきれないほど買ってしまった。 ※後悔は一切していない、むしろ嬉しいくらいだ 中でも毎回購入するのが定番商品『破天荒生蕎麦』。 これが田舎風の蕎麦で、打ち粉に蕎麦粉を使っているので濃厚な蕎麦の風味があり、豪快な食べ応え感がたまらない。 そしてそば湯まで飲めるという蕎麦を存分に堪能できる一品。 せっかくの正月、豪勢な一杯を食べたい。 ということで、今回は破天荒生蕎麦にきそばのつゆ、トッピングに海老天、餅、卵黄、たっぷりのミツバという豪華仕様の一杯 ...

ReadMore

2022/1/9

年末お土産チャーシューでハイマウントインスパイアまぜそば作ってみた

ハイマウントの年末お土産チャーシューでハイマウントインスパイアまぜそば作ってみた。 あのヤミツキになる旨しまぜそば。 せっかく神豚とハイマウント特製麺があることだし作れないものか。 味は無理でもせめてそれっぽく作れないものだろうか。 やってみた。 目次(タップできる)ハイマウントインスパイアまぜそば作り方実食最後に ハイマウントインスパイアまぜそば さて、今回挑戦するのはハイマウントのまぜそばをインスパイアしたまぜそば。 用意した材料はこんな感じ。 ※まぜそば大仕様 レシピ ・ハイマウント特製麺 2玉 ト ...

ReadMore

2022/1/10

栃木が誇る栄養満点スーパーフード『しもつかれ』。ヤミツキ注意な激ウマしもつかれ

今年も栃木県民には恒例の『しもつかれ』のシーズンがやってくる。 2月の初午の日(2022年は2月10日)に作られる、栃木県が誇る郷土料理のひとつだ。 7軒の家のしもつかれを食べると病気にならないと言い伝えられるほどで、実際にしもつかれは栄養満点なスーパーフードでもある。 各家庭によってお決まりの作り方があり、基本的なレシピは同じだけどそれぞれ違った味に仕上がる。 つまり自分だけのしもつかれレシピがあってもいいのだ。 今回はそんな自分好みのしもつかれを作ってみた。 目次(タップできる)嫌なクセゼロのヤミツキ ...

ReadMore

2022/1/6

ただ焼いただけなのにこの旨さ!?ハイマウントの年末お土産チャーシューで作る焼きラーメン

ハイマウントの年末限定「お土産チャーシュー」で焼きラーメン作ってみた。 予約をしないと手に入らない数量限定スペシャル仕様で販売されたお土産チャーシュー。 麺処TANAKAの特注特大バラ肉に、一品香城東店でおなじみ丸麺侍秘伝のタレを使用、さらに浅草開花楼のハイマウント特製麺が5玉も付いてくる超絶スペシャル限定なセット。 お店で焼きそばのように食べるといいという情報をゲットしたので、さっそく焼きラーメンを作ってみたらこれがアホみたいに旨かった。 目次(タップできる)ハイマウントのお土産チャーシューセットで作る ...

ReadMore

2022/1/2

【栃木市】徳田商店。地元の老舗豆屋で買った丹波黒豆ともち米で「黒豆おこわ」作ってみた

栃木県栃木市にある豆屋「徳田商店」に行ってみた。 創業昭和29年の老舗雑穀店さながら昔ながらの年季感じるお店が、2021年9月に蔵の街に訪れた観光客も気軽に入りやすいお店にリニューアルオープンした。 販売するのは豆やお米などの雑穀を中心に、業者だけでなく小売りも行っている。 今回はそんな徳田商店で、丹波黒豆ともち米を手に入れたので「もちもち黒豆おこわ」作ってみた。 目次(タップできる)徳田商店アクセス店内徳田商店行ってみた黒豆おこわ作ってみた最後に 徳田商店 今回訪問したのは、栃木県栃木市湊町にある豆屋「 ...

ReadMore

2021/12/26

寒い季節にはおでんに限る!!トマトコンソメスープおでんが旨過ぎてつゆまで完飲したくなる

おでんの美味しい季節になってきた。 ダシのきいたつゆを吸ったアツアツおでんを頬張りながら飲む一杯は格別。 そのままでも美味しいけど、たまには違った味わいのおでんも食べてみたい。 そんなわけで今回はトマトとコンソメの旨味みきかせた洋風おでんに挑戦だ。 目次(タップできる)トマトコンソメスープおでん作り方思わず煮汁まで完飲したくなる旨さ最後に トマトコンソメスープおでん 作り方は特にこれといって難しいことは何もない。 用意するのはたったこれだけ。 レシピ ・スーパーのおでんセット 1パック ・トマトペースト  ...

ReadMore

2021/11/26

スーパーのしらす干しでしらす丼作ったら旨くて連食してしまった件

スーパーのしらす干しでしらす丼作ったらあまりに旨過ぎて連食してしまった。 窯揚げしらす丼とか生しらす丼って現地に行かないと食べられない絶品グルメのひとつだけど、あそこまで美味しくなくいいからなんとか食べられないものか。 そんなことを思いながら仕事帰りに行きつけのスーパー「ヤオハン城内店」に立ち寄ると、これがまたタイムリーな商品が普通に売られていた。 それはもう即買いするよね。 これが想像以上に美味しくて、朝晩と連食してしまった。 目次(タップできる)しらす干しでつくるしらす丼ヤミツキ注意なヘビロテ朝食最後 ...

ReadMore

2021/11/23

日光市足尾在来の伝統野菜「唐風呂大根」。大根の天ぷらが旨くて色々捗る

栃木県日光市足尾の唐風呂地区、ここでは固有在来種の「唐風呂大根」が栽培されている。 他の大根と交配するとなく、風土に根差した独自の進化を遂げた野菜。 一時期、農家の高齢化により絶滅の危機があったが、地域おこし協力隊員の手により絶滅から脱した奇跡の野菜のひとつである。 皮が赤く色ずく特有の性質を持つ大根で、汁気少なくパリパリと歯切れのよい食感が特徴的。 その特徴から煮物や栃木県の郷土料理「しもつかれ」との相性も抜群だという。 今回はそんな「唐風呂大根」が天ぷらにしても美味しいという情報を得たので、さっそく作 ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-料理してみた, 料理レシピ, 洋食, 食レポ
-,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.