料理してみた 料理レシピ 食レポ

冷製パスタ『冷やしナポリタン』。一生に一度は食べたいこの夏必食の一杯

最高に美味い冷製パスタ『冷やしナポリタン』作ってみた。

SNSで数々の「バズレシピ」を生み出してきた、料理のお兄さんことリュウジさん(@ore825)。
一生に一度は食べてほしいと絶賛していた、冷製パスタ『冷やしナポリタン』。
これが鍋一つで簡単に作れるというから驚ぎた。

そんなこの夏に食べたい一品『冷やしナポリタン』実際に作ってみた。



冷製パスタ 冷しナポリタン

料理のお兄さんこと、バズレシピのリュウジさんがSNSで最高に美味い、一生に一度は食べてほしいと絶賛していた。
これまでうましメシを公開し続けてきた人に一度は食べてほしいと言わせるほどの味とはどんなものなのか?

ちょっとアレンジを加えつつチャレンジしてみた。

用意した材料はこんな感じ。

材料(1食分)

・パスタ 100g
・にんじん 1/4本
・玉ねぎ 1/4個
・ピーマン 1個
・ベーコン 50g
・ナポリタンソース 1人前
・黒胡椒 小さじ1/2
・粉チーズ 適量
・乾燥パセリ 適量

本来はパスタは1.4mmを使用、ソースはケチャップやソースなどを合わせたりするが、今回は先日栃木市の中沢製麺で手に入れた「国産トマトのナホポリタンソース」を使用してみた。

作り方

これがまた簡単すぎてやばい。

手順

  1. パスタを通常より1分に多めに茹でる
  2. 野菜、ベーコンを薄切りにしておく
  3. パスタの茹で上がり1分前になったら野菜やベーコンを鍋に投入して一緒に茹でる
  4. 氷水で冷やしてしっかり水気を切る
  5. ソースと黒胡椒を合わせて混ぜ合わせる
  6. 皿に盛り付け粉チーズと乾燥パセリを振りかければ完成

まずはパスタを通常より1分多めに茹でる。
その間に野菜やベーコンを薄切りカットしておく。

パスタの茹で時間が残り1分くらいになったところで、カットした野菜などを投入し火を通す。

茹で上がったら氷水で〆て、水気をしっかり切っておく。
ソースと黒胡椒を合わせてしっかり絡める。

最後に皿に盛り付けて、粉チーズとパセリをかければ完成だ。

これは間違いない。
絶対美味いやつだ。



食べてみた

 

さっそく食べてみよう。

トマトの甘味に程よい酸味がきいていて、コクがあって旨味が濃厚な味付け。
プリッとしパスタの食感が心地よい。

1分しか茹でてないけど野菜にちゃんと火が通っていつつ、シャキシャキの野菜の食感がちゃんと残っている。
粉チーズでコクが増し、パセリの風味が絶妙なアクセントになっていて美味い。

あっさりさっぱりで、これはいくらでも食べられそうだ。

最後に

料理のお兄さんの冷やしナポリタンをちょっとアレンジしてみた。

冷たいナポリタンってどうなのかなと思ったが、これが濃厚なソースの旨味に野菜のシャキシャキ感がクセになる。
しかもこれが鍋一つで作れるというこのお手軽感。

暑いと手間暇かけて料理するのダルくなってくるので、これは非常にありがたい。
この夏必食の一度は食べた冷製パスタ「冷やしナポリタン」是非一度試してみて欲しい。

2024/2/29

サルサがあればなんでもできる!?メキシカンサルサドッグ

ホットドッグ、それは縦長のパン「ドッグロール」に切れ目を入れ、ソーセージや野菜をサンドした料理の総称。 起源はドイツの『フランクフルター』とされ、フランクフルトで生まれた『フランクフルトソーセージ』をパンに挟んで食べるのが始まりとされる。 のちに1847年にドイツのコーブルグにある、食肉業者ヨハン・ゲオルク・ホヘーナーが発案したソーセージ料理であると公表される。 ※諸説あるが 19世紀、ドイツからアメリカへの移民達によってアメリカへ伝えられたのがキッカケとなり、現在アメリカを代表する料理のひとつとなった。 ...

ReadMore

2024/2/28

鉄火味噌もどき。節分豆がご飯がすすむ常備菜に

鉄火味噌を知っているだろうか? 赤味噌をベースに砂糖やみりんといった調味料や唐辛子を使用し、根菜や炒り大豆・一晩水に浸した大豆などをごま油で炒めて練り合わせた『なめ味噌』のことを言う。 富士吉田市の郷土料理が起源とされ、かつて武田信玄が戦場での食事の副食として重宝したそう。 味噌を油で炒めると、熱した鉄のような赤い色になるとから「鉄火」と名付けられた。 ペースト状やふりかけ状にしたものなどがある。 滋養があり、身体を温める働きもあることから食事療法に活用されたり、「軍隊調理法」にも掲載され戦時中は日本軍の ...

ReadMore

2024/2/27

Taco Tuesday!!火曜はタコスの日。メキシコ料理タコスが旨すぎて無限に食える!!

Taco Tuesday!! 火曜はタコスの日!! タコスといえば、メキシコを代表する料理に数えられる魅惑のグルメ。 トウモロコシの粉を使用したトルティーヤに、肉や野菜などの様々な具材やサルサを包んで食べる国民食だ。 とにかく具材が豊富で、豚肉から牛肉、羊肉にヤギ肉、白身魚などメインの具材だけでも豊富にあり、さらに使用されるサルサ(ソース)もチリベースやワカモレなどのアボカドベースなどたくさんある。 組み合わせ次第で無限のタコスが存在する。 メキシコ発祥で紀元前500年前から作られていたという。 本場メキ ...

ReadMore

2024/2/27

サルサ・ロハ。メキシコ料理に欠かせない!!トマトの酸味とピリッと辛さが後引くサルサ

サルサを知っているだろうか? メキシコ料理では欠かせないサルサ、スペイン語で「ソース」を意味する。 サルサと一口に言っても、実は具材によりたくさんの名称が存在する。 先日つくったワカモレもアボカドのサルサ。 日本では一般的にはサルサソースと呼ばれるが、直訳すると訳わからないことになる。 トマトをベースに唐辛子やスパイスを加えた『サルサ・ロハ(赤いサルサ)』が、日本人には馴染み深いサルサソース。 基本的にはカットして和えるだけなのでとても簡単。 今回はそんな『サルサ・ロハ』を作ってみた。 サルサ・ロハ 用意 ...

ReadMore

2024/2/25

【メキシコ料理】チリコンカン。ピリ辛スパイシーがたまらない。節分豆アレンジで作ってみた

チリコンカンを知っているだろうか? スペイン語では肉入りトウガラシを意味し、メキシコ北部から南部アメリカが発祥の挽肉と玉ねぎを炒め、豆やトマトにスパイスを合わせて煮込んだメキシコ料理。 19世紀半ばにメキシコより独立し、アメリカに併合されたテキサス州が本当の起源だとか、メキシコのエンセナーダが起源だとか諸説ある。 トルティーヤなどにチーズやサルサなどと一緒に挟んで食べるのが定番だ。 ちなみにアメリカではテクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)と呼ばれ、代表的な料理のひとつとされている。 今回はメキシコ ...

ReadMore

2024/2/25

節分の炒り豆アレンジ。これでアレンジの幅が増える!!大豆の水煮作ってみた

2月3日は節分の日。 食べ物を粗末にしてはいけないけれど、節分という免罪符により大手を振って食べ物を投げることができる。 日本古来よりの独特の風習のひとつだ。 限られたシーズンに販売される節分仕様の炒り豆。 シーズンが終わると需要が薄れ、大量に残る節分の炒り豆、あれの行く末はどうなっているのだろうか? 節分仕様のデザインさえなければ、通年販売も可能だが、さすがにあの仕様ではそうもいかない。 賞味期限が切れたら廃棄されるのか、はたまた動物の飼料として有効活用されるのか? SDGsが叫ばれる昨今、それってどう ...

ReadMore

2024/2/24

メキシコ料理に外せない!!ワカモレ。簡単混ぜるだけ濃厚クリーミーなアボカドソース

ワカモレを知っているだろうか? スペイン語でアボカドソースを意味し、メキシコの先住民族言葉のひとつナワトル語のAhuacatl(アボカド)+molli(ソース)を語源とする。 大航海時代の16世紀初頭にスペイン人による新大陸発見の際、すでにメキシコで食されていた伝統的な料理のひとつ。 高い栄養価もさることながら、アボカドの生産が世界一のメキシコだからこそ生まれたと言っても過言ではない。 粗く潰したアボカドにみじん切りの玉ねぎやトマト、コリアンダー、青唐辛子を混ぜ合わせ、レモン汁や塩で味付けしたのが一般的だ ...

ReadMore

2024/2/23

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁リメイク

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁を再利用したら旨すぎた 炊き込みご飯、醤油の芳ばしい香り、素材の旨味染みたご飯を具材とともに味わう。 日本が産んだ究極のご飯料理のひとつ。 古くは奈良時代に遡り(諸説あり)、当時、米不足を補うために粟や麦などの穀物や硬果類を加えて食べていた『糅めし かてめし』が始まりだとされる。 その後、食が豊かになった江戸時代中期以降には季節の具材を初めとした様々な具材を使用した炊き込みご飯が誕生。 現在も地域の特色を生かした郷土料理としての炊き込みご飯が全国に存在する ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ, 食レポ
-,