料理してみた 料理レシピ 食レポ

【再現レシピ】江戸時代のしもつかれ。大根の旨味に酢と醤油合わさるシンプルイズベストな一品

栃木県を代表する郷土料理『しもつかれ』。
鮭の頭に酒粕、大豆、鬼おろしで荒くおろした大根に人参など複数の具材を煮込んだ、独特のビジュアルと味わいの一品。
江戸時代から存在する伝統的な郷土料理だ。

文献によれば江戸時代には今と違った非常にシンプルな『しもつかれ』だったという。
株式会社アキモが、当時の『しもつかれ』を再現した商品を開発し、漬物グランプリ2022にて準グランプリを受賞するなど『しもつかれ』は今非常に注目されている。

残念ながら数量限定発売だったため、現在は購入することができない。
しもつかれ好きとしては是非ともその味あじわってみたい、ということで今回はインターネッツの情報をもとに『江戸時代のしもつかれ』を再現してみた。

それがまさかこんな結果になろうとは!!



江戸時代のしもつかれ

江戸時代のしもつかれ、いったいどんな味なのだろう?
インターネッツの情報によれば、非常にシンプルで鬼おろしでおろした大根と水煮大豆を酢で浸すだけで、そこに醤油をかけて味わったりするという。

漬物的な位置づけの料理だったのだろうか、さっそく実際に作ってみよう。

レシピ

さっそく用意した材料はこんな感じ。

レシピ

  • 大根 1/2本
  • 水煮大豆 1袋
  • 白醤油 200ml
  • 五穀酢 200ml
たいちょー
唐風呂大根を使用予定だったが、購入のため訪問した日光が降雪のため目的地まであと5kmのところで断念した

しもつかれには鬼おろしが必需品。
通常のおろし器では特徴的な食感を再現は難しい。

是非、この機会にマイ鬼おろしをゲットして、めくるめくしもつかれの世界に没入しよう。

作り方

手順

  1. 鬼おろしで大根をおろす
  2. 容器におろした大根、水煮大豆を投入し白醤油と五穀酢を合わせる
  3. 冷蔵庫で1晩寝かせたら完成

さっそく作ってみよう。
まずは鬼おろしで大根(1/2本)をおろす。

ぶっちゃけこれで工程の8割は終わったも同然。
ここに水煮大豆(1袋)、白醤油(200ml)、五穀酢(200ml)を加えてしっかり合える。

あとは保存容器に移して冷蔵庫で1晩寝かせるだけ。

ちなみにフレッシュな味をあじわいたいならそのまま味わってもいい。
1晩寝かせると、大根の風味がまろやかになり味もしみて旨さも増す。

江戸時代のしもつかれ食べてみた

1晩寝かせたのがこれ。

大根感が強かったが、一晩寝かせたことで全体的になじんでまろやかになった。

皿に盛り付けると、非常にシンプルで現代のしもつかれと相反する質素な一品。

ひとくち味わってみよう。

たいちょー
なんだこれ、シンプルなのにすごく旨いぞ

煮込んでいないので、ザクザクとした大根の食感と風味をそのまま感じられる。
あっさりとした酢の酸味まろやかで、醤油のコクと塩味がちょうどいい。

みりんを加えたかのようなとろみと甘味感じ、大根の甘味とほんのり辛味の余韻が後を引く。

しもつかれといえば酒粕、お酒のつまみに味わったら相性抜群なんじゃないか?

酒の甘味が引き立ち旨い。
辛口の酒に合わせると良いかもしれない。

これも試してみよう。
キンキンに冷えたしもつかれをご飯にのせてかっこむ。

たいちょー
むせた

汁だくぎみにかけたが、これがまた抜群にご飯に合う。
米の甘味が引き立つ。

追い白醤油もアリだ。

これはとんでもな一品に出会ってしまったのかもしれない。

最後に

江戸時代のしもつかれ作ってみた。

大根の風味食感そのままに、まろやかな酸味と白醤油のコク、旨味と甘味にほんのりビリっとした辛味の余韻が後を引く。
お酒のつまみにも、ご飯のおかずにも最適で、お酒や米の甘味を引き立てる。

非常にシンプルなのにこの旨さ、気になる人は是非一度試してほしい。

2022/12/29

【再現レシピ】江戸時代のしもつかれ。大根の旨味に酢と醤油合わさるシンプルイズベストな一品

栃木県を代表する郷土料理『しもつかれ』。 鮭の頭に酒粕、大豆、鬼おろしで荒くおろした大根に人参など複数の具材を煮込んだ、独特のビジュアルと味わいの一品。 江戸時代から存在する伝統的な郷土料理だ。 文献によれば江戸時代には今と違った非常にシンプルな『しもつかれ』だったという。 株式会社アキモが、当時の『しもつかれ』を再現した商品を開発し、漬物グランプリ2022にて準グランプリを受賞するなど『しもつかれ』は今非常に注目されている。 残念ながら数量限定発売だったため、現在は購入することができない。 しもつかれ好 ...

ReadMore

2022/11/3

台湾丼。名古屋名物グルメを万能肉味噌アレンジで作ってみた

万能肉味噌を使った台湾丼を作ってみた。 台湾丼といえば、名古屋名物の台湾ラーメン発祥の味仙にて台湾ミンチを使用した派生グルメのひとつ。 ニンニクや唐辛子をきかせた台湾ミンチ、刻んだニラやネギなどを盛り付けた丼もので、卵黄とともに豪快に混ぜ合わせて食べる絶品ご当地グルメだ。 台湾ミンチを作るのにひと手間だが、それさえ作ってしまえばあとは簡単。 今回は台湾ミンチの替わりに、万能肉味噌をアレンジして作ってみた。 目次(タップできる)台湾丼最後に 台湾丼 前回作ってストックしてあった万能肉味噌、これをアレンジすれ ...

ReadMore

2022/10/24

万能肉味噌。アレンジ無限大の万能作り置きレシピ

坦々麺に麻婆豆腐、ジャージャー麺に肉味噌うどん、茄子の肉味噌炒めなどなど、肉味噌を使う料理は和洋中問わず多種多様なものが存在する。 その都度肉味噌を作るのも意外とめんどくさい。 そのひと手間さえなければ、もっと手軽に作れるのにって思ったことは少なからずあるだろう。 そんな時に重宝するのが「万能肉味噌」。 作り置きしておくだけで、調理の手間を大幅に省くことができる万能食材だ。 今回はそんな「万能肉味噌」を作ってみた。 目次(タップできる)万能肉味噌最後に 万能肉味噌 調理の手間を省いてくれる作り置き食材、今 ...

ReadMore

2022/10/24

中沢製麺のオーション日本蕎麦。蕎麦?それとも中華麺?変幻自在の新感覚な麺

中沢製麺(なかざわ製麺)の「オーション日本蕎麦」を知っているだろうか? 蕎麦なのか?はたまた中華麺なのか? 蕎麦のような風味をかもしつつも、オーション麺特有の食感と見た目をした革新的な麺。 ざる蕎麦のように食べたり、G系ラーメンのようにして食べたりと変幻自在の新感覚なアレンジ麺だ。 今回はそんな「オーション日本蕎麦」を手に入れたので、さっそく6つのアレンジに挑戦してみた。 目次(タップできる)中沢製麺のオーション日本蕎麦オーション日本蕎麦アレンジしてみたつけ麺カレー蕎麦めんつゆ+ラー油+ニンニク背脂TKM ...

ReadMore

2022/6/19

飲む、コ酢メ。アレンジ自在!美味しいお酢を毎日の食生活の一部に【PR】

どこの家庭にでもある定番調味料「お酢」。 毎日飲むことで健康効果が期待できるとブームになり、今やさまざまなお酢が販売されている。 わかってはいるけど、どうもあの独特のクセある後味に長続きがしない。 飲んでも美味しくて、しかもついでに無添加で毎日続けても安心安全なお酢はないものか。 そんな条件を満たしてくれるお酢が存在した。 それが今回紹介するMicoas(ミコアス)の『飲む、コ酢メ』。 この記事はMicoas様より商品を提供いただきレビューしています。 無添加 飲料 飲むお酢 【飲む、コ酢メ。】 厳選され ...

ReadMore

2022/6/12

【日清】ラーメン有名店コラボ鍋つゆ。千里眼監修 濃厚にんにく豚骨醤油

日清より発売中の「ラーメン有名店コラボ麺つゆ」シリーズの『千里眼監修 濃厚にんにく豚骨醤油』が旨すぎた。 あの有名店、東京目黒区にある人気G系ラーメン店の千里眼が鍋つゆになった。 まさにG系のようなニンニクや脂の旨味をきかせたガッツリな鍋、これが想像以上のヤミツキ感に野菜が無限に食べられそうでヤバイ。 〆に麺なんていれようものなら、それはもう完全にG系ラーメンのそれだ。 今回はそんな『ラーメン有名店コラボ鍋つゆ 千里眼監修 濃厚にんにく豚骨醤油』で鍋を〆まで食べてみた。 目次(タップできる)ラーメン有名店 ...

ReadMore

2022/5/28

背徳感と罪悪感の塊『チャーシュー唐揚げ』。ザクザク衣とジューシーな肉の旨味がヤバイ!!

背徳感と罪悪感の塊『チャーシュー唐揚げ』。 みんな大好き唐揚げとチャーシュー、それぞれが肉の旨味を引き出す定番にして至高の料理だ。 とある偉人が考えた、唐揚げとチャーシュー、そのどちらも旨いなら、チャーシューを唐揚げにしたらもっと旨いんじゃないか? 人間の食に対する探究心は時に革命的な料理を生み出す。 そんな革命的な料理こそ『チャーシュー唐揚げ』に他ならない。 目次(タップできる)チャーシュー唐揚げ最後に チャーシュー唐揚げ チャーシュー唐揚げ、それはチャーシューに唐揚げ粉をつけて揚げるというシンブルなも ...

ReadMore

2022/4/26

さいももさんの「ガリ丼」。寿司屋バイト時代にまかないで好きだったという謎の丼再現してみた

斉藤百香さんが寿司屋バイト時代にあまりに好きすぎて、まかないでいつも食べていたという『ガリ丼』。 スーパーで岩下の新生姜を物色していた時に、ふと前にNACK5のラジオ番組内で、話していたのを思い出して無性に食べてみたくなった。 インターネッツの大海原を世界の果てを目指して漕ぎだすも、まったくその片鱗すらのぞくこと叶わなかった伝説の丼もの。 そこは知恵と創意工夫でなんとかなる。 つまるところ想像で作ってみた。 目次(タップできる)さいももさんの愛すべきガリ丼材料作り方食べてみた最後に さいももさんの愛すべき ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2023 All Rights Reserved.