料理してみた 料理レシピ 食レポ

日光市足尾在来の伝統野菜「唐風呂大根」。大根の天ぷらが旨くて色々捗る

栃木県日光市足尾の唐風呂地区、ここでは固有在来種の「唐風呂大根」が栽培されている。

他の大根と交配するとなく、風土に根差した独自の進化を遂げた野菜。
一時期、農家の高齢化により絶滅の危機があったが、地域おこし協力隊員の手により絶滅から脱した奇跡の野菜のひとつである。

皮が赤く色ずく特有の性質を持つ大根で、汁気少なくパリパリと歯切れのよい食感が特徴的。
その特徴から煮物や栃木県の郷土料理「しもつかれ」との相性も抜群だという。

今回はそんな「唐風呂大根」が天ぷらにしても美味しいという情報を得たので、さっそく作ってみることにした。



唐風呂大根の天ぷら

これが栃木県日光市足尾の固有在来種の野菜「唐風呂大根」。

先日の日光市のマルシェで購入した地元野菜だ。

独特の赤紫な色味、身に締りを感じる触り心地だ。
今回はこの唐風呂大根を使用して天ぷらを作ってみよう。

材料

用意した材料はこんな感じ。

レシピ

・唐風呂大根 1本
・水 500ml
・白ダシ 大さじ2
・醤油 小さじ2
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ1
・天ぷら粉 適量

作り方

手順

  1. 大根を3cm厚にカットし皮をむき、4等分にする
  2. 鍋に水、白ダシ、醤油、砂糖、みりんを加え、大根を入れたら落とし蓋をして中火で30分ほど煮込む
  3. 30分ほど冷ましたのち、天ぷら粉をつけてさっと揚げる

まずは唐風呂大根を3cm厚にカット。
外は赤紫だけど、中は真っ白。
切る時に普通の大根よりも締りがあるので、固いけど刃が入るとサクッと切れる

カットしたら大根の皮をむく。

鍋に水(500ml)、白ダシ(大さじ2)、醤油(小さじ2)、砂糖(大さじ1)、みりん(大さじ1)を合わせ、大根を4等分にカットしたものを投入。
落とし蓋をして30分ほど中火で炊く。

たいちょー
面倒だったら麺つゆでもいいかも?

串が通るほど柔らかくなったら、火から下して冷めるまで放置。
※冷ましても味が染み込むわけではない
味をしっかり染み込ませたいなら、ちょっと面倒だが弱火で1時間ほど煮込むと完璧だ。

あとはフライパンに深さ1/2以下程度の油を投入、180度~200度まで熱する。
菜箸を入れて激しく泡立つくらいがベストだ。

あとは天ぷら粉をつけて揚げるだけ。

基本的に大根はすでに火が通っているので、衣がカラッと揚がったら完成。



大根の煮汁で味噌煮込みうどん

さて、大根の煮汁が余ってもったいない。
これを利用しない手はない、ということで味噌煮込みうどんを作ってみた。

作り方は簡単。
煮汁に味噌(大さじ1)を溶かし、うどんを加えて煮込むだけ。

唐風呂大根パーリィナイト

今宵は唐風呂大根パーリィナイトだ。

唐風呂大根の天ぷらにおろし唐風呂大根添え、そして唐風呂大根の煮汁に味噌を加えた味噌煮込み、否、唐風呂大根味噌煮込みうどん。

唐風呂大根の天ぷら

まずは唐風呂大根の天ぷらから食べてみよう。

衣はサクッと中はホクホク。
大根の甘みと煮汁の旨味と塩気が染みていてそのままでも旨い。

今度はおろし唐風呂大根で食べてみよう。

端の方を使ったからピリッと辛味がきいている。
醤油のコクも相まって大根の甘みが引き立つ。

塩で食べてもいける。

しっかり煮汁を染み込ませれば、何もつけなくてもそのまま食べられる。
これはもうホットな大人の清涼飲料水がグビグビいける。

大根煮汁の味噌煮込みうどん

お次は味噌煮込みうどんを食べてみよう。

卵を割り、絡めながらひとくち。

ツルリもっちりしたのど越しのいいうどんだ。
それと同時にほんのり大根の香りが鼻腔を抜ける。
味噌のコクに大根の甘みが絶妙にマッチして旨い。

これは大根の天ぷら作ったらうどんデフォルトだな。

最後に

ゼロからマルシェで手に入れた、日光市足尾でのみ栽培される「唐風呂大根」を使って大根の天ぷらと煮込みうどんを作ってみた。

大根の旨味や甘みを感じられる天ぷらは後を引く旨さ。
天ぷらもいいけど大根の唐揚げなんかもアリかもしれない。

そしてあまった煮汁は捨てるなんてもったいない。
これでうどん作ったら抜群に旨い。

是非、大根の天ぷらとうどんをつくってみてほしい。

2022/6/19

飲む、コ酢メ。アレンジ自在!美味しいお酢を毎日の食生活の一部に【PR】

どこの家庭にでもある定番調味料「お酢」。 毎日飲むことで健康効果が期待できるとブームになり、今やさまざまなお酢が販売されている。 わかってはいるけど、どうもあの独特のクセある後味に長続きがしない。 飲んでも美味しくて、しかもついでに無添加で毎日続けても安心安全なお酢はないものか。 そんな条件を満たしてくれるお酢が存在した。 それが今回紹介するMicoas(ミコアス)の『飲む、コ酢メ』。 この記事はMicoas様より商品を提供いただきレビューしています。 無添加 飲料 飲むお酢 【飲む、コ酢メ。】 厳選され ...

ReadMore

2022/6/12

【日清】ラーメン有名店コラボ鍋つゆ。千里眼監修 濃厚にんにく豚骨醤油

日清より発売中の「ラーメン有名店コラボ麺つゆ」シリーズの『千里眼監修 濃厚にんにく豚骨醤油』が旨すぎた。 あの有名店、東京目黒区にある人気G系ラーメン店の千里眼が鍋つゆになった。 まさにG系のようなニンニクや脂の旨味をきかせたガッツリな鍋、これが想像以上のヤミツキ感に野菜が無限に食べられそうでヤバイ。 〆に麺なんていれようものなら、それはもう完全にG系ラーメンのそれだ。 今回はそんな『ラーメン有名店コラボ鍋つゆ 千里眼監修 濃厚にんにく豚骨醤油』で鍋を〆まで食べてみた。 目次(タップできる)ラーメン有名店 ...

ReadMore

2022/5/28

背徳感と罪悪感の塊『チャーシュー唐揚げ』。ザクザク衣とジューシーな肉の旨味がヤバイ!!

背徳感と罪悪感の塊『チャーシュー唐揚げ』。 みんな大好き唐揚げとチャーシュー、それぞれが肉の旨味を引き出す定番にして至高の料理だ。 とある偉人が考えた、唐揚げとチャーシュー、そのどちらも旨いなら、チャーシューを唐揚げにしたらもっと旨いんじゃないか? 人間の食に対する探究心は時に革命的な料理を生み出す。 そんな革命的な料理こそ『チャーシュー唐揚げ』に他ならない。 目次(タップできる)チャーシュー唐揚げ最後に チャーシュー唐揚げ チャーシュー唐揚げ、それはチャーシューに唐揚げ粉をつけて揚げるというシンブルなも ...

ReadMore

2022/4/26

さいももさんの「ガリ丼」。寿司屋バイト時代にまかないで好きだったという謎の丼再現してみた

斉藤百香さんが寿司屋バイト時代にあまりに好きすぎて、まかないでいつも食べていたという『ガリ丼』。 スーパーで岩下の新生姜を物色していた時に、ふと前にNACK5のラジオ番組内で、話していたのを思い出して無性に食べてみたくなった。 インターネッツの大海原を世界の果てを目指して漕ぎだすも、まったくその片鱗すらのぞくこと叶わなかった伝説の丼もの。 そこは知恵と創意工夫でなんとかなる。 つまるところ想像で作ってみた。 目次(タップできる)さいももさんの愛すべきガリ丼材料作り方食べてみた最後に さいももさんの愛すべき ...

ReadMore

2022/4/10

アボカドソースのステーキライス。ソースが旨くて肉が無限に食える!!

アボカドソースのステーキライス作ってみた。 料理家の河瀬璃菜さん(@Linasuke0508)がテキトーランチと題してSNSにアップした一品。 これがアボカドソースが旨過ぎて、ステーキが無限に食えるんじゃないかと思うほどの抜群の相性だった。 目次(タップできる)アボカドソースのステーキライス作り方アボカドソースが旨くて肉無限に食える最後に アボカドソースのステーキライス 今回作るのは、料理家の河瀬璃菜さん(@Linasuke0508)がテキトーランチと題してSNSにアップしたアボカドソースのステーキライス ...

ReadMore

2022/3/23

白菜が無限に食える!!とろとろ白菜のゴルゴンゾーラソース

白菜が無限に食える!!「とろとろ白菜のゴルゴンゾーラソース」。 料理家の河瀬璃菜さん(@Linasuke0508)が大好きなお店で食べた料理を再現したという一品だ。 ツイートを観てあまりにうまそげだったので、さっそく作ってみた。 これが無限白菜と言ってもいいくらいに白菜が旨くてヤバかった。 目次(タップできる)とろとろ白菜のゴルゴンゾーラソースレシピ作り方白菜が無限に食える!!〆はリゾット風に最後に とろとろ白菜のゴルゴンゾーラソース 今回作るのは、料理家の河瀬璃菜さん(@Linasuke0508)がツイ ...

ReadMore

2022/3/21

岩下の新生姜まぜ飯おむすび。簡単混ぜるだけでヤミツキになる旨さ

セブンイレブンで2週間限定で特定店舗のみで試験販売された『岩下の新生姜混ぜ飯おむすび』。 県内20店舗近くを巡ったが残念ながらゲットすることができなかった、今となっては伝説(今後商品化するかは不明)の商品。 岩下の新生姜好きとしてはその味是非とも味わってみたい。 ということでセブンイレブンで手に入る材料縛りで作ってみた。 目次(タップできる)岩下の新生姜混ぜ飯おむすびレシピ作り方新生姜の風味に茎わかめの食感がクセになる最後に 岩下の新生姜混ぜ飯おむすび 岩下の新生姜混ぜ飯おむすびは、3月上旬に2週間限定で ...

ReadMore

2022/3/21

【栃木小山】一品香城東店『魅惑の肉脂』。アレンジ無限大の至高のお土産&店内トッピング

栃木県小山市の至宝「一品香城東店」でとんでもないお土産メニューが誕生した。 その名は『魅惑の肉脂』。 コロナ禍の中、「月曜夜のマル秘」としてスタートした月曜夜のお土産販売営業。 お土産営業だけの丼もの販売として2021年年末に終了したシリーズだが、2022年2月に装いも新たに『新月曜夜のマル秘』として復活。 通常営業下でも提供できるものとして誕生したのが、一品香城東店しんぺー氏発案の特製旨トロ肉脂『魅惑の肉脂』。 これが想像を超えるアレンジ無限大の至高の一品だった。 目次(タップできる)一品香城東店『魅惑 ...

ReadMore

2022/3/20

【再現料理】セブンのがっつり炙り焼きソーセージのおむすび風丼

セブンイレブンの『がっつり炙り焼きソーセージのおむすび』を知っているだろうか? 甘辛なテリヤキソーで味付けされたジューシーな肉厚ソーセージにガーリックマヨネーズ、スパイシーな黒胡椒ご飯が後を引く、人気の定番おむすびだ。 実は平日昼はほぼ毎日のようにこればっかり食べてるくらいにマイブームの一品。 あれが家で作れたら好きなだけ食べられて最高なのに。 ということで再現してみた。 目次(タップできる)セブンのがっつり炙り焼きソーセージのおむすび風丼最後に セブンのがっつり炙り焼きソーセージのおむすび風丼 『がっつ ...

ReadMore

2022/2/22

【しもつかれアレンジ】パスタ・コン・レ・シモツカレ。栃木の郷土料理をシチリア料理にアレンジしてみた

しもつかれをアレンジして『パスタ・コン・レ・サルデ』ならぬ『パスタ・コン・レ・シモツカレ』作ってみた。 栃木県の郷土料理がまさのシチリア料理にクラスチェンジ。 これが想像した以上に旨くて、しもつかれの新たな可能性を感じる一品だった。 さっそく作ってみよう。 目次(タップできる)パスタ・コン・レ・シモツカレ手順食べてみた最後に パスタ・コン・レ・シモツカレ 用意した材料はこんな感じ。 レシピ ・ブカティーニ 160g ・サフラン 0.2g ・イタリアンパセリ 1パック ・しもつかれ 1/2袋 ・オリーブオイ ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.