料理してみた 料理レシピ 食レポ

日光市足尾在来の伝統野菜「唐風呂大根」。大根の天ぷらが旨くて色々捗る

栃木県日光市足尾の唐風呂地区、ここでは固有在来種の「唐風呂大根」が栽培されている。

他の大根と交配するとなく、風土に根差した独自の進化を遂げた野菜。
一時期、農家の高齢化により絶滅の危機があったが、地域おこし協力隊員の手により絶滅から脱した奇跡の野菜のひとつである。

皮が赤く色ずく特有の性質を持つ大根で、汁気少なくパリパリと歯切れのよい食感が特徴的。
その特徴から煮物や栃木県の郷土料理「しもつかれ」との相性も抜群だという。

今回はそんな「唐風呂大根」が天ぷらにしても美味しいという情報を得たので、さっそく作ってみることにした。



唐風呂大根の天ぷら

これが栃木県日光市足尾の固有在来種の野菜「唐風呂大根」。

先日の日光市のマルシェで購入した地元野菜だ。

独特の赤紫な色味、身に締りを感じる触り心地だ。
今回はこの唐風呂大根を使用して天ぷらを作ってみよう。

材料

用意した材料はこんな感じ。

レシピ

・唐風呂大根 1本
・水 500ml
・白ダシ 大さじ2
・醤油 小さじ2
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ1
・天ぷら粉 適量

作り方

手順

  1. 大根を3cm厚にカットし皮をむき、4等分にする
  2. 鍋に水、白ダシ、醤油、砂糖、みりんを加え、大根を入れたら落とし蓋をして中火で30分ほど煮込む
  3. 30分ほど冷ましたのち、天ぷら粉をつけてさっと揚げる

まずは唐風呂大根を3cm厚にカット。
外は赤紫だけど、中は真っ白。
切る時に普通の大根よりも締りがあるので、固いけど刃が入るとサクッと切れる

カットしたら大根の皮をむく。

鍋に水(500ml)、白ダシ(大さじ2)、醤油(小さじ2)、砂糖(大さじ1)、みりん(大さじ1)を合わせ、大根を4等分にカットしたものを投入。
落とし蓋をして30分ほど中火で炊く。

たいちょー
面倒だったら麺つゆでもいいかも?

串が通るほど柔らかくなったら、火から下して冷めるまで放置。
※冷ましても味が染み込むわけではない
味をしっかり染み込ませたいなら、ちょっと面倒だが弱火で1時間ほど煮込むと完璧だ。

あとはフライパンに深さ1/2以下程度の油を投入、180度~200度まで熱する。
菜箸を入れて激しく泡立つくらいがベストだ。

あとは天ぷら粉をつけて揚げるだけ。

基本的に大根はすでに火が通っているので、衣がカラッと揚がったら完成。



大根の煮汁で味噌煮込みうどん

さて、大根の煮汁が余ってもったいない。
これを利用しない手はない、ということで味噌煮込みうどんを作ってみた。

作り方は簡単。
煮汁に味噌(大さじ1)を溶かし、うどんを加えて煮込むだけ。

唐風呂大根パーリィナイト

今宵は唐風呂大根パーリィナイトだ。

唐風呂大根の天ぷらにおろし唐風呂大根添え、そして唐風呂大根の煮汁に味噌を加えた味噌煮込み、否、唐風呂大根味噌煮込みうどん。

唐風呂大根の天ぷら

まずは唐風呂大根の天ぷらから食べてみよう。

衣はサクッと中はホクホク。
大根の甘みと煮汁の旨味と塩気が染みていてそのままでも旨い。

今度はおろし唐風呂大根で食べてみよう。

端の方を使ったからピリッと辛味がきいている。
醤油のコクも相まって大根の甘みが引き立つ。

塩で食べてもいける。

しっかり煮汁を染み込ませれば、何もつけなくてもそのまま食べられる。
これはもうホットな大人の清涼飲料水がグビグビいける。

大根煮汁の味噌煮込みうどん

お次は味噌煮込みうどんを食べてみよう。

卵を割り、絡めながらひとくち。

ツルリもっちりしたのど越しのいいうどんだ。
それと同時にほんのり大根の香りが鼻腔を抜ける。
味噌のコクに大根の甘みが絶妙にマッチして旨い。

これは大根の天ぷら作ったらうどんデフォルトだな。

最後に

ゼロからマルシェで手に入れた、日光市足尾でのみ栽培される「唐風呂大根」を使って大根の天ぷらと煮込みうどんを作ってみた。

大根の旨味や甘みを感じられる天ぷらは後を引く旨さ。
天ぷらもいいけど大根の唐揚げなんかもアリかもしれない。

そしてあまった煮汁は捨てるなんてもったいない。
これでうどん作ったら抜群に旨い。

是非、大根の天ぷらとうどんをつくってみてほしい。

2021/11/26

スーパーのしらす干しでしらす丼作ったら旨くて連食してしまった件

スーパーのしらす干しでしらす丼作ったらあまりに旨過ぎて連食してしまった。 窯揚げしらす丼とか生しらす丼って現地に行かないと食べられない絶品グルメのひとつだけど、あそこまで美味しくなくいいからなんとか食べられないものか。 そんなことを思いながら仕事帰りに行きつけのスーパー「ヤオハン城内店」に立ち寄ると、これがまたタイムリーな商品が普通に売られていた。 それはもう即買いするよね。 これが想像以上に美味しくて、朝晩と連食してしまった。 目次(タップできる)しらす干しでつくるしらす丼ヤミツキ注意なヘビロテ朝食最後 ...

ReadMore

2021/11/23

日光市足尾在来の伝統野菜「唐風呂大根」。大根の天ぷらが旨くて色々捗る

栃木県日光市足尾の唐風呂地区、ここでは固有在来種の「唐風呂大根」が栽培されている。 他の大根と交配するとなく、風土に根差した独自の進化を遂げた野菜。 一時期、農家の高齢化により絶滅の危機があったが、地域おこし協力隊員の手により絶滅から脱した奇跡の野菜のひとつである。 皮が赤く色ずく特有の性質を持つ大根で、汁気少なくパリパリと歯切れのよい食感が特徴的。 その特徴から煮物や栃木県の郷土料理「しもつかれ」との相性も抜群だという。 今回はそんな「唐風呂大根」が天ぷらにしても美味しいという情報を得たので、さっそく作 ...

ReadMore

2021/11/11

スキレットで熱々ふっくらジューシー煮込みハンバーグ。なんかちょっとオシャレで贅沢

スキレットで煮込みハンバーグ作ってみた。 スキレットといえばアウトドア料理器具の代名詞。 普段使いにもおすすめで、普通に作るよりも映え感もあるし、なんだか雰囲気補正で料理がおいしく感じる魔法のアイテムだ。 今回はそんなスキレットの定番料理のひとつ「煮込みハンバーグ」を作ってみた。 目次(タップできる)煮込みハンバーグ作り方熱々ジューシーで旨しハンバーグ最後に 煮込みハンバーグ 煮込みハンバーグといったらハンバーグが無くては始まらない。 挽肉買ってきて作るのもいいけど、スーパーには成形済みかつ火が通してあっ ...

ReadMore

2021/11/6

ミツカン『炒めにんにく醤油鍋つゆ』なんとなく再現。ニンニクがっつり〆まで旨い

ミツカンより2021年8月4日発売の『〆まで美味しい 炒めにんにく醤油鍋つゆ』。 先日、トゥイッターで非常に興味深い鍋を見かけた。 にんにく醤油鍋とかジャンクでヤバそうだが、それゆえに非常に興味がそそられる。 どうやらミツカンより発売中の『〆まで美味しい 炒めにんにく醤油鍋つゆ』を使用したもののようだ。 ならばその味再現できないか? さっそくやってみた。 目次(タップできる)【再現】〆まで美味しい 炒めにんにく醤油鍋作り方ヤミツキになるジャンクな味〆まで美味しい最後に 【再現】〆まで美味しい 炒めにんにく ...

ReadMore

2021/11/5

バターチキンカレー。スパイスとバターの風味引き立つ本格的コク旨贅沢な味わい

本格的なスパイスにたっぷりバターのコク旨贅沢な『バターチキンカレー』。 インドの首都デリーにあるタンドリーチキン発祥のお店「モティ・マハル」で考案されたインド料理のひとつ。 本格的なスパイスの香り、濃厚かつ芳醇なバターのコクに、濃縮されたトマトの旨味、さらに一晩漬けこんだタンドリーチキンが柔らかジューシーでヤミツキになる味わい。 しっかりきいたスパイスの風味が濃厚なバターを和らげてくれるので、意外とあっさりとして食べやすい。 今回はそんなバターチキンカレーを作ってみた。 目次(タップできる)バターチキンカ ...

ReadMore

2021/10/29

半熟玉子のかき揚げ天丼。ふわとろ玉子に汁だくかき揚げにご飯がすすむ

スーパーで手に入れたかき揚げ天ぷらを使い、半熟玉子と合わせた『半熟玉子のかき揚げ天丼』作ってみた。 スーパーの惣菜コーナーで購入した、見切り品の揚げ油でクタクタになったかき揚げ。 正直いってあまり美味しくない。 ※揚げたてはもちろん美味しい でも、これをかき揚げ天丼、否、さらに進化した『半熟玉子のかき揚げ天丼』にすることで絶品な一品になる。 今回はそんな『半熟玉子のかき揚げ天丼』を作ってみよう。 目次(タップできる)半熟玉子のかき揚げ天丼作り方ふろとろ玉子にトロトロ汁だくかき揚げ最後に 半熟玉子のかき揚げ ...

ReadMore

2021/10/29

半熟焼き親子丼。ふんわり玉子に芳ばしい鶏肉が至高に旨い

ふんわり食感の玉子に柔らか芳ばしい鶏肉が至高に旨い『半熟焼き親子丼』作ってみた。 料理研究家リュウジ氏のバズレシピで紹介されていた『至高の半熟焼き親子丼』があまりに旨そうだったので、無性に食べたくなりカッとなって食材を調達。 これが一般的な親子丼にひと手間を加えるだけで圧倒的に旨い一品に。 もう親子丼作る時にはこれでいいと思わせるほど(個人的な見解)。 さっそくその全貌を備忘録もかねて紹介しよう。 目次(タップできる)料理研究家リュウジ氏考案の半熟焼き親子丼作り方芳ばしい鶏の旨味にふんとろ玉子がたまらない ...

ReadMore

2021/10/27

ナスと豚肉のピリ辛味噌炒め。ご飯がいくらでも食べられる旨メシ

秋といえばナスの美味しい季節だ。 しぎ焼き、ナス味噌、ナスのステーキ、麻婆ナスなどジャンルもさまざま、色んな料理で主役から脇役まではれる万能食材。 そんなナスを使ったメニューのひとつ、『ナスと豚肉のピリ辛味噌炒め』。 これがあまりの旨さにご飯が無限に食べられてしまう旨メシだった。 思わず1週間で3食も食べてしまったその味、今日もまた作ってみた。 目次(タップできる)ナスと豚肉のピリ辛味噌炒め作り方ご飯が無限に食べられる旨メシ最後に ナスと豚肉のピリ辛味噌炒め 秋と言えばナス、「秋茄子は嫁に食わすな※」とい ...

ReadMore

2021/10/26

無限に食える!!ズッキーニとジャガイモのオリーブオイル醤油和え

夏野菜のズッキーニとジャガイモを使った『ズッキーニとジャガイモのオリーブオイル醤油和え』が無限に食えるほど旨い。 9月某日、栃木市のかねふくストアにておいしそうな黄色い丸ズッキーニを手に入れた。 せっかくの新鮮な旬の野菜、美味しく味わいたいもの。 果肉の多い丸ズッキーニ、インターネッツの海を渡り探し当てたのが非常に美味しそうだったのでさっそく作ってみた。 これが無限に食べられる旨さでヤバかった。 目次(タップできる)ズッキーニとジャガイモのオリーブオイル醤油和え作り方無限に食べられるズッキーニ最後に ズッ ...

ReadMore

2021/10/24

PREMIUM熟カレーLEE 辛さ×10倍 大辛。辛さと旨さ際立つキノコチキンカレー作ってみた

グリコから発売のカレールウ『プレミアム熟カレー』シリーズから、同レトルトカレーシリーズのLEEのカレールウバージョンが期間限定の数量限定発売される。 それが今回手に入れた『PREMIUM熟カレーLEE 辛さ×10倍 大辛』。 プレミアム熟カレーの深いコクにLEEのスパイスきいた本格的な味わいが合わさる究極のプレミアム熟カレー。 さらに辛さも熟カレーの限界「辛口」を超えた大辛(辛さ10倍)というスペシャル版。 今回はたまたまスーパーでゲットできたので食べてみた。 ※買ったのは夏頃だった気がする 目次(タップ ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-料理してみた, 料理レシピ, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2021 All Rights Reserved.