料理してみた 料理レシピ 食レポ

料理研究家リュウジ氏×サッポロ一番コラボ『サッポロ一番 しょうゆ味油そば ガーリックバター風』が買えなすぎるので作ってみた

人気の料理研究家リュウジ氏とサッポロ一番がコラボした限定商品が2021年2月15日に発売開始した。

今回発売したのは『サッポロ一番 ごま味しょうゆまぜそば 辛口オイスター味』、『サッポロ一番 しょうゆ味油そば ガーリックバター風』の2種類。
ところがこれがあまりの人気に売り切れ続出となり、まったく手に入れることができない。

あれから1か月以上が経過したが、地域と数量が限定されているためまったくその姿を見ることはなかった。
実はこの商品、リュウジ氏のYouTubeチャンネルにて再現レシピが公開されている。

今回はそんなコラボ商品のひとつ、『ガリバタ油そば』を作ってみたので備忘録がてらまとめてみた。



ガーリックバター油そば

噂のガリバタ油そば、用意した材料はこんな感じ。

材料

・サッロポ一番しょうゆ味 1袋
・卵 1個
・ニンニク 1片
・バター 8g
・砂糖 小さじ1/3
・小ネギ 適量
・黒胡椒 適量
・水 500ml

作り方はこんな感じ。
ちなみに公式の作り方だと、そのまま食べると若干塩味が強い印象だったので微調整してある。
酒のつまみとして食べるなら公式のままで作るといいかもしれない。
それについてはリュウジ氏のYouTubeチャンネルを確認してほしい。

手順

  1. ニンニクをみじん切りにする
  2. フライパンで熱したバターでニンニクをこげ茶色になるまで炒める
  3. 炒めたら器に移し、特製スパイス、粉末スープを小さじ1.5、砂糖を加えておく
  4. 別容器に粉末スープ、卵白を入れておく
  5. 麺を3分茹で、ゆで汁大さじ1を器に入れて混ぜ合わせタレを完成させておく
  6. さらに別容器にゆで汁を120ml入れてかき混ぜ、小ネギと黒コショウをかける
  7. 麺を器に入れてタレをしっかり絡める
  8. 最後に小ネギを散らし、卵黄を乗せ黒コショウをかければ完成

まずはニンニクをみじん切りにしてフライパンで焦げ茶色になるまで炒める。

器に炒めたニンニク、粉末スープ小さじ1.5、特製スパイス、砂糖を入れておく。
普通のバターを使う場合は、粉末スープ小さじ1くらいに抑えないと塩気がしっかりきいてしまうので、規定通りに使うならば無塩バターを使うといいかもしれない。

酒のつまみとして作るなら規定通りで大丈夫だ。

残った粉末スープと卵白を入れておく。
これも結構濃いめの印象だったので粉末スープの量を調整するといいかもしれない。

麺を3分茹で、茹で上がったらゆで汁大さじ1を器に入れ、よく混ぜ合わせてタレをつくっておく。

別容器にもゆで汁を120mlほどいれ、軽くかき混ぜる。
湯温が低いと卵白が固まらないので、そんな時は40秒ほどレンチンすると良いそうだ。

あとは麺を器に移してタレとよく絡ませ、小ネギ散らして黒コショウを振り、中央に黄身をトッピングすれば完成。

ガリバタ油そば食べてみた

ということで完成。
ガーリックバター油そばと浮雲スープ。

さっそく卵を絡めて食べてみよう。

ニンニクのパンチきいた風味にバターの香りとコクがたまらなく旨い。
醤油の芳ばしい風味がまた味に深みをもたらす。

卵黄絡めるとこれがまたまろやかな風味になって箸がススム。
ただ、規定通りに作ったら若干塩気が強くなってしまったので、塩気が気になる人は微調整が必要かもしれない。

おすすめというタバスコも試してみる。

ピリッとした辛みと酸味が味変的にちょうどいい。
ガリバタースパイシー油そばもなかなかアリ。

そして浮雲スープ。
卵白が浮雲のように固まるからそう名付けたそうだ。

一度に2品作れるうえに、材料を無駄にしないというのが素晴らしい。
醤油スープのコク旨感に卵のふんわり食感が後を引く。

ただ、これもまたなかなか塩気が強いので微調整が必要。

最後に

リュウジ氏とサッポロ一番がコラボした『サッポロ一番 しょうゆ味油そば ガーリックバター風』が手に入らなかったので、リュウジ氏がYouTubeチャンネルにて公開している再現レシピを試してみた。

とても簡単に作れるのに、ヤミツキ感ハンパない絶品料理。
食べてみた感じだと塩気しっかりめなので、お酒を飲む人がつまみに食べると最高かもしれない。

普通にこれだけ食べるなら若干微調整とかが必要。
まぁ塩気の感じ方は人それぞれなので一度食べてみてから判断してほしい。


2024/2/29

サルサがあればなんでもできる!?メキシカンサルサドッグ

ホットドッグ、それは縦長のパン「ドッグロール」に切れ目を入れ、ソーセージや野菜をサンドした料理の総称。 起源はドイツの『フランクフルター』とされ、フランクフルトで生まれた『フランクフルトソーセージ』をパンに挟んで食べるのが始まりとされる。 のちに1847年にドイツのコーブルグにある、食肉業者ヨハン・ゲオルク・ホヘーナーが発案したソーセージ料理であると公表される。 ※諸説あるが 19世紀、ドイツからアメリカへの移民達によってアメリカへ伝えられたのがキッカケとなり、現在アメリカを代表する料理のひとつとなった。 ...

ReadMore

2024/2/28

鉄火味噌もどき。節分豆がご飯がすすむ常備菜に

鉄火味噌を知っているだろうか? 赤味噌をベースに砂糖やみりんといった調味料や唐辛子を使用し、根菜や炒り大豆・一晩水に浸した大豆などをごま油で炒めて練り合わせた『なめ味噌』のことを言う。 富士吉田市の郷土料理が起源とされ、かつて武田信玄が戦場での食事の副食として重宝したそう。 味噌を油で炒めると、熱した鉄のような赤い色になるとから「鉄火」と名付けられた。 ペースト状やふりかけ状にしたものなどがある。 滋養があり、身体を温める働きもあることから食事療法に活用されたり、「軍隊調理法」にも掲載され戦時中は日本軍の ...

ReadMore

2024/2/27

Taco Tuesday!!火曜はタコスの日。メキシコ料理タコスが旨すぎて無限に食える!!

Taco Tuesday!! 火曜はタコスの日!! タコスといえば、メキシコを代表する料理に数えられる魅惑のグルメ。 トウモロコシの粉を使用したトルティーヤに、肉や野菜などの様々な具材やサルサを包んで食べる国民食だ。 とにかく具材が豊富で、豚肉から牛肉、羊肉にヤギ肉、白身魚などメインの具材だけでも豊富にあり、さらに使用されるサルサ(ソース)もチリベースやワカモレなどのアボカドベースなどたくさんある。 組み合わせ次第で無限のタコスが存在する。 メキシコ発祥で紀元前500年前から作られていたという。 本場メキ ...

ReadMore

2024/2/27

サルサ・ロハ。メキシコ料理に欠かせない!!トマトの酸味とピリッと辛さが後引くサルサ

サルサを知っているだろうか? メキシコ料理では欠かせないサルサ、スペイン語で「ソース」を意味する。 サルサと一口に言っても、実は具材によりたくさんの名称が存在する。 先日つくったワカモレもアボカドのサルサ。 日本では一般的にはサルサソースと呼ばれるが、直訳すると訳わからないことになる。 トマトをベースに唐辛子やスパイスを加えた『サルサ・ロハ(赤いサルサ)』が、日本人には馴染み深いサルサソース。 基本的にはカットして和えるだけなのでとても簡単。 今回はそんな『サルサ・ロハ』を作ってみた。 サルサ・ロハ 用意 ...

ReadMore

2024/2/25

【メキシコ料理】チリコンカン。ピリ辛スパイシーがたまらない。節分豆アレンジで作ってみた

チリコンカンを知っているだろうか? スペイン語では肉入りトウガラシを意味し、メキシコ北部から南部アメリカが発祥の挽肉と玉ねぎを炒め、豆やトマトにスパイスを合わせて煮込んだメキシコ料理。 19世紀半ばにメキシコより独立し、アメリカに併合されたテキサス州が本当の起源だとか、メキシコのエンセナーダが起源だとか諸説ある。 トルティーヤなどにチーズやサルサなどと一緒に挟んで食べるのが定番だ。 ちなみにアメリカではテクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)と呼ばれ、代表的な料理のひとつとされている。 今回はメキシコ ...

ReadMore

2024/2/25

節分の炒り豆アレンジ。これでアレンジの幅が増える!!大豆の水煮作ってみた

2月3日は節分の日。 食べ物を粗末にしてはいけないけれど、節分という免罪符により大手を振って食べ物を投げることができる。 日本古来よりの独特の風習のひとつだ。 限られたシーズンに販売される節分仕様の炒り豆。 シーズンが終わると需要が薄れ、大量に残る節分の炒り豆、あれの行く末はどうなっているのだろうか? 節分仕様のデザインさえなければ、通年販売も可能だが、さすがにあの仕様ではそうもいかない。 賞味期限が切れたら廃棄されるのか、はたまた動物の飼料として有効活用されるのか? SDGsが叫ばれる昨今、それってどう ...

ReadMore

2024/2/24

メキシコ料理に外せない!!ワカモレ。簡単混ぜるだけ濃厚クリーミーなアボカドソース

ワカモレを知っているだろうか? スペイン語でアボカドソースを意味し、メキシコの先住民族言葉のひとつナワトル語のAhuacatl(アボカド)+molli(ソース)を語源とする。 大航海時代の16世紀初頭にスペイン人による新大陸発見の際、すでにメキシコで食されていた伝統的な料理のひとつ。 高い栄養価もさることながら、アボカドの生産が世界一のメキシコだからこそ生まれたと言っても過言ではない。 粗く潰したアボカドにみじん切りの玉ねぎやトマト、コリアンダー、青唐辛子を混ぜ合わせ、レモン汁や塩で味付けしたのが一般的だ ...

ReadMore

2024/2/23

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁リメイク

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁を再利用したら旨すぎた 炊き込みご飯、醤油の芳ばしい香り、素材の旨味染みたご飯を具材とともに味わう。 日本が産んだ究極のご飯料理のひとつ。 古くは奈良時代に遡り(諸説あり)、当時、米不足を補うために粟や麦などの穀物や硬果類を加えて食べていた『糅めし かてめし』が始まりだとされる。 その後、食が豊かになった江戸時代中期以降には季節の具材を初めとした様々な具材を使用した炊き込みご飯が誕生。 現在も地域の特色を生かした郷土料理としての炊き込みご飯が全国に存在する ...

ReadMore

2024/2/22

自家製ガーリックオイル。料理にプラスすると一味違う万能調味料

パスタやピザに加えたり、サラダなどにかけるだけで料理のおいしさがアップする万能調味料『ガーリックオイル(ニンニクオイル)』。 細かく刻んだニンニクをオイルに加え、風味を移すだけの簡単だけど、切り方や使うオイルでまったく別の姿を見せる。 簡単そうで奥が深い調味料。 古くは古代エジプト時代からから食べられていたニンニク、栄養価が高く体力の維持に重宝されていた。 またニンニク含まれる主成分「アリシン」は強い殺菌作用があることから保存食に利用されるだけでなく、免疫力の増強やガン予防にも効果が期待される。 さらにア ...

ReadMore

2024/2/22

Caesar's Place(シーザーズ・プレイス)のシーザーサラダ。濃厚な旨味とコク深いドレッシングが上品でシーザーサラダの概念変わる

Caesar's Place(シーザーズ・プレイス)のシーザーサラダ。
濃厚な旨味とコク深いドレッシングが上品でシーザーサラダの概念変わる。
シャキシャキレタスに濃厚ドレッシングが後を引く。
ライムがガツンと効いていて実にメキシコらしいじゃないか。
#シーザーサラダ
#シーザーズプレイス
#料理

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ, 食レポ
-,