料理してみた 料理レシピ 食レポ

料理研究家リュウジ氏×サッポロ一番コラボ『サッポロ一番 しょうゆ味油そば ガーリックバター風』が買えなすぎるので作ってみた

人気の料理研究家リュウジ氏とサッポロ一番がコラボした限定商品が2021年2月15日に発売開始した。

今回発売したのは『サッポロ一番 ごま味しょうゆまぜそば 辛口オイスター味』、『サッポロ一番 しょうゆ味油そば ガーリックバター風』の2種類。
ところがこれがあまりの人気に売り切れ続出となり、まったく手に入れることができない。

あれから1か月以上が経過したが、地域と数量が限定されているためまったくその姿を見ることはなかった。
実はこの商品、リュウジ氏のYouTubeチャンネルにて再現レシピが公開されている。

今回はそんなコラボ商品のひとつ、『ガリバタ油そば』を作ってみたので備忘録がてらまとめてみた。



ガーリックバター油そば

噂のガリバタ油そば、用意した材料はこんな感じ。

材料

・サッロポ一番しょうゆ味 1袋
・卵 1個
・ニンニク 1片
・バター 8g
・砂糖 小さじ1/3
・小ネギ 適量
・黒胡椒 適量
・水 500ml

作り方はこんな感じ。
ちなみに公式の作り方だと、そのまま食べると若干塩味が強い印象だったので微調整してある。
酒のつまみとして食べるなら公式のままで作るといいかもしれない。
それについてはリュウジ氏のYouTubeチャンネルを確認してほしい。

手順

  1. ニンニクをみじん切りにする
  2. フライパンで熱したバターでニンニクをこげ茶色になるまで炒める
  3. 炒めたら器に移し、特製スパイス、粉末スープを小さじ1.5、砂糖を加えておく
  4. 別容器に粉末スープ、卵白を入れておく
  5. 麺を3分茹で、ゆで汁大さじ1を器に入れて混ぜ合わせタレを完成させておく
  6. さらに別容器にゆで汁を120ml入れてかき混ぜ、小ネギと黒コショウをかける
  7. 麺を器に入れてタレをしっかり絡める
  8. 最後に小ネギを散らし、卵黄を乗せ黒コショウをかければ完成

まずはニンニクをみじん切りにしてフライパンで焦げ茶色になるまで炒める。

器に炒めたニンニク、粉末スープ小さじ1.5、特製スパイス、砂糖を入れておく。
普通のバターを使う場合は、粉末スープ小さじ1くらいに抑えないと塩気がしっかりきいてしまうので、規定通りに使うならば無塩バターを使うといいかもしれない。

酒のつまみとして作るなら規定通りで大丈夫だ。

残った粉末スープと卵白を入れておく。
これも結構濃いめの印象だったので粉末スープの量を調整するといいかもしれない。

麺を3分茹で、茹で上がったらゆで汁大さじ1を器に入れ、よく混ぜ合わせてタレをつくっておく。

別容器にもゆで汁を120mlほどいれ、軽くかき混ぜる。
湯温が低いと卵白が固まらないので、そんな時は40秒ほどレンチンすると良いそうだ。

あとは麺を器に移してタレとよく絡ませ、小ネギ散らして黒コショウを振り、中央に黄身をトッピングすれば完成。

ガリバタ油そば食べてみた

ということで完成。
ガーリックバター油そばと浮雲スープ。

さっそく卵を絡めて食べてみよう。

ニンニクのパンチきいた風味にバターの香りとコクがたまらなく旨い。
醤油の芳ばしい風味がまた味に深みをもたらす。

卵黄絡めるとこれがまたまろやかな風味になって箸がススム。
ただ、規定通りに作ったら若干塩気が強くなってしまったので、塩気が気になる人は微調整が必要かもしれない。

おすすめというタバスコも試してみる。

ピリッとした辛みと酸味が味変的にちょうどいい。
ガリバタースパイシー油そばもなかなかアリ。

そして浮雲スープ。
卵白が浮雲のように固まるからそう名付けたそうだ。

一度に2品作れるうえに、材料を無駄にしないというのが素晴らしい。
醤油スープのコク旨感に卵のふんわり食感が後を引く。

ただ、これもまたなかなか塩気が強いので微調整が必要。

最後に

リュウジ氏とサッポロ一番がコラボした『サッポロ一番 しょうゆ味油そば ガーリックバター風』が手に入らなかったので、リュウジ氏がYouTubeチャンネルにて公開している再現レシピを試してみた。

とても簡単に作れるのに、ヤミツキ感ハンパない絶品料理。
食べてみた感じだと塩気しっかりめなので、お酒を飲む人がつまみに食べると最高かもしれない。

普通にこれだけ食べるなら若干微調整とかが必要。
まぁ塩気の感じ方は人それぞれなので一度食べてみてから判断してほしい。


2022/1/18

梅酒の店ぱかぱか考案!5分でできる時短しもつかれ。初心者向けなクセのない食べやすさ

今年もしもつかれのシーズンが到来する。 クセが強く好みが激しく分かれる栃木県の伝統料理しもつかれ。 しもつかれが苦手という梅酒の店ぱかぱか店長tomoki氏。 そんなぱかぱか店長が考案した、初心者や苦手な人でも美味しく食べられるしもつかれ作ってみた。 目次(タップできる)梅酒の店ぱかぱか5分でできる時短しもつかれ「ぱかぱか風しもつかれ」 梅酒の店ぱかぱか 梅酒の店ぱかぱかは、栃木県宇都宮市にある昼は定食、夜には豊富に揃う梅酒を堪能できるお店。 50種類を超えるさまざまな梅酒は、正統派からバナナ梅酒やトウガ ...

ReadMore

2022/1/14

栃尾名物の栃尾油揚げでつくる『麻婆油揚』。ご飯が無限に食える罪作りな一品

新潟栃尾名物の「栃尾揚げ」を使って『麻婆油揚』作ってみた。 栃尾揚げを知っているだろうか? 新潟県長岡市(旧栃尾市)は豊富な湧水に恵まれ、日本酒や油揚げが名物のひとつであり、その独特な厚みのある油揚げは『栃尾揚げ』の名で親しまれている。 今回はそんな栃尾揚げを使った麻婆豆腐ならぬ麻婆油揚を作ってみた。 これが想像を超えるほどのご飯がススム一品に仕上がってしまった。 目次(タップできる)栃尾揚げの麻婆油揚作り方ご飯が無限に食える麻婆油揚最後に 栃尾揚げの麻婆油揚 栃尾揚げを使った麻婆油揚げ、用意した材料はこ ...

ReadMore

2022/1/10

しもつかれラヴァー究極の一品『しもつかれぶっかけ飯』。キンキンに冷えたしもつかれをホカホカご飯にぶっかける最強メシ

栃木県の郷土料理しもつかれ。 出来立てアツアツを味わうのも栃木県民の特権としてなかなか格別なものがある。 地域によってはしもつかれを再加熱することなく土間などに保存、表面が凍るほどにキンキンに冷えたものをホカホカなご飯に乗せて食べるのが最高であるとも言われている。 鎌倉時代前期に書かれた日本の説物語集「宇治捨遺物語」にも記述があるとされ、紀元前より下野国と呼ばれていた現栃木県の地域で生まれたカレー、下野国のカレーだから「しもつかれ」となったという説があるくらいだから、ご飯に合うのもうなずけ・・・ねーよ。 ...

ReadMore

2022/1/10

月見エビ天ちから蕎麦。中沢製麺の『破天荒生蕎麦』で破天荒な一杯作ってみた

年末恒例の中沢製麺の年越し蕎麦。 今年も例年のごとく、年末に食べきれないほど買ってしまった。 ※後悔は一切していない、むしろ嬉しいくらいだ 中でも毎回購入するのが定番商品『破天荒生蕎麦』。 これが田舎風の蕎麦で、打ち粉に蕎麦粉を使っているので濃厚な蕎麦の風味があり、豪快な食べ応え感がたまらない。 そしてそば湯まで飲めるという蕎麦を存分に堪能できる一品。 せっかくの正月、豪勢な一杯を食べたい。 ということで、今回は破天荒生蕎麦にきそばのつゆ、トッピングに海老天、餅、卵黄、たっぷりのミツバという豪華仕様の一杯 ...

ReadMore

2022/1/9

年末お土産チャーシューでハイマウントインスパイアまぜそば作ってみた

ハイマウントの年末お土産チャーシューでハイマウントインスパイアまぜそば作ってみた。 あのヤミツキになる旨しまぜそば。 せっかく神豚とハイマウント特製麺があることだし作れないものか。 味は無理でもせめてそれっぽく作れないものだろうか。 やってみた。 目次(タップできる)ハイマウントインスパイアまぜそば作り方実食最後に ハイマウントインスパイアまぜそば さて、今回挑戦するのはハイマウントのまぜそばをインスパイアしたまぜそば。 用意した材料はこんな感じ。 ※まぜそば大仕様 レシピ ・ハイマウント特製麺 2玉 ト ...

ReadMore

2022/1/10

栃木が誇る栄養満点スーパーフード『しもつかれ』。ヤミツキ注意な激ウマしもつかれ

今年も栃木県民には恒例の『しもつかれ』のシーズンがやってくる。 2月の初午の日(2022年は2月10日)に作られる、栃木県が誇る郷土料理のひとつだ。 7軒の家のしもつかれを食べると病気にならないと言い伝えられるほどで、実際にしもつかれは栄養満点なスーパーフードでもある。 各家庭によってお決まりの作り方があり、基本的なレシピは同じだけどそれぞれ違った味に仕上がる。 つまり自分だけのしもつかれレシピがあってもいいのだ。 今回はそんな自分好みのしもつかれを作ってみた。 目次(タップできる)嫌なクセゼロのヤミツキ ...

ReadMore

2022/1/6

ただ焼いただけなのにこの旨さ!?ハイマウントの年末お土産チャーシューで作る焼きラーメン

ハイマウントの年末限定「お土産チャーシュー」で焼きラーメン作ってみた。 予約をしないと手に入らない数量限定スペシャル仕様で販売されたお土産チャーシュー。 麺処TANAKAの特注特大バラ肉に、一品香城東店でおなじみ丸麺侍秘伝のタレを使用、さらに浅草開花楼のハイマウント特製麺が5玉も付いてくる超絶スペシャル限定なセット。 お店で焼きそばのように食べるといいという情報をゲットしたので、さっそく焼きラーメンを作ってみたらこれがアホみたいに旨かった。 目次(タップできる)ハイマウントのお土産チャーシューセットで作る ...

ReadMore

2022/1/2

【栃木市】徳田商店。地元の老舗豆屋で買った丹波黒豆ともち米で「黒豆おこわ」作ってみた

栃木県栃木市にある豆屋「徳田商店」に行ってみた。 創業昭和29年の老舗雑穀店さながら昔ながらの年季感じるお店が、2021年9月に蔵の街に訪れた観光客も気軽に入りやすいお店にリニューアルオープンした。 販売するのは豆やお米などの雑穀を中心に、業者だけでなく小売りも行っている。 今回はそんな徳田商店で、丹波黒豆ともち米を手に入れたので「もちもち黒豆おこわ」作ってみた。 目次(タップできる)徳田商店アクセス店内徳田商店行ってみた黒豆おこわ作ってみた最後に 徳田商店 今回訪問したのは、栃木県栃木市湊町にある豆屋「 ...

ReadMore

2021/12/26

寒い季節にはおでんに限る!!トマトコンソメスープおでんが旨過ぎてつゆまで完飲したくなる

おでんの美味しい季節になってきた。 ダシのきいたつゆを吸ったアツアツおでんを頬張りながら飲む一杯は格別。 そのままでも美味しいけど、たまには違った味わいのおでんも食べてみたい。 そんなわけで今回はトマトとコンソメの旨味みきかせた洋風おでんに挑戦だ。 目次(タップできる)トマトコンソメスープおでん作り方思わず煮汁まで完飲したくなる旨さ最後に トマトコンソメスープおでん 作り方は特にこれといって難しいことは何もない。 用意するのはたったこれだけ。 レシピ ・スーパーのおでんセット 1パック ・トマトペースト  ...

ReadMore

2021/11/26

スーパーのしらす干しでしらす丼作ったら旨くて連食してしまった件

スーパーのしらす干しでしらす丼作ったらあまりに旨過ぎて連食してしまった。 窯揚げしらす丼とか生しらす丼って現地に行かないと食べられない絶品グルメのひとつだけど、あそこまで美味しくなくいいからなんとか食べられないものか。 そんなことを思いながら仕事帰りに行きつけのスーパー「ヤオハン城内店」に立ち寄ると、これがまたタイムリーな商品が普通に売られていた。 それはもう即買いするよね。 これが想像以上に美味しくて、朝晩と連食してしまった。 目次(タップできる)しらす干しでつくるしらす丼ヤミツキ注意なヘビロテ朝食最後 ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-料理してみた, 料理レシピ, 食レポ
-,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.