レビュー 映画 洋画

【映画】ジュラシックワールド炎の王国を観てきた

投稿日:

2018年7月13日。
ジュラシックワールド炎の王国の上映が開始された。

ジュラシックパークから数えて5作目、ジュラシックワールドとしては2作目となる今作。
ついに新たな世界が始まろうとする瞬間が描かれている。

果たして結末はどうなるのか。
気になる映画は公開初日に限るよな、ということでさっそく観に行ってみた。

以下ネタバレ要素を含むので注意。

スポンサーリンク

 

ジュラシックワールド炎の王国

これまでの物語の始まりであるジュラシックパークあったイスラ・ヌブラル島に新たに築かれたジュラシックワールドが、恐竜たちに破壊され放棄されてから3年後が舞台となる。

イスラ・ヌブラル島の休火山が大噴火間近となり、恐竜の絶滅が懸念されていた。
そんなところから物語は始まる。

恐竜を救うべきか、それともこのまま静観するか。
その議論の場に登場するのが、ジュラシックパーク、ロストワールドの両作に登場するジェフ・ゴールドブラム演じるイアン・マルコム。
実に21年ぶりのシリーズ登場だ。

ここで重要な言葉を発する「人類は自ら招いた激変に見舞われるのです」と。
これが今作の生命は、新たな道を見つけるという言葉にも繋がってくる。

それが意味するのはいったい何なのか、それは自分で確かめてほしい。

 

やっぱり人間の強欲さに振り回される恐竜たち

さらにリアリティーを増しているアニマトロニクスと特殊効果。
まるで本当にそこにいるかのようだ。

島から脱出するさいに逃げ遅れたブラキオサウルスの姿と悲痛な咆哮がとても記憶に残る場面だった。

そしてやはりこれまで同様に、Tレックスが美味しいところを持っていくことになるが、一番の主役はやはりラプトルのブルーといっていいだろう。
オーウェンとの過去や関係性などが明かされる場面も見どころ。

前半の大噴火の島からの脱出劇から一転して後半は閉塞された空間での繰り広げられるサスペンス要素交じりの物語へと変化する。
恐竜たちを安住の地へと導くはずが、今作もやはり人間の強欲さに振り回される恐竜たち。

新たなハイブリット恐竜も現れ、クライマックスへと向かっていく。

最後にはまさかの結末が訪れる。

※詳しくは書けないので自分の目で確かめてほしい。

 

最後に

今回の作品では、ジュラシックワールドという名の本当の意味を知る。

そして2021年の次回作に向けての布石的な意味合いも大きい印象だった。
三部作として構想されていた新たなジュラシックシリーズ、次回作ではいったいどんな世界が待っているのか?

やはりというか、エンドロールが流れた瞬間に帰る人の多いこと。
最近の作りではエンドロール後に重要なシーンが流されたりするのはお約束なのだが、この手の人たちはこれまでもずっとエンドロール後の映像を一切知らずに生きてきたのだろうかと思ってしまう。

幕が閉まるまでが作品なのだから、是非とも最後まで見てほしい。
※トイレが我慢できない人は除く。笑

兎にも角にも3年後が楽しみだ。

 

ジュラシックワールド炎の王国
公開日 2018年7月13日~

 

こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-レビュー, 映画, 洋画
-

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2018 All Rights Reserved.