和食・寿司 料理してみた 料理レシピ 食レポ

麦味噌雑煮。甘くてコク深い井伊商店の麦味噌で作る雑煮

『雑煮』はダシきいた醤油や味噌を使用した汁に餅を加えて食べるお餅が主役の日本料理。
正月に食べるのが定番で、さまざまな具材を煮合わせた料理が語源とされている。

各家庭によって地域によって具材や汁など千差万別で、ある意味作り手の数だけ雑煮の種類があると言っても間違いではない。
有名なものでも全国で100種類を超え、関西エリアより西では丸餅を以東エリアでは角餅を使用したものに大別され、すまし汁をベースしたものが大半を占め、関西や四国の一部では味噌ベース、中国地方の北部では小豆ベースのものに分類される。

地元栃木ではすまし汁で食べることが当たり前で、味噌ベースの雑煮というやつを食べたことが無い。
そんなわけで、今回は宇和島産「井伊商店」の麦味噌で『麦味噌雑煮』を作ってみた。

作ったのは2023年1月1日



麦味噌雑煮

今回麦味噌雑煮をつくるにあたって使用したのは、愛媛県宇和島市にある昭和33年創業の手作り麦味噌の井伊商店謹製のもの。

昨年2022年10月に愛媛県の行政指導にり麦味噌に「味噌」と名乗ることは認められないとされ、「宇和島麦みそ」伝統の灯が途絶える危機に瀕し同年10月に全国的に話題となった一品だ。
翌月11月4日には謝罪があり、この愚行(行政自ら日本の伝統食文化を潰す行為は愚行でしかない)は取り消された。
※昭和49年に制定されたルール上、味噌には最低でも大豆1粒以上が使われている必要があるようだ

SNSの時代じゃなかったら、きっと日本から消えていたであろう大事な食文化のひとつだ。
※話題もあって2022年10月の購入当時は到着まで1か月半ほど待ったが、現在はそれも解消されている

レシピ

今回の麦味噌雑煮のレシピはこんな感じ。

レシピ(5食分)

・麦味噌 大さじ4
・ダシ汁入り具材パック 1袋
・里芋水煮 1袋
・長ネギ 1本
・鶏肉 150g
・水 500ml
・餅 お好み量
・ミツバ 適量

スーパーで購入できる豚汁やけんちん汁に使うダシ汁入りのパック、水煮の里芋を使用すると工程キャンセルして手軽に作れるからおすすめだ。
餅は栃木市のローカルスーパーかねふくストアで正月用に販売されていた餅を使用。

作り方

手順

  1. 鍋に水、ダシ汁を加え沸騰したら麦味噌を溶きいれる
  2. 一口大の鶏肉を加えて火が通るまで煮込む
  3. ダシ汁以外の野菜、里芋を加えて5分ほど煮込む
  4. 最後にカットしたネギを加えて軽く火を通したら火を止める
  5. 器に焼いた餅と汁を加え、ミツバを添えたら完成

鍋に水(500ml)とダシ汁入り具材パックのダシ汁(およそ100mlある)だけを加えて沸騰させ、麦味噌(大さじ4)を溶きいれる。

一口大にカットした鶏肉(150g)を加えて火が通るまで5分にほど煮込み、ダシ入り具材の残り具材、里芋の水煮を加えて中火で5分ほど煮込む。

カットしたネギ(白い部分)を加えたら軽く火を通し、すぐに火を止める。

焼いておいた餅とともに器に盛り付け、ミツバを添えたら完成だ。

麦味噌雑煮食べてみた

麦味噌雑煮の完成だ。

麦味噌ならではの芳醇な香りが広がる。

まずは麦味噌汁をひとくち味わってみよう。
甘味があってコク深く、ダシの旨味がきいている。

ネギシャキの里芋はほろりトロリとした口当たりで具材の味染み加減もちょうどいい。

鶏肉もほろりと柔らかな煮込み加減でいい感じだ。

余熱でトロリと柔らかになった餅も旨い。

最後に

井伊商店の麦味噌で『麦味噌雑煮』を作ってみた。

甘くてコク深い味わいにダシの旨味合わさる麦味噌汁が優しさにあふれる後味でクセになる。
味噌風味の雑煮は初めて食べたが、今後の定番にしてもいいかもしれない。

まだまだ麦味噌はたくさんあるので、別の料理にも挑戦してみたい。

2024/3/9

メカジキのバターソテー サルサ仕立て。バター香る旨味濃厚メカジキにピリ辛で酸味きいたトマトソース

メカジキ、それはカジキマグロ(※マグロではない)とも呼ばれる、バショウカジキ目メカジキ科に分類されるカジキの一種のこと。 その突出した槍のように長い上顎(吻)が特徴的で、その見た目通りに獰猛で船舶やクジラなどの大型魚にも突進するほど。 味はマカジキには劣るが、身がしっかりしているため煮付けやフライ、ムニエルなどの料理に重宝される。 カジキといえばバターソテーが旨い。 そう言われて最初に頭に浮かぶのが、バターをスプーンですくいながら炒める光景、バターソテーはオイリーで旨味が引き立ち美味しい。 今回はそんなメ ...

ReadMore

2024/3/11

須永水産監修『ばちまぐろ切り落とし』。氷水解凍法を試したら刺身が旨すぎた

栃木県小山市にある「餃子番長小山支店」で販売中の、須永水産監修『ばちまぐろ切り落とし』。 館林市生まれの餃子番長が、地元館林市の須永水産とのコラボにより、専門店が監修のもと、超低温冷凍庫で仕込み後に真空で即冷凍したという鮮度抜群の一品。 そのまま解凍して食べるのもいいけれど、今回は「氷水解凍法」で解凍して食べてみた。 これが嫌なクセが全くなく、濃縮したマグロの旨みを堪能できる至高の解凍法だった。 そのまま食べるのもいいけど、今回は漬けマグロ丼にして食べてみた。 氷水解凍法でばちまぐろを解凍してみた 冷凍ま ...

ReadMore

2024/3/3

タコライス。沖縄ご当地グルメを手作りサルサとチリビーンズで作ってみた

タコライス。 沖縄県発祥のご当地ソウルフードで、県内いたるところで提供され地元民から観光客にも人気のグルメ。 白米の上にタコミートをのせ、サルサやチーズなどをかけて食べる料理で、タコスの「タコ」と「ライス」から命名された。 決してタコ飯のことではない。 沖縄県金武町きんちょうの新開地、米軍基地キャンプハンセン前にある飲食店街、そこにあった2015年6月29日に31年の営業に幕を閉じたパーラー千里。 タコライス誕生の1984年当時、海兵隊に安価でボリュームのある食事を味わってほしいということから、タコスの具 ...

ReadMore

2024/3/3

チリビーンズ。スパイシーな味がクセになる!アメリカ南部発祥のメキシコ風豆料理

チリビーンズを知っているだろうか? 挽肉と豆をトマトとともにチリスパイスで煮込んだ豆料理のこと。 アメリカ南部のテキサス州やニューメキシコなどが発祥のテクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)。 トマト風味のピリ辛スパイシーな味わいが、そのまま食べたりトルティーヤで挟んで食べたり、ハンバーガーやホットドッグの具材や、なんだったらパスタやご飯に合わせることもできる。 チリコンカンとチリビーンズの違いについて話題になることがある。 両者は非常に似ているが、前者は唐辛子を使った肉などの具材が入った唐辛子料理な ...

ReadMore

2024/3/3

サルサがあればなんでもできる!?メキシカンサルサドッグ

ホットドッグ、それは縦長のパン「ドッグロール」に切れ目を入れ、ソーセージや野菜をサンドした料理の総称。 起源はドイツの『フランクフルター』とされ、フランクフルトで生まれた『フランクフルトソーセージ』をパンに挟んで食べるのが始まりとされる。 のちに1847年にドイツのコーブルグにある、食肉業者ヨハン・ゲオルク・ホヘーナーが発案したソーセージ料理であると公表される。 ※諸説あるが 19世紀、ドイツからアメリカへの移民達によってアメリカへ伝えられたのがキッカケとなり、現在アメリカを代表する料理のひとつとなった。 ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-和食・寿司, 料理してみた, 料理レシピ, 食レポ
-, ,

PAGE TOP