料理してみた 料理レシピ

豚肩ロースの低温チャーシュー。バーミキュラライスポットで低温調理してみた

低温調理といえば一度はやってみたい『低温チャーシュー』。
世の中には低温調理器なる便利アイテムもあって、完全に市民権を得ている昨今。

豚肉は芯温63℃で30分加熱しないと食中毒の危険性があったりと、十分熟知したうえで適切な装備を使って調理する必要がある。
なかなか気軽にできるものではないので、これまで敬遠してきたが、なにやらバーミキュラライスポットでも作れるというではないか。
これはやるしかないでしょう。

ということでさっそく『低温チャーシュー』を作ってみた。

※安全マージンを設けて調理している
※知識なく豚肉の低温調理を行うのはダメ、ゼッタイ。



低温自家製チャーシュー

低温調理されたチャーシューがトッピングされたラーメン、レアチャー丼など一度は作ってみたいと思っていた。

肉で一番旨い部位といえば赤身、熱を加えすぎると縮んで硬くなってしまうため最適な熱量を加えることでベストな美味しさに仕上げることができる。
豚肉を美味しく調理するには「スローアンドスロー」、ようは低温でゆっくりと熱を加えることで柔らかくジューシーに仕上がる。
低温調理はまさに豚肉を美味しくする最適な調理法といえる。

とはいえ、豚肉は中心部の温度を63℃以上で30分以上加熱しないと、食中毒などの危険性がある食材だ。
逆に80℃以上の熱を加えると硬くなる特性をもっている。
こういった基本を学ばずに、映えるからと真っ赤なレアチャーシューをアップしている画像なんかを見ると恐ろしくなる。

今回はそれを踏まえて、安全マージンを確保したうえで作ってみることにした。

レシピ

用意した材料はこんな感じ。

レシピ

  • 豚肩ロースブロック 300g

漬けダレ用

  • 水 100ml
  • 醤油 300ml
  • みりん 100ml
  • 酒 50ml
  • ニンニク 1欠
  • ショウガ 1欠
  • ネギの青いところ 1本分
    ※今回は冷凍庫のストック処分に白い部分を使用
  • 鷹の爪 1本分

手順

さっそく作ってみよう。

手順

  1. 鍋に水、醤油、みりん、酒を加えて沸騰させる
  2. 鍋にスライスしたニンニク、ショウガとネギ、刻んだ鷹の爪を加えてひと煮立ち
  3. 豚肉が煮崩れしないようにタコ糸で縛っておく
  4. ジップロックに豚肉と漬けダレを入れて冷蔵庫で1日寝かせる
  5. ライスポットに2リットルの水を加えて68℃に保温
  6. チャーシューをそのまま加えて68℃保温で120分
  7. 粗熱を取ったら完成

まずは鍋に水(100ml)、醤油(300ml)、みりん(100ml)、酒(50ml)を合わせて沸騰させる。

スライスしたニンニクと生姜、ネギ、刻んだ鷹の爪を加えてひと煮立ち。

豚肉を成形と型崩れを防ぐためタコ糸で縛る。

ジップロックに漬けダレと豚肉を入れ、しっかり脱気。
この状態で冷蔵庫で1日寝かせる。

寝かせたのがこれ。
随分と肉になじんだ感がある。

ライスポットに水2リットルを加えて68℃に設定し保温する。
温度に達すると「ピピッ」という音が鳴る。
※およそ5分ほど

チャーシューを袋ごと加え、フタをして120分保温する。

粗熱がとれるまで放置。

内部の肉汁が落ち着いて食べごろ。
本来ならこれで完成だが、あえて1日冷蔵庫で寝かす。

一晩寝かせてから取り出したのがこれだ。

タコ糸を切ったらさっそくカットしてみよう。

なかなかいい感じに仕上がっているじゃないか。
あえて寝かせ時間を増やしたので、想定していた通りのタレ染み加減だ。

レアチャー丼作ってみた

漬けダレを鍋で1/2くらいになるまで煮詰めておく。

ご飯の上にレアチャーシューを敷き詰め、刻みネギをトッピング。
最後に煮詰めたタレをかければ完成だ。

この肉厚にカットしたチャーシューをふんだんにトッピングした、自作だからこそできる贅沢仕様。

さっそく食べてみよう。

弾力ある噛み応えに肉感満点、噛むほどに肉の旨味があふれだす。
生姜きいた醤油ダレの風味が肉の旨味と合わさるこの味、ご飯が無限に食える系のやつだ。

ネギの風味が抜群にマッチして、旨味をさらに引き立てる。
ちなみにちゃんと味が染みているので、そのまま食べても全然いける。

最後に

バーミキュラライスポットで低温チャーシュー作ってみた。

設定温度を少し高めにして作ったが、火が通りすぎることもなくちょうどいい仕上がりだった。
ライスポットを使えば結構簡単に作れるので、気になる人は試してみてはいかがだろうか?

くれぐれも、低温調理の危険性を熟知してから試してほしい。

2024/2/27

Taco Tuesday!!火曜はタコスの日。メキシコ料理タコスが旨すぎて無限に食える!!

Taco Tuesday!! 火曜はタコスの日!! タコスといえば、メキシコを代表する料理に数えられる魅惑のグルメ。 トウモロコシの粉を使用したトルティーヤに、肉や野菜などの様々な具材やサルサを包んで食べる国民食だ。 とにかく具材が豊富で、豚肉から牛肉、羊肉にヤギ肉、白身魚などメインの具材だけでも豊富にあり、さらに使用されるサルサ(ソース)もチリベースやワカモレなどのアボカドベースなどたくさんある。 組み合わせ次第で無限のタコスが存在する。 メキシコ発祥で紀元前500年前から作られていたという。 本場メキ ...

ReadMore

2024/2/27

サルサ・ロハ。メキシコ料理に欠かせない!!トマトの酸味とピリッと辛さが後引くサルサ

サルサを知っているだろうか? メキシコ料理では欠かせないサルサ、スペイン語で「ソース」を意味する。 サルサと一口に言っても、実は具材によりたくさんの名称が存在する。 先日つくったワカモレもアボカドのサルサ。 日本では一般的にはサルサソースと呼ばれるが、直訳すると訳わからないことになる。 トマトをベースに唐辛子やスパイスを加えた『サルサ・ロハ(赤いサルサ)』が、日本人には馴染み深いサルサソース。 基本的にはカットして和えるだけなのでとても簡単。 今回はそんな『サルサ・ロハ』を作ってみた。 サルサ・ロハ 用意 ...

ReadMore

2024/2/25

【メキシコ料理】チリコンカン。ピリ辛スパイシーがたまらない。節分豆アレンジで作ってみた

チリコンカンを知っているだろうか? スペイン語では肉入りトウガラシを意味し、メキシコ北部から南部アメリカが発祥の挽肉と玉ねぎを炒め、豆やトマトにスパイスを合わせて煮込んだメキシコ料理。 19世紀半ばにメキシコより独立し、アメリカに併合されたテキサス州が本当の起源だとか、メキシコのエンセナーダが起源だとか諸説ある。 トルティーヤなどにチーズやサルサなどと一緒に挟んで食べるのが定番だ。 ちなみにアメリカではテクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)と呼ばれ、代表的な料理のひとつとされている。 今回はメキシコ ...

ReadMore

2024/2/25

節分の炒り豆アレンジ。これでアレンジの幅が増える!!大豆の水煮作ってみた

2月3日は節分の日。 食べ物を粗末にしてはいけないけれど、節分という免罪符により大手を振って食べ物を投げることができる。 日本古来よりの独特の風習のひとつだ。 限られたシーズンに販売される節分仕様の炒り豆。 シーズンが終わると需要が薄れ、大量に残る節分の炒り豆、あれの行く末はどうなっているのだろうか? 節分仕様のデザインさえなければ、通年販売も可能だが、さすがにあの仕様ではそうもいかない。 賞味期限が切れたら廃棄されるのか、はたまた動物の飼料として有効活用されるのか? SDGsが叫ばれる昨今、それってどう ...

ReadMore

2024/2/24

メキシコ料理に外せない!!ワカモレ。簡単混ぜるだけ濃厚クリーミーなアボカドソース

ワカモレを知っているだろうか? スペイン語でアボカドソースを意味し、メキシコの先住民族言葉のひとつナワトル語のAhuacatl(アボカド)+molli(ソース)を語源とする。 大航海時代の16世紀初頭にスペイン人による新大陸発見の際、すでにメキシコで食されていた伝統的な料理のひとつ。 高い栄養価もさることながら、アボカドの生産が世界一のメキシコだからこそ生まれたと言っても過言ではない。 粗く潰したアボカドにみじん切りの玉ねぎやトマト、コリアンダー、青唐辛子を混ぜ合わせ、レモン汁や塩で味付けしたのが一般的だ ...

ReadMore

2024/2/23

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁リメイク

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁を再利用したら旨すぎた 炊き込みご飯、醤油の芳ばしい香り、素材の旨味染みたご飯を具材とともに味わう。 日本が産んだ究極のご飯料理のひとつ。 古くは奈良時代に遡り(諸説あり)、当時、米不足を補うために粟や麦などの穀物や硬果類を加えて食べていた『糅めし かてめし』が始まりだとされる。 その後、食が豊かになった江戸時代中期以降には季節の具材を初めとした様々な具材を使用した炊き込みご飯が誕生。 現在も地域の特色を生かした郷土料理としての炊き込みご飯が全国に存在する ...

ReadMore

2024/2/22

自家製ガーリックオイル。料理にプラスすると一味違う万能調味料

パスタやピザに加えたり、サラダなどにかけるだけで料理のおいしさがアップする万能調味料『ガーリックオイル(ニンニクオイル)』。 細かく刻んだニンニクをオイルに加え、風味を移すだけの簡単だけど、切り方や使うオイルでまったく別の姿を見せる。 簡単そうで奥が深い調味料。 古くは古代エジプト時代からから食べられていたニンニク、栄養価が高く体力の維持に重宝されていた。 またニンニク含まれる主成分「アリシン」は強い殺菌作用があることから保存食に利用されるだけでなく、免疫力の増強やガン予防にも効果が期待される。 さらにア ...

ReadMore

2024/2/22

Caesar's Place(シーザーズ・プレイス)のシーザーサラダ。濃厚な旨味とコク深いドレッシングが上品でシーザーサラダの概念変わる

Caesar's Place(シーザーズ・プレイス)のシーザーサラダ。
濃厚な旨味とコク深いドレッシングが上品でシーザーサラダの概念変わる。
シャキシャキレタスに濃厚ドレッシングが後を引く。
ライムがガツンと効いていて実にメキシコらしいじゃないか。
#シーザーサラダ
#シーザーズプレイス
#料理

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ
-,