ファーストフード 食レポ

【吉野家】牛すき鍋膳。甘辛特製すきやきのタレきいた食べ応え満点な牛肉がたまらない

吉野家の冬の定番「牛すき鍋膳」が今年も登場だ。

アツアツの鍋で特製すきやきのたれで煮込まれた大判な牛肉、1/2日分の野菜たっぷり食べ応え満点な一品。
2013年に初登場以来、毎年冬シーズンになると帰ってくる大人気メニューのひとつ。

甘辛なタレが染みた具材にご飯を食べる手が止まらない、このやみつきになる味わい。
溶いた卵を絡めて食べると、旨味甘味が引き立ちより一層ご飯がすすむ。

今回はそんな『牛すき鍋膳』を食べてみた。

牛すき鍋膳

出典:吉野家

牛すき鍋膳は、2013年に初登場の毎年冬シーズンの定番メニューが今年2022年は10月20日より発売開始。
特製のすきやきのたれで煮込まれた大判の牛肉は食べ応え満点で、たっぷりの野菜は1日に必要な野菜の1/2が摂取できるというボリューム感。

しかもご飯大盛、おかわり無料というサプライズ付きだ。
※実施店舗に限る
がっつり食べたい人には肉2倍盛のカスタマイズも可能。

ラインナップ

牛すき鍋膳 並盛(986kcal) 698円
      大盛(1091kcal) 798円
牛すき鍋(単品) 並盛(613kcal) 598円
        大盛(718kcal) 698円
肉2倍盛(3141kcal) +298円

牛鍋ファミリーパック 三人前(1117kcal) 898円
           四人前(1489kcal) 1,098円
※税別

牛すき鍋膳+肉2倍盛+ご飯大盛

今年初の牛すきは、『牛すき鍋膳+肉2倍盛+ご飯大盛』。

固形燃料が常時熱しつづける鍋からアツアツの湯気が立ちこめる。

さすがは肉2倍盛り、特製すきやきのたれで煮込んだ大判な牛肉がたっぷり。
白菜、人参、ネギ、豆苗と1日の1/2分の野菜、絹豆腐。きしめん具沢山。

おかわりは麺道なので、最初から全力の大盛ご飯に生卵、漬物付きだ。

せっかくの肉2倍盛り、ここは贅沢にいこうじゃないか。

大判の牛肉を溶いた卵に絡め、オンザライスからのいただきます。

口いっぱい贅沢に頬張ると肉の旨味があふれ出す。
特製すきやきのたれの甘辛な味わいが肉の旨味を引き立てる。

すかさずご飯をかっこむ。
ご飯を食べる手が止まらない。

シャキシャキの白菜、豆苗の風味のアクセントが絶妙。
常時煮込まれているので、野菜の味染み感も良い。

後半になるほどにタレが煮詰まって、濃厚な味わいに進化して食べるほどに旨くなる。
十分染み染みになったきしめんも最高。

最後に残ったタレに追加のご飯を投入したい衝動にかられたが、さすがに朝からこれは罪悪感ありすぎるので我慢。

最後に

吉野家冬の定番メニュー『牛すき鍋膳』食べてみた。
毎年何度食べても飽きないこの旨さ、常時煮込まれる鍋だからこそのこの味わい。

新メニュー『牛すき丼』も登場したので、機会があったら挑戦してみたいと思う。
冬の定番『牛すき鍋膳』、是非一度味わってみてほしい。

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-ファーストフード, 食レポ
-,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.