食レポ 駄菓子・スナック菓子

ローソンの『味のしない?飴』。不思議な感覚に遭遇する罪悪感皆無の飴

ローソンより2022年10月25日、なんとも不思議な商品「味のしない?飴」が発売開始された。
「テスト販売中」の肩書のもとで販売される7商品のうちのひとつで、おなじみのカンロが手掛けた商品。

さまざなのフレーバーの飴を販売するカンロが、長年飴に向き合い続けた結果最終的にたどり着いたのが、カンロ史上最も味がしない飴。
甘くて香り高い飴に慣れてきた人類に、あまりも速すぎたのではないかとすら思える不思議なフレーバー。

さっそくその味?をあじわってみることにした。



カンロ 味のしない?飴

それは2022年10月25日のこと、何気なくローソンに立ち寄ると、簡素な作りのパッケージに「テスト販売中」の文字が刻印された複数の商品が並ぶ。
簡素であるにも関わらず、そのあまりの存在感におもわず手をのばしてしまった。

これが今話題の「カンロ 味のしない?飴」だ。
謎の鳥と思しきキャラクターが、シュールで逆に愛着がわいてくる。

データ

カンロ 味のしない?飴
発売日 2022年10月25日
販売 ローソン
価格 189円
内容量 24g
熱量 3.1kcal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 3.36g
食塩相当量 0g
※一粒3.4gあたり

カンロ史上最も味がしない飴。
あまりに長い年月もの間、飴に向きあってきたカンロだからこそたどり着いたのか、はたまた考えすぎて未来に行き過ぎてしまったのかはわからないが、味や香りがしない飴を作ってしまったようだ。

味がしなくて香りがしないからこそ、これまで飴を避けてきた人にも好まれそうなこの一品。
こんな人に向けてテスト販売を行っているそうだ。

・甘いものが苦手な人
・口寂しいけど、雨は糖類気になって舐めたくない
・香りを気にせずに口の中を潤したい

かくいう自分も、飴はあまり好きではない。
これは新たな可能性を感じさせる一品だ。

さっそく開封すると、これまた簡素な八ケージに個包装された飴が姿を現す。

中には白く濁った半透明の飴が入っている。

いつもなら甘ったるい香りがするところだが、一切なにも香らない。
さっそく味わってみれば、味がしないというわけではなくほんのり甘味がきいている。

ほんとにほんのりなので、舐めててクドく感じることもない。
そして極端につるりとした口当たりは、なるほどビー玉を口に含んでいるかのような錯覚に陥る人がいてもおかしくはない。
口の中はうるおいに満たされ、甘味にクドさが皆無だし、べたつき感も強くなく後味もすっきりしている。

最後に

ローソンで2022年10月25日より発売のテスト販売中シリーズの『カンロ 味がしない?飴』を舐めてみた。

味も匂いもしない飴というのが、これほどまでに不思議な気分になるものだとは思いもしなかった。
飴を舐める人のコンディション次第では、甘さを感じず無味無臭に感じることもあるかもしれない。

まるでビー玉を口に含んでいるかのようとは言い得て妙。

甘さを気にすることなく罪悪感もないので、口の中を潤したい時の選択肢のひとつとして最適。
テスト販売後に全7種類から投票が行われ、製品化されるとのことなので気に入った人は是非投票してはいかがだろうか?

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-食レポ, 駄菓子・スナック菓子
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.