ラーメン 激辛ハンター 茨城のラーメン 食レポ

【茨城結城】らぁめんみそ神のみそまぜそば辛さ3倍。裏カスタマイズ辛さマシはガチ辛やばし

茨城県結城市にある「らぁめんみそ神」に気になるメニューがある。
メニュー表に載っていない裏メニュー『みそまぜそば』だ。

しかもさらに裏カスタマイズで辛さマシというオプションも存在するという。
最大3倍まで辛さマシしたみそまぜそばをSNSで見かけ、これは是非ともどんな味なのが挑戦してみたい。

ということで居ても立っても居られないとばかりにさっそく行ってみた。



みそまぜそば辛さ3倍+唐揚げセット

そんなわけで今回チョイスしたのは、みそまぜそば(並)と唐揚げセット。

みそまぜそば(並) 880円
辛さ3倍 400円
唐揚げセット 400円

みそまぜそばは並と大盛が選択可能で、辛さは最大で3倍までカスタマイズが可能。

これが裏メニューのみそまぜそば。

刻みタマネギ、角切りチャーシュー、小ネギ、メンマ、キクラゲ、野菜炒め、揚げ麺、生卵がトッピングされ、アクセントに白ごまが振られている。

さらに味変アイテムとして辛肉味噌がついてくる。

なかなかの贅沢仕様だ。

唐揚げセットは、刻みネギたっぷりの甘辛餡がかけられた唐揚げ3個にご飯のセット。

みそ神こだわりの激辛アイテム

この辛さマシ、ちょっと油断していたが1個がディッシャー1杯分くらいの量がある。
それが3個である。
もうすでにヤバイ予感しかしない。

自家製のこだわりの辛さだけを際立たせる辛さマシアイテムだ。

なんと2辛で中本の北極並の辛さだという。
それを3個とまさに未知の領域。

メニューにない知ってる人だけ利用できる裏トッピング

みそまぜそば食べてみた

さっそくみそまぜそばノーマルからいただこう。

もっちりコシのある麺に絡むタレは、ダシの旨味とほんのり甘みあるコク旨な後を引く美味さ。
野菜炒めはモヤシやキャベツ、タマネギ、ニンジンなど豊富でそれ単体でもかなりいける。

メンマやキクラゲのコリコリ感がまたいいアクセントになっている。

続いて辛肉味噌を混ぜ合わせてみよう。

これまた美味い。
甘辛な味付けで、後からピリッとした辛みとシビレ感がやってくる。
コクがあって後を引く美味さだ。

このまま食べた方がいいんじゃないかとすら思う美味さだが、やはりここで逃げては男が廃る。



3辛から別次元になる

勇気を振り絞って、まずは1辛から挑戦。

一気に色味がやばくなってきた。

豆板醤のコク感にキレのある唐辛子の辛さはひとくちめからピリッとした刺激が襲ってくる。
ほんのりビター感もきいていて複雑な味わいで味にも深みが増している。

ここまでは全然余裕だ。

続いて2辛に挑戦。

粉系なので水分を吸って若干粘度が増してきた。
だが、まだタレの水分は残っているのでベースの風味もちゃんと生きている。

唐辛子のビター感が強くなってきたが、まだ辛さ自体は大したことはない。
ピリッとした辛みがクセになる美味さだ。

そしてトドメの3辛。

色見はそこまで変化したようには見えないが、混ぜれば混ぜる程に水分を吸収し一気にペースト状に変化する。
こうなってくるともう麺との絡み加減は尋常ではなく、辛さがダイレクトに刺激してくるようになる。

さきほどまでの2辛と比べると辛さのレベルが別次元だ。
さすがにここまでくると豆板醤の風味が際立ち塩辛い味になってくる。

辛みと塩辛い味の相乗効果で攻撃力が数段跳ね上がる。
辛肉味噌を入れた時のあの味が懐かしい。

でもこの辛い麺、ご飯のおかずにちょうどいい。

たしかにとんでもなく辛い。
でもこれまで経験した本当にヤバかった辛さに比べたらまだ序の口。
まだご飯のおかずにして美味しいとか言っていられる余裕がある。

と思ったのもつかの間。
食べ進めるほどに器の底にペーストが溜まり、それが麺や具材にこれでもかという位に絡みついてくる。
ここまでくるともうペーストを食べているかのようだ。

〆にご飯入れて余ったタレを食べようとか考えていたのにとんでもない。
これは食べちゃダメなやつだとカラダが訴えてくる。

唐揚げが清涼剤

時折かぶりつく唐揚げが甘タレがきいていて辛さに支配されていた口の中が生き返るようだ。

衣サクサクでジューシーで美味い。
これはご飯がススム。

マヨをつけてチキン南蛮風に食べても美味い。
そしてなによりボリューム満点で食べごたえ抜群。

最後に

らぁめんみそ神の裏メニュー『みそまぜそば』を裏カスタマイズの『3辛』で食べてみた。

かつて辛さを追い求めて自作辛味ペーストを作った事があったが、それの比ではないガチの辛さだった。
これまで食べたガチで辛いものに比べたら、まだ口に含んでいる間だけ辛いと感じる程度なのでまだ余裕ではあるが、辛さ耐性が下がった今となってはこれでも十分ヤバイ。

そして終盤になると、完全にスープを吸収した辛ペーストが大量に残る。
それがまた麺にこれでもかと絡んでくるのでヤバイ。

最後は食べ過ぎで満腹で苦しいのか辛さで苦しいのかわけわからなくなってくる。
昔だったら〆にご飯投入してこのペーストごと食べてしまったかもしれない、だが今はそれは無理だ。
残念ながら〆のご飯投入は諦めてごちそうさま。

らぁめんみそ神の裏カスタマイズ辛さマシ、最大3辛は別次元になるのでもし試したいなら1辛は2辛程度で我慢することをおすすめする。
※自己責任で

お店詳細

らぁめんみそ神
住所 茨城県結城市下リ松6-7-25
TEL 0296-33-0307
営業時間 11:00~15:00/17:00~22:00
     ※LO各30分前
定休日 月曜(祭日の場合翌日)

 


2024/2/17

たけはる十八番。栃木県佐野市の青竹手打ち麺と名物手作り餃子のラーメン店

栃木県佐野市にある「たけはる十八番」。 佐野ラーメン定番の青竹手打ち麺と名物の手作り餃子が人気のラーメン店で、佐野市ではめずらしいG系盛りな佐野ラーメンが味わえる。 なかでも餃子は創業より30年以上ものあいだお店を支えてきた自慢の一品だ。 今回はそんな、たけはる十八番に行ってみた。 たけはる十八番 今回訪問したのは栃木県佐野市富岡町、県道67号(旧50号線)沿い工業団地のある地帯の一画に店を構えるたけはる十八番。 定番の青竹手打ち麺を使用した佐野ラーメン、名物の手作り餃子が人気のラーメン店。 佐野市ではめ ...

ReadMore

2024/2/5

一風堂の看板メニューがリニューアルされていた!!極・赤丸新味食べてみた

一風堂の看板メニュー『白丸元味』『赤丸新味』『からか麺』の3品が、創業38周年を記念する2023年10月16日より8年ぶりに大幅リニューアルされた。 麺の太さやトッピングのチャーシューの変更、さらにはトッピング控えめの「シンプル」・見た目も美しい「極」・トッピングがボリューミーな「バリ盛」など選択肢も増えた。 その中のひとつ『赤丸新味』はベースのそのままに、麺が切刃20番の中細ストレート麺に変更され小麦風味が豊かななった。 またチャーシューもバラ&肩チャーシューから一枚肉のバラチャーシューへと変更 ...

ReadMore

2024/1/31

頑者本店。埼玉県川越市の王道の濃厚魚介豚骨つけ麺の火付け役の名店

埼玉県川越市にある頑者がんじゃ本店。 つけ麺ブームの火付け役の一つに数えられる名店。 豚骨ベースに節や煮干しなどの魚介の旨みを合わせた濃厚なスープに魚粉、極太麺という王道スタイルを世に広めた発祥店。 今回はそんな頑者の本店に行ってみた。 頑者本店 今回訪問したのは埼玉県川越市、西武新宿線本川越駅より徒歩2分にある頑者本店。 2000年10月オープンの頑者本店。 始まりは1993年に創業した川越市月吉町ので5坪7席小さなお店「ガンジャ」で、当時はラーメンを主体として営業されていた。 2000年につけ麺を主体 ...

ReadMore

2024/1/25

めんや天夢の限定 ヤバニボときそばのめんつゆが上手に合いましたラーメン

栃木県栃木市の煮干しの聖地「めんや天夢」でヤバい一杯が爆誕。 その名は『ヤバニボときそばのめんつゆが上手に合いましたラーメン』。 めんや天夢のヤバニボスープになかざわ製麺のきそばのつゆを合わせるという、ありそうで誰もやらなかった禁断の一杯。 三大うま味が絡み合う複雑な旨味に深いコク感、甘い余韻が完飲を誘う。 似たような味覚の好みを持つ人なら確実に刺さる一杯。 今回はそんな一杯を味わいに、めんや天夢に行ってみた。 めんや天夢の限定 ヤバニボときそばのめんつゆが上手に合いましたラーメン 今回訪問したのは、栃木 ...

ReadMore

2024/1/16

匠屋。栃木県佐野市の手打ちラーメンと餃子が人気の佐野ラーメン店

栃木県佐野市にある匠屋。 手打ちラーメンと餃子が人気の佐野ラーメン店。 佐野ラーメンの老舗池田屋で修行した店主が、その技術を生かしてつくる一杯が味わえる。 定番ラーメンもいいが、お店のおすすめは『わかめラーメン』だそう。 今回はそんな匠屋に行ってみた。 匠屋 今回訪問したのは栃木県佐野市吉水駅前、東武佐野線吉水駅より徒歩9分にある匠屋。 道の駅どまんなかたぬまの向かい、県道16号「佐野田沼線」沿いにある佐野ラーメン店。 かつては佐野市赤見に店を構えていたが、2010年8月5日に現在の場所に移転し新装オープ ...

ReadMore

2024/1/14

朝日が昇る屋。栃木県佐野市の深夜から食べられる人気佐野ラーメン店※現在は昼から営業

栃木県佐野市にある朝日が昇る屋。 店名が非常に特徴的な佐野ラーメン店。 いわゆる田村屋系のこのお店、深夜から早朝朝日が昇る時間帯まで営業する佐野ラーメン店として人気のお店だ。 営業スタイル的に客層が限られてしまうのもあって現在は昼からの営業に時間帯が変わり、幅広いお客が訪問できるようになり、より一層人気が高まっている。 今回はそんな朝日が昇る屋に行ってみた。 朝日が昇る屋 今回訪問したのは栃木県佐野市堀米町、両毛線佐野駅より徒歩21分、東産業道路沿いにある朝日か昇る屋。 非常に味のある外観。 夜中にこのお ...

ReadMore

2024/1/11

池田屋。栃木県佐野市の地元民に人気の佐野ラーメン店

栃木県佐野市にある池田屋。 地元民に人気の佐野ラーメン店。 佐野ラーメンといえば、独特の形状とツルツルとして柔らかさともっちりコシのある食感の混在するピロピロ麺が特徴的だが、それと対極をなす柔らかさを特徴としたピロピロ特化の佐野ラーメンが味わえるお店がある。 池田屋は、どちらかといえば後者の部類に含まれるお店。 人気の餃子はお持ち帰りする人も多い。 今回はそんな池田屋に行ってみた。 池田屋 今回訪問したのは栃木県佐野市石塚町、東武佐野線田沼駅より2.8km、国道293号線沿いにある池田屋。 オレンジ色の外 ...

ReadMore

2024/1/8

【栃木佐野】麺屋ようすけ堀米店 限定塩ラーメン。ラーメンWalkerキッチン出店の一杯

栃木県佐野市の麺屋ようすけ堀米店。 埼玉所沢にある、日本全国の人気ラーメン店が週替わりで出店するラーメンWalkerキッチン出店時に提供され、とても好評だったメニュー『限定塩ラーメン』が麺屋ようすけ堀米店にて提供中だ。 羅臼昆布に伊吹いりこ、背脂を合わせた極上の一品。 本店コンセプトの豚、佐野新都市店の煮干し、堀米店の鶏といった、まさに麺屋ようすけのすべてを合わせたようなスペシャルな一杯。 今回はそんな『限定塩ラーメン』を味わいに麺屋ようすけ堀米店に行ってみた。 麺屋ようすけ堀米店『限定塩ラーメン』 今回 ...

ReadMore

2024/1/4

めんや天夢のヤバニボ山椒。栃木県栃木市の煮干しの聖地で煮干初め

栃木県栃木市にある「めんや天夢」。 言わずも知れた煮干し系を専門とするラーメン店。 重度ニボラー向けな一杯が味わえると、県内外問わずお客がやってくる人気店。 もちろん一般向けなライト系もあるので安心して欲しい。 2024年最初の煮干しラーメン、煮干初めにぼぞめに栃木県発の煮干しの聖地として名高い「めんや天夢」に行ってみた。 めんや天夢 今回訪問したのは栃木県栃木市沼和田町、JR栃木駅南口より徒歩5分(350m)にある「めんや天夢」。 栃木県発の煮干しの聖地して県内外問わず名の知れた煮干しラーメン専門店。 ...

ReadMore

2024/1/3

YOKOKURA STOREHOUSE(ヨコクラストアハウス)で2024年ラー初め。栃木県小山市で至高の昆布水つけ麺を堪能する

栃木県小山市の超人気店YOKOKURA STOREHOUSE(ヨコクラストアハウス)。 北関東、いや全国でも指折りのつけ麺が人気の行列のできるラーメン店。 名物は『昆布水つけ麺』で、美しい麺線が特徴的で、濃厚な昆布水まとった麺がたまらなく旨い。 今回はそんなYOKOKURA STOREHOUSE(ヨコクラストアハウス)に2024年新年、今年のラー初めに行ってみた。 ヨコクラストアハウスでラー初め 今回訪問したのは栃木県小山市横倉、小山駅東口より4.8km、小山環状線沿いにあるYOKOKURA STOREH ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-ラーメン, 激辛ハンター, 茨城のラーメン, 食レポ
-, , ,