ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

めんや天夢のにぼG納め。今年最後かもしれないにぼG&岩下の新生姜

今年もあとわずか。
めんや天夢の今年最後かもしれないグレーなG系にぼG&岩下の新生姜トッピングを食べ納めに行ってみた。

灰色の悪魔のごときスープは食す人を魅了して止まない、豚と煮干しの織り成す究極のG系、それがにぼG。
そこにキュートなピンク色した岩下の新生姜をトッピングしたらもう箸が止まらない。

今回は、そんなにぼG&岩下の新生姜な一杯を堪能しよう。



目次(タップできる)

めんや天夢のにぼG

そんなわけで、本日は2019年ラストかもしれない、めんや天夢のグレーなG系「にぽG」を食べにやってきた。
なんと年末通し営業でのぶっ通し250杯提供らしい。

色々なカスタマイズ方法があり、これまでより女性でも食べやすさが増したにぽG。
そんな詳しいカスタマイ方法は今回は省略するので、下記の記事でも参考にしてほしい。


【栃木県栃木市】めんや天夢の並び方やメニューお店情報まとめ

続きを見る

今回チョイスしたのはにぼG中(麺量300g)。

にぼG中 950円

さらににぼし粉、たまねぎみじん切り。
そして岩下の新生姜をトリプルトッピング。
新生姜がいつもはカットしているが、1本丸のままなのでかじり放題だ。

岩下の新生姜は食券と一緒に現金100円

無料トッピングはニンニクアブラをチョイス。

おっきななっちゃん盛りは、岩下の新生姜とピンクのチャーシューが相変わらずの映え感ハンパない。
そんな映えるチャーシューをめくると、おっきななっちゃんのサプライズ的にデカい端肉が隠れていた。

分厚くて大ぶりなレアチャーに、ゴロッと大きな端肉。
なんという凶悪さでしょう。

でもこれがしっとり柔らか、あっさりながらも噛むほどに肉の旨味があふれる無限に食べられそうなヤバいやつなのは言うまでもない。
今回は売り切れになったいたので、追加できなくて残念だ。

豚マシマシマシ
【栃木市】めんや天夢のニボGの日。至高のグレーなG系を堪能する

続きを見る

まずはスープからいただこう。

動物系のコク感に煮干しの風味がしっかり効いた味わい深いスープ。
いつもより煮干し感がしっかりで、それでいてすっきりとした感じ。

さらににぼし粉を混ぜれば、にぼし感際立ち、ほのかな苦味でスープの深みが増す。

そしてお待ちかねの麺。

コシ強、ゴワ系の食べごたえ抜群な太麺。
スープの存在感に負けないほどの力強い旨味のある麺だ。

そしてこの麺をほおばりつつ、時折新生姜にかぶりつくとピリッとした辛みと酸味、塩気が相性抜群。
手持ちがなかったのでやらなかったが、なんだったらどんぶり1周するくらい追加してもよかったな。

新生姜祭りだったらしいので(誤発注ともいうが)

濃厚な味を堪能しつつ、天地がえしで野菜を沈めると、後半はセルフ味ウスメになってすっきりと食べられる。

最後に

今年も沢山の煮干し愛を補給したものだ。
最高のニボ納め(仮)で締めくくることができてよかった。

来年はどんなニボ年になるのか、今から楽しみだ。

お店詳細

めんや天夢
住所 栃木県栃木市沼和田町11-20
TEL 不明
営業時間 11:30~14:30(LO)/17:30~20:30(LO)
定休日 日・月曜の夜、木・金・第一日曜終日
駐車場 40台

 

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,

PAGE TOP