料理してみた 料理レシピ

【豆乳レシピ】夏野菜たっぷり豆乳クリーミートマトスープ。野菜の旨味と豆乳のコクきいた冷たいスープ

これからの暑い夏、夏バテで食欲が落ちがち。
あっさりとした食べ物が欲しくなるけど、もう料理するのも結構面倒。

そんな時には、身体の熱も冷ましてくれる冷たいスープがおすすめ。
夏は野菜の美味しい季節、夏野菜たっぷりに豆乳を加えた冷製スープは、栄養満点だし豆乳のコクがきいていて美味しい。
なにより具材を作り置きしておけば手軽にさっと作れる。

今回はそんな豆乳と夏野菜を使った『夏野菜たっぷり豆乳クリーミートマトスープ』を作ってみた。



夏野菜たっぷり豆乳クリーミートマトスープ

今回作るのは、暑い夏に食欲を増進する美味しく栄養満点な『夏野菜たっぷり豆乳クリーミートマトスープ』。
用意する材料はこんな感じ。

レシピ

夏野菜のマリネ(作り置き用)
・トマト 1.5個
・パプリカ(赤) 1個
・きゅうり 1本
・大葉 3枚
・玉ねぎ 1/2個
・にんにく 1片
・オリーブオイル 大さじ4
・白ワインビネガー 大さじ2
・塩 小さじ1
・タバスコ 少々

スープ用
・豆乳 150ml
・塩コショウ 少々
・オリーブオイル 適量
・パセリ 適量

作り方

作り方はこんな感じ。
なお今回使用したのはSOIMILブレンダー。

【SOYMILブレンダー】できたて豆乳が自宅でいつでも気軽につくれる【PR】

続きを見る

手順

  1. 野菜を適度にカットにしておく
  2. 調味料と合わせて冷蔵庫で一晩寝かせる
  3. ブレンダーに豆乳と夏野菜のマリネを加えて撹拌
  4. 塩コショウで味を整える
  5. 皿に盛り付け、パセリを添えてオリーブオイルを回しかけたら完成

1.野菜を適度にカットしておく
トマト(1.5個)、パプリカ(1個)、きゅうり(1本)、大葉(3枚)、玉ねぎ(1/2個)、にんにく(1片)を適度にカットにする。

2.調味料を合わせて一晩寝かせる
カットした野菜にオリーブオイル(大さじ4)、白ワインビネガー(大さじ2)、塩(小さじ1)、タバスコ(少々)を加え、全体になじませたら冷蔵庫で一晩寝かせる。

こんな使い方も

そのまま使うのも想定するなら、あらかじめ荒みじんなどにカットしておくと使い勝手がいい。
夏野菜のマリネはそのまま食べてもいいし、塩コショウで味を調整して肉にソース的にかけたり、豆腐にのせるなど色々活用できる。

3.ブレンダーに豆乳と夏野菜のマリネを加えて撹拌

豆乳(150ml)、夏野菜のマリネ(MAXまでになる文良分量)を加えてスープボタンを押して撹拌。
※豆乳はあらかじめ作っておいた

4.仕上げ
塩コショウで味を整え冷蔵庫で一度冷やし、皿に盛り付けしたらパセリを添えてオリーブオイルを回しかけたら完成。

夏バテ気味でも全然いける

さっそく飲んでみよう。

口に含むとトマトなどの夏野菜やオリーブオイルの爽やかな香りが広がる。
濃厚クリーミーな口当たりで、野菜の旨味に酸味、豆乳のコクのある味わいに、ニンニクや大葉、黒胡椒のスパイシーなアクセントが絶妙。

食べごたえがありつつも、さっぱりとしていていくらでもいけそう。

最後に

夏野菜たっぷり豆乳クリーミートマトスープ作ってみた。

濃厚ながらさっぱりとした口当たりが、暑い夏、夏バテぎみで食欲が落ちた時にも食べやすい。
夏野菜のマリネを作り置きしておけば、さっと手軽に作れるし、それ自体が具材としても使えるのでおすすめだ。
※夏野菜のマリネは2~3日(状態による)で使い切るようにしよう。

【SOYMILブレンダー】できたて豆乳が自宅でいつでも気軽につくれる【PR】

続きを見る

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ
-,