ラーメン 茨城のラーメン 食レポ

【茨城筑西】麺彩こはね。茨城の革命児「活龍」出身の店主つくる至高の一杯

茨城県筑西市にある麺彩めんさいこはね。

茨城県に新風巻き起こす革命児の一端「活龍」出身の店主が営む新ジャンル系ラーメンをコンセプトとするラーメン店。
白醤油をベースとした麺の選べるラーメン、濃厚な鶏白湯や魚介系、昆布水つけ麺など秀逸な一品ぞろい。

今回オープンより1周年を迎えたということで、さっそく「麺彩こはね」に行ってみた。



麺彩こはね

今回訪問したのは茨城県筑西市二木成、下館駅より歩いて9分のところにある「麺彩こはね」。

茨城県に新風を巻き起こす革命的なラーメン店のひとつ「活龍」出身の店主が営むお店。
その遺伝子を受け継ぎ2022年7月7日に独立オープン、新ジャンルのラーメンをコンセプトとする。

おしゃれな雰囲気感じさせる外観は、女子でも気軽に入れそう。

白醤油をベースにした麺が選べるラーメン、濃厚鳥白湯に煮干系、さらには夜の部限定で昆布水つけ麵も提供する。

アクセス

アクセス詳細

住所 茨城県筑西市二木成1023 前田ビル1F

車 国道294号 常総バイパス「一本松」交差点より900m
電車 水戸線下館駅「南口」より750m(9分)

駐車場 共有13~21番

駐車時用は共有の13番から21番までが利用可能。
建物北側十字路付近のエリア。

店内

白を基調としたナチュラルテイストなおしゃれな店内。
店主含めた男性3名と女性2名体制。

店内入ると左手に券売機が設置されている。

詳細

  • 新500円硬貨使用不可
  • 1,000円紙幣まで対応
    両替希望はスタッフまで
  • 支払いは現金のみ

当然といえば当然だが「つくば製麺」の麺を使用しているようだ。
ちなみにつくば製麺は、つけ麺が人気の「活龍」と同じ天辺ダッシュカンパニー系列。
※天辺ダッシュカンパニーは製麺所からスタートした会社

右壁沿いにカウンター席が5席と厨房前に3席。
ホール中央と左壁沿いに4人掛けのテーブル席が2卓。

左奥にセルフの給水器が設置されている。

卓上調味料はレモンと生姜の酢、醤油、酢、ラー油、胡椒、一味。

麺彩こはねのメニュー

麺彩こはねのメニューはこんな感じ。
※2023年7月9日時点

タップ拡大可

利用方法

  1. 来店したらまず食券を購入
  2. 食券手渡し時に麺が選べるメニューの場合は選択する
  3. 待ちができている時は列に並び呼ばれるまで待機
  4. 席に案内されたらセルフで水を用意するなどして待機
  5. 食事を楽しむ
  6. 食後はティッシュはゴミ箱があるので捨てて帰ろう



麺彩こはね「1周年記念」に行ってみた

訪問したのは2023年7月9日10時50分ごろ。
この日は7月7日に1周年を迎え、記念イベントの開催中。

なんとラーメン無料券(※特製は除く)まであるではないか!!
ここはひとつ、いつものクジ運の悪さを発揮して、トッピング無料券をいただこうではないか。

クジ運「えっ!?」

77枚限定の1周年記念ステッカーもゲット。

冷製ぶっかけ純煮干し+特製トッピング

今回チョイスしたのは期間限定冷やしラーメンシリーズ第一弾『冷製ぶっかけ純煮干し』+特製トッピング。

数種の煮干しの冷製スープに味変のネバとろトッピングをぶっかけて味わう、夏にふさわしいさっぱりとした一杯。

豚バラ1枚、肩ロース1枚、穂先メンマ、岩海苔、水菜、玉ねぎ、紫キャベツがトッピング。
さらに特製トッピングで豚バラ1枚、肩ロース1枚、半玉追加。

味変のネバとろトッピングは、とろろ、めかぶ、鰹節入り。

まずはスープをひとくち。

煮干し感の強い芳醇で香ばしいかおりが鼻腔を突き抜ける。

煮干しの濃厚な旨味にビターかつほんのりえぐみも(良い意味で)感じ、煮干しの旨味をすべて余すことなく堪能できる味わいだ。
それゆえに塩味も強めではあるが、汗をかくこの季節にはまさに最適。
後味もさっぱりとしている。

それではさっそく麺をいただこう。

プリモチでコシの強い細麺ストレート。
ズルズルと勢いよく啜れば、喉越し心地よく、鼻腔を抜ける煮干しの香りが後を引く。

麺と合わさることで、スープの風味もまろやかになり一体感を醸し出す。
ゆっくり食べたいところだが、そうさせてくれないこの旨さ。

今度は肩ロースを味わってみよう。

程よい弾力に噛み応え心地よく、噛むほどに肉の旨味があふれだす。
スープの塩味が肉の旨味を引き立てる。

豚バラはどうだろう。

炙りが入っているので口に含むと芳ばしい香りが広がる。
ほろりと柔らかで、脂身はトロリと口の中で溶けるよう。

肉の旨味と甘味を感じる。
あっさりとしたスープに存在感目立つかと思いきや、意外とそうでもなく相性抜群だ。

メンマはシャクシャクとした食感で、ほんのり甘味がきいた味わいだ。

さて今度は薬味的なトッピングと一緒に食べてみよう。

水菜の茎のシャキシャキとした食感のアクセントとほんのりビターな味わい、玉ねぎの甘みとほんのり辛い余韻がまたいい。
岩海苔の磯感が煮干しの旨味を引き立てている。

味玉は黄身トロで、味付けも絶妙で美味い。

今度はネバとろトッピングを試してみよう。
ラーメンに入れてもいいし、つけ麺風に食べてもいいそうだ。

しっかり混ぜ合わせて、つけ麺風にいただく。
とろろにダシの旨味がきいて、コクと甘味を感じる。
めかぶの香りのアクセントもクセになる。

味変アイテムというか、これ単体でメシ余裕で食える旨さだ。
それが麺によく絡むんだから美味いに決まっている。

あらかた食べたら、注文してあった和え玉をオーダー。

冷製昆布水の和え玉(和節)

限定和え玉の『冷製昆布水の和え玉』。

鯖と鰹の厚削り出汁とがごめ昆布水の冷製和え玉。
和節か煮干を選べるので和節をチョイス。

器のチョイスが秀逸で、和え玉の域を超えている。
普通にメインメニューのひとつにあったら違和感なく注文してしまうレベル。

がごめ昆布水の海に浸かった麺、トッピングは岩海苔、白髪ネギ、煮鶏、器の縁には節粉が添えられている。

まずはそのままで。

濃厚ドロリとした昆布水がこれでもかと麺に絡む。
昆布の旨味が口の中一杯にあふれ、なんとも言えない幸福感におもわず天を仰ぐ。
塩味も絶妙だ。

プリモチとした細麺。
ズルリと啜り心地も気持ちよく、喉越しの良さに箸もすすむ。

今度は節粉を合わせて食べてみる。

勢いよく啜れば、芳醇な節粉の香りが鼻腔を突き抜ける。
昆布のグルタミン酸と節粉のイノシン酸合わさる相乗効果で、旨味が爆マシ。

ふたたび天を仰ぐ。

今度は残しておいたネバとろトッピングに絡めて食べてみる。

大正解。
ただでさえ旨味爆マシ状態なのに、さらに旨味がアップする。
旨味天井知らずか!?

やはり日本人はこういう味には逆らえないな。

冷製純煮干しのスープにもつけてみる。

これもまた正解!
〆は残った昆布水と冷製純煮干しのスープをブレンド。

一滴残らず飲み干しごちそうさま。

最後に

茨城県筑西市にある麺彩こはるの1周年に行ってみた。

茨城県で注目のお店出身の店主つくる一杯味わえるお店。
宿題店だったので思わぬキッカケで訪問できてよかった。

筑西市でラーメン屋探しのさいにおすすめ。

お店詳細

麺彩こはね
住所 茨城県筑西市二木成1023 前田ビル1F
TEL 029-648-7864
営業時間 11:00~14:30/17:30~20:30
定休日 不定休
支払い 現金のみ
駐車場 共有13~21番

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-ラーメン, 茨城のラーメン, 食レポ
-, ,