和食・寿司 定食屋・食堂 揚げ物・惣菜 食レポ

【栃木市】とんかつ楽樹。バナナマンのせっかくグルメで話題!!栃木県産ブランドこだわるとんかつ専門店

栃木県栃木市にある「とんかつ楽樹」
栃木県産の食材にこだわるとんかつ専門店。

TV番組「バナナマンのせっかくグルメ」に登場し一躍有名となり、ピーク時には外待ちが出ることもあるほどの人気。
中でも有名なのが、栃木県産さくらポークを使用した、まん丸な『ヒレかつ』。
サクサク衣に柔らかジューシーなとんかつがたまらない。

今回はそんな「とんかつ楽樹」に行ってみた。



とんかつ楽樹

今回訪問したのは栃木県栃木市大宮町、宇都宮栃木バイパスから120mほど入ったところにある「とんかつ楽樹」

薄いグリーンの外壁に周囲を笹が囲む建物が特徴的。
かつては和食店「旬香楽樹」として営んでいたが、2019年に店名を「とんかつ楽樹」としてとんかつ専門店へとリニューアル。

栃木県産の食材にこだわり、栃木県産ブランド豚のさくらポーク、那須鷄、栃木市産のお米を使用した料理を味わえるほか、夜の部では栃木県産のお酒をいただくこともできる。

TBSの人気TV番組「バナナマンのせっかくグルメ」の2022年3月20日放送回にてお店が紹介され、一躍有名となりピーク時には外待ちができるほどの人気に。
中でも人気なのが、まん丸な形が特徴的な『ヒレカツ』で、訪問者のほとんどがこれを注文するほど。

アクセス

アクセス詳細

住所 栃木県栃木市大宮町2100-17

車 宇都宮栃木バイパス「平柳町歩道橋」交差点より120m
  東北道「栃木インター」より4.3km(8分)
電車 東武宇都宮線「野州平川駅」より650m(徒歩8分)

駐車場 店舗横8台、第2駐車場8台(36m先)

駐車場は店舗向かって右側に8台分。

一部縦列駐車となるが、奥側右手から出られるので頭から入って駐車がおすすめ。

また店舗から36mのところに第2駐車場があるので、満車の場合はそちらを利用しよう。
もし停めるところがなければ、ちょっと離れるが野州平川駅前(徒歩600m)に1日1回500円の有料駐車場がある。

店内

向日葵色の漆喰の壁、木材をふんだんに使用した落ち着いた雰囲気の和な空間。
ほんのりと香ばしく芳醇な揚げ油のかおりがただよう。

店内右手には仕切りのある個室タイプの4人掛けテーブル席が2卓。
左手厨房前にカウンター席が5席、通路を挟んで小上がりには掘りごたつタイプの4人掛けの座卓が5卓ほどあっただろうか。

備え付けの調味料は無く、注文の品と一緒に都度提供される。
醤油やごまもあるので、必要な時には店員さんへ。

後から配膳されるのは、ポット入りのお茶、ソース2種、からし、ピンクソルト、七味唐辛子、サラダドレッシング。

揚げ物を扱うお店といえば、テープルや壁がベタ附いているお店もあるが、ここではそんなことは一切ない。

透明度の高い揚げ油からはとてもよい香りがただよい、食べる前から期待が高まるばかりだ。

とんかつ楽樹のメニュー

とんかつ楽樹のメニューはこんな感じ。

タップ拡大可



利用方法

  1. 行列時には店舗入り口のウェイティングボードに記入し、店舗右側の椅子等で待機
    ※順番が来て呼ばれた際に3回呼んでもいない場合にはキャンセルとなる
    ※車で待機する場合は携帯番号を記入
  2. 席に案内されたら口頭にてオーダー
    ※お膳のご飯は大盛に変更可能
    ※お膳のみそ汁は「豚汁」「あおさ汁」から選択

テイクアウト利用可。
夜の部19時まで受け付け

とんかつ楽樹行ってみた

訪問したのは2023年3月21日の11時40分頃。
先客は2組4名、後客4組10名ほどだっただろうか。

ヒレかつ膳

今回チョイスしたのは、人気メニューの「ヒレかつ膳」。

まずはサラダから提供される。

胡麻ベースのドレッシングはさっぱりとしていて、シャキシャキ野菜の食感も相まって口腔内が自然と潤う。
準備運動は万端だ。

食欲をそそられる軽快な揚げ音を奏でながら、低温でじっくり揚げられるとんかつを眺めつつ待つこと15分ほど。
満を持して『ヒレかつ膳』の登場だ。

お膳には、サラダ、ご飯、小鉢、漬物、みそ汁、食後のシャーベットがセット。
さらにわさびと追加注文の『鬼おろし出汁』付き。

ヒレかつはまん丸な形が特徴的。

ご飯は大盛をチョイスしたがガチな方のやつだ。

みそ汁は豚汁をチョイス。
まずは豚汁から一口味わってみよう。

豚肉、大根に人参、豆腐など具沢山な豚汁。
味染み加減も抜群だ。

野菜や豚肉の旨味溶け出す汁は、熱々ではなく温かだったのを除けば最高だ。
七味をかけると旨味も増して、これ単体でご飯いける。

それではヒレかつをいただこう。
使用している豚は栃木県産ブランドのさくらポーク。
まずはわさびだけで。

衣はサクッと軽く、油のクドさはまったく感じられない。
もうすでに衣自体が旨い。

低温でじっくり揚げられたヒレはうっすら桜色で、箸で切れるほどに柔らかくジューシーで口の中に甘い肉汁があふれだす。

さっぱりとしたわさびの風味と肉汁が合わさるこの旨味だけで十分いける。

次は鬼おろし出汁で食べてみよう。

鬼おろしで荒くおろした大根の食感が心地よい。
大根の旨味にダシの風味と絶妙な塩味がきいていて旨い。

たっぷりと大根を乗せて食べると最高だ。

続いてはピンクソルトとわさびを添えて。

塩味が加わることで肉の旨味がより一層引き立つとともに、衣の旨味も引き立つ。
これもまた抜群に合う。

さらにレモンもかけてみよう。

レモンの果汁により塩が溶け出し、全体に万遍なくいきわたる。
レモンととんかつの相性は言わずもがな。

最後は王道のソースとからし。

ソースの甘味とスパイシーな風味、そこに加わるからしのツンとした刺激。
旨い衣がさらに旨さを増し、それをまといしヒレカツの旨味は幾何級数的きかきゅうすうてきに増す。

ツウっぽく塩とかで食べるのもいいが、やはり我々庶民にはソースとからしという王道こそ正義。

たいちょー
個人的にはわさび単体率が高かった

そして米だ。
栃木市大塚町産コシヒカリを使用していて、ふっくらちょうどよい炊き加減で揚げ物とよくマッチしている。
大盛ご飯でも足りないんじゃないか?というほどの勢いで食べてしまう。

箸休めにキャベツもいただこう。

酸味がしっかりきいているので、口腔内のリセットに最適。

そして〆にはシャーベット。

柚子の風味効いたさっぱりした味わいに口腔内も完全リセット。

最後に

栃木県栃木市にある「とんかつ楽樹」に行ってみた。

ちょうど空いている時間帯に訪問できたようでスムーズに利用することができた。
人気のヒレかつを食べてみたが、まず衣からすでに旨い。

そして箸で切れるんじゃないかというほどに柔らかなヒレ。
ジューシーで甘味のある脂がクセが無くいくらでも食べられそうだ。

味変アイテムも複数あるので、自分好みの味付けであじわえるのもうれしい。

栃木市でとんかつを食べるなら、是非とも候補に入れてほしいあじえ

また毎月第2日曜に開催される栃木市のミツワ通りのキッチンカーイベント「みつわキッチンカー通り」にも出店してこともあるので、イベント開催時には寄り道してみてはいかがだろうか?

お店詳細

とんかつ楽樹
住所 栃木県栃木市大宮町2100-17
TEL 0282-28-0710
営業時間 11:30~14:00/17:30~21:00(LO20:00)
定休日 月曜、第2日曜
支払い PayPay利用可
予約 しばらく夜の部は要予約(前日までに)
駐車場 店舗横8台、第2駐車場8台(36m先)

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-和食・寿司, 定食屋・食堂, 揚げ物・惣菜, 食レポ
-, , ,