そば 食レポ

【栃木佐野】肉辣油蕎麦はち 佐野高萩店。北海道江丹別蕎麦と甘みある豚の肉蕎麦専門店

栃木県佐野市にある「肉辣油蕎麦はち 佐野高萩店」。
北海道発の肉蕎麦専門店が、2023年3月24日に2号店をオープン。

北海道江丹別蕎麦と特製の出汁で煮込んだ甘みある豚が特徴的で、辣油や卵を加えたつゆで食べるボリューム満点な一杯が味わえる。

今回はそんな「肉辣油蕎麦はち 佐野高萩店」に行ってみた。



肉辣油蕎麦はち 佐野高萩店

今回訪問したのは栃木県佐野市高萩町、工業団地内にあるパチンコ店の一角にある「肉辣油蕎麦はち 佐野高萩店」。

北海道発の肉蕎麦専門店が、2023年3月24日にオープンさせた2号店。
パチンコ店の裏手の一角という立地ゆえ、ある意味隠れ家的な穴場スポットといえなくもない。

北海道旭川市川端町にある「肉辣油蕎麦はち 旭川本店」を2022年12月15日オープンさせたばかりで、早くも2号店が本州に進出。
今後も規模拡大を狙っているそうだ。

お店で提供されるのは旭川市江丹別産のそば粉を使用した蕎麦と、脂の甘みが強い豚肉をさらに特製の出汁で煮込むことで甘味が引き立つ豚肉を使用した肉蕎麦。
つゆにはカツオ・昆布・牡蠣の旨味を凝縮させたカエシを使用し、甘味のある味わいに仕上げている。

さらにはお店で使う卵にはすべて名古屋コーチンの卵を使用するという贅沢さ。

アクセス

アクセス詳細

住所 栃木県佐野市高萩町675-2 ダイナム佐野高萩店敷地内裏手

車 東北道「佐野インター」より3.3km(8分)
電車 佐野駅南口より2.6km
   東武佐野線「佐野市駅」より2.2km

駐車場 あり

店内

奥行きのある店内。
右手が厨房、その前にカウンター席が4席と窓際に5席。

席の備え付けなどは必要最低限にとどめてあり、注文の品と一緒に提供される。

肉辣油蕎麦はち 佐野高萩店のメニュー

肉辣油蕎麦はち 佐野高萩店のメニューはこんな感じ。

タップ拡大可

メイン

サイドメニュー



利用方法

注文はオーダー制。

  1. 来店したら席に着席
  2. 口頭にて注文
    追加注文は後からでも可
  3. その場で現金精算
  4. 注文の品の提供

おすすめの食べ方

おすすめの食べ方は公式Instagramで紹介されているので参考にしよう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

肉辣油蕎麦 はち 旭川本店(@niku_soba_hachi)がシェアした投稿

肉辣油蕎麦はち 佐野高萩店行ってみた

訪問したのはオープン初日、3月24日の13時半前くらい。
先客1名、後客1名。

肉そば(冷)大盛肉増

今回チョイスしたのは、お店の人気ナンバー1メニュー『肉そば(冷)』の大盛肉増、ごはん・丼メニューから『はちのTKG』。

肉蕎麦(冷)には、蕎麦、つゆ、自家製ラー油、名古屋コーチンの卵がセットになっている。
足りない人用に追加のラー油も用意してくれる。

蕎麦の上には豚肉、ネギ、海苔がトッピングされゴマがふりかけられている。
それにしてもこのビジュアルである。

肉増しの名は伊達ではない、薄切りではるもののこの暴力的なまでの豚肉の量。
刻み海苔も惜しげもなく使われている。

まずは蕎麦のみで味わってみよう。
蕎麦は北海道江丹別産のそば粉を直送しているという。

茹で後に水でしっかり締められた蕎麦はコシが強くのど越し感がいい。
勢いよく啜れば蕎麦の香りが鼻腔をくすぐり、噛むほどにほんのり甘味が広がる。

今度はつゆにつけて食べてみる。

つゆはカツオ、昆布、牡蠣の旨味を濃縮、特製カエシと合わせたものを使用。
濃厚なダシ感とコクがあり甘味の余韻を感じるつゆ。

ピリッと辛くてシャキシャキとしたネギ、香ばしいゴマの風味もいい仕事している。
蕎麦の旨味を引き立てる間違いない組み合わせだ。

今度はつゆにラー油を合わせて食べてみよう。

いわゆる食べラー系のラー油で、フライドガーリックのザクザク感が心地よい。
辛さは控えめでこれだたっぶり入れても全然辛くない。

甘辛なつゆと合わさるとコクが増してなかなかいける。

豚肉も浸してみよう。

薄切りな豚肉をつゆに漬けるさまは、さながら豚しゃぶを食べているかのよう。
つゆの絡みもよく、甘辛な味わいが豚肉ともよくマッチしている。

ネギの風味、刻み海苔の磯感もいいアクセント。

今度は卵を加えてみる。

名古屋コーチン生卵の濃厚でコク深くまろやかな味わいがまたつゆに合う。
ここまできて初めて完成形。

つゆ、ラー油、卵が渾然一体となる調和のとれた味わいに仕上がっている。

今度は豚しゃぶではなく、豚すき焼きを食べているかのようだ。

一度に色々な味わい方のできる冷やし、このチョイス間違いない。

はちのTKG

お次はご飯もの、『はちのTKG』を食べてみよう。

ご飯にの上にはたっぷり薄削りのかつお節、中央には名古屋コーチン生卵が鎮座している。

卵を絡めてひとくち。

コク深くまろやかな卵の風味に鰹節の旨味が合わさる。
これだけ旨いの確定だが、王道のTKGのタレの甘味のきいた醤油ダレが旨味を底上げする。

ご飯は若干ねっとり系だったので、これが固めな炊き加減だったらあと5杯はいけたな。

最後は蕎麦湯をいただき、蕎麦の甘味とつゆのダシ感を感じてごちそうさま。

最後に

栃木県佐野市にオープンした肉辣油蕎麦はち 佐野高萩店に行ってみた。

立地的にあまり期待はしていなかったのだが、なかなかどうしてちゃんとしているじゃないか。
ラー油と卵を加えたつゆでいただく肉蕎麦がなかなか旨い。

肉たっぷりで食べ応えがあり、ラー油に卵で味変できるのも面白い。
今後新メニューなどの登場も期待できるので、気になる人は一度足を運んでみては?

お店詳細

肉辣油蕎麦はち 佐野高萩店
住所 栃木県佐野市高萩町675-2 ダイナム佐野高萩店敷地内裏手
TEL 070-1455-8027
営業時間 11:30~20:00
定休日 不定休
支払い 現金のみ
駐車場 あり

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-そば, 食レポ
-, , ,