ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木市】めんや天夢 限定「にぼGまぜそば」。煮干しと豚の至高のマリアージュ

めんや天夢の限定『にぼGまぜそば』。

G系ならではの濃厚な背脂の旨味、ニンニクの刺激的な風味が煮干しの旨味を極限まで引き立てる。
濃厚な煮干しの旨味と動物系を合わせた、めんや天夢の究極の限定G系シリーズ。

こってりなのにまろやかな味わいがクセになる一杯。
今回はそんなめんや天夢の限定『にぼGまぜそば』食べてみた。



めんや天夢 にぼGまぜそば

めんや天夢の限定G系シリーズ。
普段は煮干しオンリーのラーメンを提供するめんや天夢が、唯一動物系を合わせた一杯を提供する。
濃厚な煮干しの旨味と動物系が合わさる一杯は、こってり濃厚でありながらもまろやかでクセになる。

これがその『にぼGまぜそば』だ。

メニュー詳細

にぼGまぜそば中に、ノーマルトッピングのちゃーしゅー(レア/肩ロース)、たまねぎ、フライドガーリック、岩海苔、煮干し粉。
そこに有料トッピングの豚1枚、岩下の新生姜、生卵(奥久慈卵)を追加。
無料トッピングはニンニクアブラはノーマル(アリ)をチョイス。

ヤミツキになる旨さ

別どんぶりにちゃーしゅーを退避させ、すべての具材を混ぜ合わせていただく。

コシが強いワシワシ系の極太麺が食べ応え満点。

煮干しの豚合わさる濃密な旨味に煮干し粉が旨味をさらにブースト。
岩海苔の磯の香りが鼻腔を抜ける。

玉ねぎの爽やかさも手伝って意外とあっさりとした味わいだが、チーズのコクに生ニンニクのジャンクな風味、フライドガーリックの芳ばしさに味の深みも増し印象深い味わいに。
そして飴色の背脂がまたクドさがなく、濃密な旨味と甘い余韻を感じさせ、それ単体でもかなりスペックを秘めている。

合間に食べる岩下の新生姜はさっぱりとして口腔内をリセットしてくれるので、最後まで飽きることなくその味を堪能することができる。

ちゃーしゅーはあらかじめ岩塩がふられているので、まぜそばに混ぜることなくそのままいただこう。

厚みがある大判な肩ロースレアチャーシューは、岩塩の塩気に肉の旨味も引き立つ。
破壊力があり食べ応えがあるが、繊細な味で飽きさせない。

トロトロな黄身の味玉がまた最高のデザートだ。

たいちょー
ていうか味玉はオマケの隠れキャラ!?

追い飯追加に生卵合わせようかと思っていたが、結構満腹中枢を刺激されたので生卵はつけ麺的にいただこう。

濃厚な卵のコクと旨味が合わさり抜群に旨い。
まろやかな味わいなので、味変にも最適だ。

今度は備え付けの黒胡椒や一味を使用してみよう。
今回は一味を使用。

なんだこれ、一味との相性が抜群だ。
ピリっとした辛みとビターな風味が、味わいにさらなる深みをもたらす。

この後たっぷり追いがけしてしまった。

最後に

めんや天夢の限定G系『にぼGまぜそば』食べてみた。

絶品の煮干しスープに合わさる動物系の旨味が絶妙にマッチする。
飴色の背脂、刺激的なニンニクの旨味がガッツリと存在感ありつつも、麺との一体感も抜群だ。

さすがは栃木市が誇るニボラーの聖地、その完成度はかなりのもの。
普段ならまぜそば300gともなると結構満腹感があるものだが、まだいけるまだ食いたいと思わせるクセになる一杯だった。

めんや天夢の限定G系『にぼGまぜそば』、機会があったら一度味わってみてほしい。

お店詳細

めんや天夢
住所 栃木県栃木市沼和田町11-20
TEL 不明
営業時間 11:30~14:30(LO)/17:00~20:30(LO)
定休日 日・月曜の夜、木・金・第一日曜終日
駐車場 40台

 

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.