ラーメン 料理してみた 料理レシピ 栃木のラーメン 食レポ

2月14日は煮干しの日。中沢製麺×めんや天夢『きそばのめんつゆで作った天夢流煮干し中華そば』

2月14日は煮干しの日。
煮干しといえば「めんや天夢」。

昨年人気のうちに完売した中沢製麺×めんや天夢コラボなお土産ラーメン『きそばのめんつゆで作った天夢流煮干し中華そば』。

今や伝説となってしまった小山駅きそば、その小山駅きそばのめんつゆを使用し、天夢流にアレンジを加えたという究極の煮干し中華そばだ。
これほど煮干しの日にふさわしい一品はない。

ということでさっそく作ってみよう。



きそばのめんつゆで作った天夢流煮干し中華そば

用意した材料はこんな感じ。

レシピ

・きそばのめんつゆで作った天夢流煮干し中華そば 1セット
・替え玉 お好み
・ミツバ 適量
・タマネギ 小1/4
・チャーシュー 3枚
・岩下の新生姜 お好み
・岩海苔 適量 

作り方

さっそく作ってみよう。

手順

  1. 食材をカット
  2. 鍋に沸かした熱湯でスープを袋ごと8分
  3. 温めておいた器にスープを投入
  4. 熱湯で麺を32秒茹で、しっかり湯切りして器に投入
  5. トッピングをしたら完成

まずは玉ねぎを粗みじんにカット、ミツバを適当にカット、岩下の新生姜をお好みのサイズにカットしておく。

鍋に沸騰させた熱湯でスープを8分間温める。

器を温めたらスープを器に投入。
麺を熱湯で32秒茹でてしっかり湯切りしたら器に投入し、トッピングをしたら完成。

食べてみた

完成したのがこれだ。

濃厚な煮干しの香りただよう。
まずはスープからひとくちいただこう。

スープは中沢製麺のきそばのつゆをベースに、めんや天夢の煮干油、煮干粉を加えたもの。
ほんのりビターな煮干しの風味と芳ばしい香り、後からコクと甘みの余韻が広がる。

お次は麺だ。

プリパツな細麺は噛み応えが心地よく、噛むほどにスープの甘みと融合し麺の旨さも引き立つ。

タマネギのシャキシャキ感にピリッと辛味のアクセントに、岩海苔の磯の香りに旨味も倍増。
チャーシューは・・・さすがにスーパーのチャーシューでは役不足か。

オマケの替玉を投入したら、今度とはきそばのゆず七味を使って食べてみよう。

ゆず七味、悪くない。
ベースがきそばのつゆだけに、その一体感は抜群。
スープの旨味を引き出している。

是非、味変などに使ってみてほしい。

最後に

2月14日、煮干しの日ということで、めんや天夢のお土産ラーメン『きそばのめんつゆで作った天夢流煮干し中華そば』。

昨年は買い損ねて完売になってしまったので、今年こそはとゲットしたものだ。
※中沢製麺でも購入可能。

中沢製麺のきそはつゆにめんや天夢のアレンジが加えられたコラボパージョン。
ほんのりビターな煮干しの風味にきそばつゆのコクと甘みの余韻がクセなる。

煮干しの日にふさわしい一品だった。

お店詳細

めんや天夢
住所 栃木県栃木市沼和田町11-20
TEL 不明
営業時間 11:30~14:30(LO)/17:00~20:30(LO)
定休日 月曜の夜、木・金・第一日曜終日

 

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-ラーメン, 料理してみた, 料理レシピ, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , , , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.