料理してみた 料理レシピ

ナスと豚肉のピリ辛味噌炒め。ご飯がいくらでも食べられる旨メシ

秋といえばナスの美味しい季節だ。
しぎ焼き、ナス味噌ナスのステーキ、麻婆ナスなどジャンルもさまざま、色んな料理で主役から脇役まではれる万能食材。

そんなナスを使ったメニューのひとつ、『ナスと豚肉のピリ辛味噌炒め』。
これがあまりの旨さにご飯が無限に食べられてしまう旨メシだった。

思わず1週間で3食も食べてしまったその味、今日もまた作ってみた。



ナスと豚肉のピリ辛味噌炒め

秋と言えばナス、「秋茄子は嫁に食わすな※」ということわざもあるように秋のナスはとてもうまい。
※ナスが旨いから嫁に食わすのはもったいない、ナスは身体が冷えるから、種が少ないから子種が少なくなるなど諸説ある

秋ナスが旨いのは、季節の寒暖差により身が引き締まり、夏の間に成長に使われていた栄養がすべて身に集中するからだ。

主役に脇役とマルチな才能を発揮するナス、美味しいナス料理はたくさんあるが今一番おすすめしたい(※個人的な趣向により)のは、『ナスと豚肉のピリ辛味噌炒め』。
これが想像を絶するご飯との相性に、無限にご飯が食えるんじゃないかと思ったほど。

たいちょー
本当に無限に食えるわきゃないけど

そのレシピはこんな感じ。

レシピ

・ナス 3本
・豚小間 150g
・塩コショウ 適量
・ニンニク 2片
・味噌 大さじ1.5
・醤油 小さじ1
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ1
・砂糖 小さじ2
・ゴマ油 大さじ2
・唐辛子(輪切り) 適量
・いりごま 適量
・七味唐辛子 適量

今回は栃木県喜連川の温泉を活用したご当地ナス「喜連川温泉ナス」で作ってみた。

作り方

作り方

  1. ナスをカットして塩コショウして揉み込んでおく
  2. 味噌ダレを作る
  3. ゴマ油を熱したフライパンで豚肉を8割くらい火が通るまで炒める
  4. 水気をふき取ったナスと唐辛子を加えて、ナスに火が通るまで炒める
  5. 味噌ダレを加えて和えるように炒める
  6. 皿に盛り付け七味といりごまをふりかけたら完成

まずはナスの表面に格子状に切れ目をいれ、油を吸収しやすくしてから乱切りする。
そこに塩コショウを振って揉み込み5分ほど放置。

おろしたニンニク(2片)、味噌(大さじ1.5)、醤油(小さじ1)、酒(大さじ1)、みりん(大さじ1)、砂糖(小さじ2)を合わせて味噌ダレを作っておく。

フライパンにゴマ油(大さじ2)を投入し熱したら豚肉を投入、8割ほど火が通るまで強火で炒める。

浸透圧により出てきた水分をキッチンペーパーで吸い取ったナスを加え、中火にして油がまとうように炒める。

さらに輪切り唐辛子(お好みの辛さ)を加え、ナスに火が通るまでそのまま炒める。
3、4分ほど炒めるとナスが柔らかくなってくる。

味噌ダレを加え弱火で和えるように炒める。

皿に盛り付け、七味をお好みでふりかけ、いりごまを指先でこすりながらかければ完成だ。



ご飯が無限に食べられる旨メシ

味噌の芳ばしい香りが湯気と共に広がる。
このニオイだけでご飯1杯いけそう。

味噌ダレとごま油の一体化したタレをご飯にバウンドさせ、さっそくひとくち。

芳ばしゴマ油と味噌合わさる濃厚なコク感に程よい甘み、そこにピリッと唐辛子の辛味が絶妙。
ナスは皮目シャキシャキの、ゴマ油や肉のエキスを吸収しトロッと柔らかくなった身はジューシーなエキスがあふれ出す。

豚肉もしっかりとタレが絡んだヤバ旨な仕上がりだ。

これはご飯が止まらない。
3合炊いたご飯を完食する勢いでバクバクいける。

大人のドリンクのつまみにしたらどうだろう?

選択を間違えた感は否めないが、やはりご飯のおかずとしてが一番輝くな。

最後に

ナスと豚肉のピリ辛味噌炒め。

味噌ダレの濃いめの味に甘みとピリッとした辛みのアクセントがご飯との相性抜群。
最初に作ってから10日くらい経つけど、すでに5回ぐらい作ってしまったほどのヘビロテメニユー。

辛味をもっと欲しいなら、七味じゃなく輪切り唐辛子を追加してもいい。

ナスみそも美味しいけど、ガッツリいきたい時にはやっぱこれだね。

2024/2/23

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁リメイク

ごぼうとキノコの炊き込みご飯。鶏と大根の煮物の煮汁を再利用したら旨すぎた 炊き込みご飯、醤油の芳ばしい香り、素材の旨味染みたご飯を具材とともに味わう。 日本が産んだ究極のご飯料理のひとつ。 古くは奈良時代に遡り(諸説あり)、当時、米不足を補うために粟や麦などの穀物や硬果類を加えて食べていた『糅めし かてめし』が始まりだとされる。 その後、食が豊かになった江戸時代中期以降には季節の具材を初めとした様々な具材を使用した炊き込みご飯が誕生。 現在も地域の特色を生かした郷土料理としての炊き込みご飯が全国に存在する ...

ReadMore

2024/2/22

自家製ガーリックオイル。料理にプラスすると一味違う万能調味料

パスタやピザに加えたり、サラダなどにかけるだけで料理のおいしさがアップする万能調味料『ガーリックオイル(ニンニクオイル)』。 細かく刻んだニンニクをオイルに加え、風味を移すだけの簡単だけど、切り方や使うオイルでまったく別の姿を見せる。 簡単そうで奥が深い調味料。 古くは古代エジプト時代からから食べられていたニンニク、栄養価が高く体力の維持に重宝されていた。 またニンニク含まれる主成分「アリシン」は強い殺菌作用があることから保存食に利用されるだけでなく、免疫力の増強やガン予防にも効果が期待される。 さらにア ...

ReadMore

2024/2/22

Caesar's Place(シーザーズ・プレイス)のシーザーサラダ。濃厚な旨味とコク深いドレッシングが上品でシーザーサラダの概念変わる

Caesar's Place(シーザーズ・プレイス)のシーザーサラダ。
濃厚な旨味とコク深いドレッシングが上品でシーザーサラダの概念変わる。
シャキシャキレタスに濃厚ドレッシングが後を引く。
ライムがガツンと効いていて実にメキシコらしいじゃないか。
#シーザーサラダ
#シーザーズプレイス
#料理

ReadMore

2024/2/18

【駄菓子】いかフライ丼。おつまみ駄菓子のいかフライで丼物つくったら存在消えた件

おつまみ系駄菓子の『いかフライ』を知っているだろうか? イカの姿を模した珍味の揚げ物、通称『イカフライ』。 昭和30年代に誕生したこの駄菓子系おつまみは、乾燥イカを小麦粉などを使用してイカの姿に型どりカラッと揚げた、サクサクでイカの風味を感じる香ばしいスナックのこと。 全国に11の企業(2021年時点)が同様の商品を販売、うち9社が広島にあるという。 揚げ物文化の関西だからこそ生まれたといっても過言ではない。 そんな『いかフライ』で最もメジャーなのが、珍味といえばその筆頭に名を連ねる『なとり』。 なとりっ ...

ReadMore

2024/2/18

【料理】塩肉じゃが。あっさり塩味に煮汁まで完飲したくなる

定番の肉じゃがに飽きた時には、ちょっといつもと違った『塩肉じゃが』なんてどうだろう? あっさり塩味に野菜の旨みもしっかり、ホクホクじゃがいもが旨くて後を引く。 旨み溶け出した煮汁が美味しくて、思わず飲み干したくなる。 さっそく塩肉じゃがつくってみよう。 塩肉じゃが 用意した材料はこんな感じ。 作り方 じゃがいもは丸めたアルミホイルでこすって皮を適当に剥いたら、一口大にカットする。 にんじんを乱切り、玉ねぎは7mm程度にスライスしておく。 ごぼうも丸めたアルミホイルで軽くこすり洗いし。斜め切りにしておく。 ...

ReadMore

2024/2/12

キノコとほうれん草のホワイトクリームシチュー。濃厚なコクと野菜の甘みと鶏肉の旨味がたまらない

寒い季節にはシチューが旨い。 キノコにほうれん草、じゃがいもにんじん、鶏肉とたっぷり具材をコトコト煮込んだ、濃厚クリーミーで旨味溶け出すホワイトソースを使用したクリームシチュー。 ※以後ホワイトクリームシチュー クリームシチューの材料であるホワイトソースは、大雑把に言えばフランス料理でいうところのベシャメルソースを意味する。 となれば西洋料理と位置付けられそうではあるが、実は西洋料理を参考に日本で独自に誕生したシチュー。 ご飯のおかずとして最適なようにカスタマイズされた料理なのだがら、ご飯で食べるべきパン ...

ReadMore

2024/2/11

【公式レシピ】富士そばのカツ丼タレ。カツ丼特化の簡単旨いタレがあればカツ丼が捗る

立ち食いそば屋の名代富士そばの人気メニューのひとつ『カツ丼』のタレの作り方が公開されている。 これが簡単に作れて美味しいという最高のタレだった。 公式でも明言しているが、色んなものを煮込んで楽しむことのできるタレだという。 今回はそんな富士そばのカツ丼タレを作り、色々と煮込んでみた。 名代富士そば 都内を中心に関東圏に展開する立ち食いそば屋の名代富士そば。 前身となる「そば清」を1966年に創業。 1972年にダイタンフードの設立にともない、本格的に立ち食いそば事業に専念、いまや都内87店舗、埼玉6店舗、 ...

ReadMore

2024/2/10

飲む点滴『甘酒』。日本の伝統甘味飲料を酒粕から作ってみた

日本の伝統的な甘味飲料のひとつ甘酒。 飲む点滴と呼ばれる甘酒は、豊富な栄養素とぶどう糖を含み、それらが点滴とほぼ同じ構成であることが所以。 冬には身体が温まり風邪の予防に、夏場は冷たくし生姜をきかせてさっぱりと味わっても美味しい。 近年は麹を使用したノンアルコールが主流だが、やはり伝統的な作り方は酒粕(※アルコールが約8%残存)を使用したもの。 今回は昔ながらの酒粕から作る甘酒を作ってみた。 ※自作だとアルコールの残存量不明のため注意 酒粕からつくる甘酒 さっそく用意した材料はこんな感じ。 作り方 鍋に水 ...

ReadMore

2024/2/11

【駄菓子】ビッグカツ煮。ふんわり卵とミツバと富士そばのカツ丼タレでつくる甘辛なカツ煮風

ビッグカツを使ったカツ煮が旨すぎてやばい。 富士そばのかつ丼タレを使えば簡単だし、ビッグカツだけにコスパも最強。 これで旨いというんだから困ったものだ。 今回はそんな富士そばのカツ丼タレでビッグカツ煮を作ってみた。 富士そばカツ丼タレでつくるビッグカツ煮 用意した材料はこれだけ。 しっかり煮込むので味が濃くなるのもあるが、それ単体で食べるので甘さがクドならないように砂糖は控えめにしてある。 作り方 ビッグカツを4等分にカット、ミツバは4cm幅にカットしておく。 卵は軽く混ぜ合わせておく。 フライパンに砂糖 ...

ReadMore

2024/2/11

富士そばのカツ丼タレでつくるビッグカツ丼。富士そばの美味しいカツ丼の作り方を参考に作ってみた

ビッグカツ、それはスグル食品の販売する30円(1970年代誕生より変わらず)で食べることのできるとんかつ風の駄菓子。 スケトウダラの魚肉すり身シート、通称「プッチン」に衣をつけて揚げ、ソースで味付けしたものの総称だ。 そのビッグカツを使用した、『ビッグカツ丼』が想像を超える美味しさで話題だ。 その再燃に一役買ったのが、都内を中心に展開するそば屋「名代富士そば」。 時折ぶっ飛んだ限定メニューを登場させることでも有名で、そんな富士そばの公式Xで1月に「美味しいカツ丼の作り方」を公開。 大量のビッグカツ画像とと ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ
-