お酒 イベント レポート 食レポ

【栃木市】麦処とちぎ&栃木市の魅力発信ナビ。栃木市にゆかりのある方々による熱いトークセッション

2021年10月10日(日)、栃木市観光交流館 蔵なびにてイベント『麦処とちぎ&栃木市の魅力発信ナビ』が開催された。

栃木市生まれのクラフトビール律之助物語第3弾「麦笛(むぎぶえ)」の発売を記念し、栃木市にゆかりのある方々が一堂に会し、「栃木市の新たな魅力」について熱く語りあうトークイベント。

今回はそんな『麦処とちぎ&栃木市の魅力発信ナビ』に行ってみた。



麦処とちぎ&栃木市の魅力発信ナビ

栃木駅北口前に今年オープンした栃木市観光交流館 蔵なびにて2021年10月10日に開会されたイベント『麦処とちぎ&栃木市の魅力発信ナビ』。

栃木市発のクラフトビール律之助物語第3弾「麦笛(むぎぶえ)」の発売を記念して開催され、麦笛の試飲および販売、栃木市の魅力発信トークセッションが行われた。

イベント詳細

イベント詳細

麦処とちぎ&栃木市の魅力発信ナビ
会場 栃木市観光交流館 蔵なび
開催日 2021年10月10日(日)
開催時間 11:00~12:00/13:30~15:30
住所 栃木県栃木市河合町1-2
TEL 0282-51-1687
アクセス 栃木駅北口よりすぐ

栃木市にゆかりのある方々が集結

イベントでは総合MCをケーブルテレビ栃木チャンネルのとちぎHOTステーションなどでおなじみ、山﨑友里江さんが務める。

さらに栃木市にゆかりのある方々が集結。
栃木市の魅力について熱く語るイベントとなった。

フルート奏者の高橋由起さんは素敵な演奏でオープニングを飾り、もちろん我らがAKIRAパイセンも魅力発信特使として参加。

タレント・女優業からクリエーター業、会社経営まで行うマルチな才能(詳細はWiKi参照)をもつ、栃木市大平町出身のとちぎ未来大使を務める義達祐未(よしたつゆみ)さんも駆け付けた。

イベントは2部構成にて行われ、第一部はオープニングイベントが開催。
山﨑友里江さん総合MCもと、高橋由起さんによるフルート演奏がオープニングを飾る。
屋外特設ブースでは「オクトーバーフェスト」でおなじみのエーデルワイスカペレさんによる演奏が行われた。

第二部「栃木市の魅力発信なび」では趣向を変えて、栃木の魅力について熱く語るトークセッション。
とちぎ市ふるさと大使の八津弘幸さん(ZOOM出演)、とちぎ未来大使の義達祐未さん、魅力発信特使の小林美香さん、田中潔さん、蔵の街栃木のキッチンカー「Eight Cranes」のオーナー飯野理衣さん、移住定住支援コーディネーター青山さん、そしてAKIRAぱいせんなど錚々たるメンバーが出演した。

また蔵なびでは律之助物語第3弾「麦笛(むぎぶえ)」の販売、麦笛のパッケージに採用されている安藤勇寿「少年の日美術館」の作品のひとつ「麦笛」の展示などもされた。

律之助物語第3弾「麦笛(むぎぶえ)」

施設の屋外には律之助物語第3弾「麦笛(むぎぶえ)」を版売するブースが設営されている。

さっそくボトルを片手に握りしめ、その味を堪能する人達があちこちに見かけられた。
※施設内に持ち込んで飲むのは禁止

お酒は20歳になってから!

栃木県といえばイチゴというイメージが強いが、実は二条大麦の生産が全国シェアトップクラス。
ビールの原料となる麦芽(モルト)になることから、別名ビール麦とも呼ばれている。

特に栃木市(旧下都賀郡大平町)では二毛作農家が多く、初夏には麦にとっての収穫の時期、麦秋(ばくしゅう)の季節が訪れ田んぼが黄金色に彩られる。
新緑の季節に田んぼに広がる黄金色した稲穂とのコントラストは見ものだ。

※イメージ

このように栃木市の二条大麦生産が盛んになったのは、下野国都賀郡西水代村(現栃木県栃木市大平町西水代)出身の田村律之助(慶応3年~昭和7年没)による功績が大きい。
農業振興に生涯をかけ尽力し、栃木県のビール麦栽培の基礎を築きあげた人物として「ビール麦の父」と呼ばれている。

また大麦の藁はかんぴょう作りにも役立ち、栃木県の名産のひとつ「かんぴょう」の栽培をも支えた(現在は麦作の機械化によりこの関係性は失われた)。

市民団体「田村律之助顕彰会」により発足された地域発信プロジェクト、田村律之助生誕の地、栃木市大平町で母校「大平南小学校」の協力のもと育てた麦から作られるクラフトビール「律之助物語」。

その第三弾として登場したのが今回販売されている『麦笛』。

律之助物語第3弾「麦笛」。栃木市が生んだセゾン系クラフトビール

続きを見る

そのパッケージデザインに採用されているのが、安藤勇寿「少年の日美術館」の作品のひとつ「麦笛」。
当日は館内に展示がされ、パッケージのデザインとなった「麦笛」を直に目で感じることができる。

安藤勇寿氏の作品は栃木県佐野市にある「少年の日美術館」に展示されているので、興味がある人は訪問してみてはどうだろうか?

少年の日美術館詳細

住所 栃木県佐野市御神楽町623-1
TEL 0283-67-1080
車 北関東道佐野田沼インターより8.2km(12分)
電車 東武佐野線田沼駅より7.6km

開館時間 9:30~17:00(最終閉館30分前まで)
休館日 月曜(祝日の場合翌日)、第一火曜、12/26~1/3、その他臨時休館あり
入館料 大人800円(70歳以上は100円引)/中高生500円/小学生300円/幼児100円(4歳以上)



麦処とちぎ&栃木市の魅力発信ナビ行ってみた

2021年10月10日(日)、栃木市内では栃木市の魅力アップを目的とした2つのイベントが同時開催された。
ひとつは蔵の街栃木の山車会館前広場にて開催された「ビリプロオータムフェス」、そしてもうひとつが栃木駅北口前に今年オープンした栃木市観光交流館 蔵なびにて開催された『麦処とちぎ&栃木市の魅力発信ナビ』。

コロナ禍でしばらく休館していた蔵なび、再開後初のビックイベントだ。

ハロウィン一色に装飾された特別仕様な館内

中に入るとまず目に入るのが、ハロウィン一色に装飾された館内。

休館の時期を利用し、蔵なびスタッフが各々の得意分野を生かして作り上げた、この時期だけのスペシャル版。
ハロウィン仕様のとち介が隠れているので、訪問した時には是非探してみよう。

第一部 オープニングイベント

二部構成にて開催される今回のイベント。
総合司会の山﨑友里江さんの進行のもと、第一部「オープニングイベント」がスタートした。

オープニングを飾ったのは、フルート奏者の高橋由起さん。
荘厳なメロディーから懐かしの名曲までプチコンサートが繰り広げられた。

最後に栃木市の大川市長の挨拶でオープニングイベントは締めくくられる。

屋外ではエーデルワイスカペレさんによる演奏が行われていた。

麦笛片手に盛り上がるその様子はまるで「オクトーバーフェスト」。
こういう日常が早く戻るよう切に願う。

第二部 栃木市の魅力発信ナビ

第二部は趣向をかえ、栃木市にゆかりのある方々が集まり、栃木市の魅力について存分に語り合う。

栃木市に住んで感じた魅力

最初に登場するのは、移住定住支援コーディネーター青山さん(左)、蔵なび田島館長(中央)、田村律之助顕彰会の五十嵐副会長(右)の3名。
栃木市に住んで感じた魅力をテーマに語り合う。

青山さんは、栃木市岩舟町出身で東京より2019年にUターン、現在東京で仕事をしながら栃木市の移住定住支援コーディネーターも務める。
蔵なびにて毎週土曜、祝日に移住定住支援相談会を行っている。

活動をしていると「栃木市が好きだ」という人が多い印象を受け、好かれる要素が多いのではないかと感じているという。
大きな公園も多く、子育てにも良いというのは移住定住希望者には高いアドバンテージになる。

SNSなどを介して密な発信をして盛り上げていくことが重要だという。
SNSを発信する時には「ハッシュタグ」を活用することで情報が拡散するので是非活用してほしいという。

たいちょー
ソロだから気づかなかったが、家族など移住定住にプラスになる要素とか、まだまだ知らない潜在的な魅力がありそうだ。

蔵なび田島館長は、2021年4月20日にオープンした、観光拠点施設として、魅力・活力・賑わいの創出を目指す施設を運営している。
コロナ禍の影響により9月中は休館を余儀なくされたものの、このイベントを無事迎えることができたという。

観光案内をいているだけあり、お客の声を直に聞く機会が多く、「前に来た時と変わった」と言われることもあるそうだ。
巴波川沿いがお気に入りという館長、これからも自信を持って栃木市を案内していきたいとのことだ。

観光プランなどの案内をリアルにて発信してきいたいという。

たいちょー
変わったと言われるということは、進化している、いつ来ても飽きさせない魅力があるということか。

田村律之助顕彰会の五十嵐副会長は、栃木市を盛り上げるべく複数の団体に所属し活動している。
さまざまな人から栃木市ついての印象を聞く機会があり、栃木市のイメージは「人がいい」とよく言われるという。

今後もさまざなイベントで栃木市を盛り上げていきたいとのことだ。

ホームページを活用しつつ、イベントやツアーなどを通じて魅力を感じてもらい、客観的にも魅力をSNSで発信してもらえるように努力していきたいという。

たいちょー
市内に住んでいると当たり前と思っていたことも、市外の人からするとそう感じられているのは良くも悪くも嬉しいことだ。

外に出てみて感じた栃木

2つ目のトークテーマは「外に出てみて感じた栃木」。

登場するのはZOOMで出演のとちぎ市ふるさと大使の八津弘幸さん、とちぎ未来大使の義達祐未さんのお二人のトークセッション。
県外を拠点に活動する二人だからわかる、外からみた栃木の魅力についてトークする。

義達祐未さんプロフィール

栃木市大平町出身のタレント・女優業からクリエーター業、会社経営まで行うマルチな才能の持ち主。
当日発売されていた田村律之助物語は、義達祐未も制作に関わり、漫画を担当したのはなんと弟さんだという。

ファイナルファンタジーXVのルナフレーナのモーションアクターも担当し、まさかの誕生日が同じ9月4日という奇跡も。
東京2020オリンピックでは栃木県の聖火ランナーを務めた。
とちぎ未来大使としてではなく、一般公募から勝ち抜いたというアグレッシブな人だ。

八津弘幸さんプロフィール

栃木市藤岡町出身の脚本家であり、漫画の原作を務めた経歴も持つ。
とにかく数々のドラマの脚本を手掛け、最近話題となったものとしては「半沢直樹」「下町ロケット」が記憶に新しい。

東京に住んでみると地元に帰るのが意外と容易であると感じているという。
一般的に帰省といえば、何時間もかけて帰るイメージだが、それがいつでも帰れるという手軽さは利点だと感じるという。

そしてこうも言っていた。
栃木市という土地がほとんど知られていないということ。

今あることをアピールすることも大事だが、新しいことを始めるという考え方も大事だと八津さんは言う。
今から種を撒くことで、10年後20年後に「栃木市といえば日本一の〇〇だよね」と言われるような活動をしていくことが必要ではないかと。

義達祐未さんは蔵の街とちぎプラットフォームのメンバーとして参画し、官民一体となったまちづくりに関わっている。
若手を中心にした新たな活動も計画しているという。
今後栃木市で始まる新たな試みがどんなものになるのかこれからが楽しみだ。

イベントは幕をとじる

最後に魅力発信特使の方々による感想などを交えての〆の挨拶があった。
※諸事情により最後までいられなかったが

AKIRAぱいせんのしもつかれ愛が爆発する!!

こうして栃木市の魅力を語り合うトークセッションは幕をとじる。



最後に

栃木市観光交流館 蔵なびにて2021年10月10日に開催されたイベント『麦処とちぎ&栃木市の魅力発信ナビ』に行ってみた。

正直なところ前日までもうひとつのイベントにとち介が来るというので迷っていたが、結果的にこちらを選んで正解だった。
普段なかなか会うことのできない方々に会うこともでき、興味深い話をたくさん聞くことができた。

まだまだ知名度の低い「栃木市」、今後どんな進化を遂げていくのだろうか?
いち市民として、これからも影ながら栃木市の魅力を広めるためブログから発信していきたいと思う。

2022/8/9

【栃木市】鎮魂線香花火と灯ろう流し。イベント同時開催で夏祭りな1日に

栃木商工会議所創立130周年を記念したイベント「鎮魂線香花火と灯ろう流し」が2022年8月7日(日)に開催される。 元来「鎮魂」の意味合いを持つ花火。 先祖への供養の線香花火と昨今の出来事への祈願をこめて灯篭流しが行われる。 また今回は栃木市内、銀座通りの「十千木夜市」ミツワ通りの「みつわキッチンカー通り」山車会館の「アロハフェス」、さらには幸来橋付近ではお囃子やパフォーマンスなども披露され、夏祭りの様相を呈する楽しい1日となる。 目次(タップできる)鎮魂線香花火と灯ろう流しイベント詳細鎮魂線香花火と灯ろ ...

ReadMore

2022/8/13

【栃木市】みつわキッチンカー通り。人気のキッチンカーに地元飲食店でくいだおれ!

栃木県栃木市のみつわ通りにて人気のキッチンカーが勢ぞろいするイベント「みつわキッチンカー通り」が開催される。 かつては栄華を極めたミツワ通リも、蔵の街とちぎの盛り上がりに相反するように今やシャッター街どころか更地があるほど。 そんなみつわ通りがついに動き出した!! イベントには欠かせない人気のキッチンカーが9台集結、さらに地元の飲食店も参加する、みつわ通りならぬ「みつわキッチンカー通り」となるグルメイベント。 目次(タップできる)みつわキッチンカー通りイベント詳細みつわキッチンカー通り行ってみたキッチンカ ...

ReadMore

2022/8/7

【蔵の街とちぎ】シェアサイクル。観光拠点アクセスが快適に!

栃木県栃木市の中心街「蔵の街とちぎ」にて、2022年8月1日より「シェアサイクル」がスタートする。 3か月間の期間限定で、電動アシスト自転車がレンタルできる社会実験の一環として行われる。 駅からの移動が面倒、徒歩だと地味に遠い、駐車場を移動するのだるいな、なんて不満が解消、蔵の街とちぎの各拠点へのアクセス向上が期待できる。 目次(タップできる)シェアサイクルの社会実験シェアサイクル詳細利用方法最後に シェアサイクルの社会実験 栃木市中心街の観光計画の根幹をなす指針「ネットワーク・観光基盤の整備」に向けての ...

ReadMore

2022/7/24

【栃木市蔵なび】まちづくりトーーーク!。栃木市の魅力・これからを熱く語り合うイベント

栃木市栃木駅前の蔵なびにて2022年8月6日(土)にイベント「まちづくりトーーーク!」が開催。 まちづくりとはどういうものか、栃木市の未来はどうなってしまうのか、これからどうしていけばいいのか? そんなこれまでとこれからの栃木市について、また、個人が魅力発信をするにはどうしたらいいのかなど熱く語り合うトークイベント。 栃木市で活動しているスペシャルなゲストを招いて開催され、ここでしか聞けない話も盛りだくさん。 目次(タップできる)まちづくりトーーーク!イベント詳細 まちづくりトーーーク! 栃木市が官民連携 ...

ReadMore

2022/7/19

【蔵の街とちぎ】栃木市立文学館特別イベント「高橋由起フルートコンサート~文学館で名曲を~」

栃木市立文学館にて2022年7月24日に特別イベント「高橋由起フルートコンサート~文学館で名曲を~」が開催。 フルート奏者として活躍する高橋由起さんの素晴らしい演奏を間近で感じられるプレミアムなイベント。 しかもこれが観覧無料とかプレミアムにもほどがある。 7月24日(日)は広場にてMusée Marché​〜向日葵〜も開催される。 是非とも栃木市に、そして文学館に演奏を聴きに行こうじゃないか。 目次(タップできる)高橋由起フルートコンサート~文学館で名曲を~イベント詳細 高橋由起フルートコンサート~文学 ...

ReadMore

2022/7/16

【栃木小山】おやまの夏まつり。小山駅西口エリアがイベント盛りだくさんな1日

  栃木県小山市、小山駅西口エリアで2022年7月17日(日)に「おやま夏まつり」が開催。 小山祇園祭に御殿広場ピクニックマルシェ、軽トラ市&フリマルシェとイベント盛りだくさん。 小山祇園祭では神輿にお囃子、マルシェではグルメに雑貨、御殿広場ではピクニック気分も楽しめる。 イベント詳細 イベント詳細 おやま夏まつり 会場 小山駅西口エリア 開催日 2022年7月17日(日) 開催時間 各イベントによる 住所 各イベントによる 運営 主催 各イベントによる 問い合わせ先 各イベントによる

ReadMore

2022/7/16

【栃木小山】御殿広場ピクニックマルシェ。フードや雑貨などおよそ50店舗が出店の楽しいマルシェ

御殿広場ピクニックマルシェ。 小山市の御殿広場で定期開催される、ピクニック気分で楽しめるマルシェ。 フードや雑貨などおよそ50店舗以上が出店し、イベント開催時にはたくさんの来場者がある人気のイベント。 広い芝生エリアでのんびり寛ぎながら楽しめると、ピクニックを楽しむ人もいれば、買い物や美味しいグルメを楽しむ人などいろんな楽しみ方ができる。 そして今回急遽開催となった2022年7月17日(日)のイベントでは、おやまの夏まつりと称して小山祇園祭、軽トラ市&フリマルシェが同時開催されるためこれまで以上の ...

ReadMore

2022/8/11

【栃木嘉右衛門町】お盆だョ!カウえもん。神社参道でおこなわれる古き良き懐かしの縁日

栃木市嘉右衛門町の神明神社境内にて、2022年8月11日に「お盆だョ!カウえもん」が開催される。 昭和を感じる昔懐かしの神社の境内で行われる縁日。 わたあめにかき氷、輪投げや射的にお面など、昔は結構見かけた夏の夜の風物詩。 普段、嘉右衛門町でお店を営む店主たちが浴衣に着替え、この時だけのいつもと違うお店を開くイベントだ。 延期 目次(タップできる)お盆だョ!カウえもんイベント詳細 お盆だョ!カウえもん 昔ながらのレトロな雰囲気を残す栃木市嘉右衛門町。 そんな一角にある神明神社。 ※画像は2022年4月のも ...

ReadMore

2022/7/3

【蔵の街とちぎ】いちご一会とちぎ国体開催100日前記念栃木市炬火イベント

いちご一会とちぎ国体の2022年10月1日開催を記念して、栃木市で7月2日に「いちご一会とちぎ国体開催100日前記念栃木市炬火イベント」が開催された。 いちご一会とちぎ国体は2022年10月1日~11日まで開催される、今年77回目(栃木県では2回目)となる国民体育大会。 それを記念して、蔵の街とちぎの山車会館前広場では山車の展示やお囃子演奏にキッチンカーグルメ、スポーツ体験などが行われた。 熱いイベントを前に、猛暑の中で気合入りまくりのイベントに行ってみた。 目次(タップできる)いちご一会とちぎ国体開催1 ...

ReadMore

2022/7/16

【栃木小山】小山祇園祭。須賀神社の夏の例大祭

栃木県小山市の夏の風物詩、須賀神社の夏の例大祭「小山祇園祭」のシーズンがやってきた。 毎年7月の第3日曜に開催される小山市の夏のお祭り。 市内中心部を歩行者天国にし、日本一の大神輿渡御としても名高い須賀神社の例大祭。 各町内のみこし、お囃子によさこいなど盛り上がるイベント。 小山祇園祭 コロナ禍で中止されていたが、2022年7月17日(日)久しぶりの開催。 今回は規模を縮小し、歩行者天国によるおまつり広場、各自治体のみこしは中止、須賀神社の中神輿1基のみが巡行、お囃子の演奏で祭り気分を盛り上げる。 出典: ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-お酒, イベント, レポート, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.