和菓子・スイーツ 食レポ

和菓子青柳の恵方すあま。これはもしやあの時助けた岩下の新生姜なのかい?

埼玉県杉戸の和菓子青柳からとんでもない一品が誕生した。
その名は『恵方すあま』。

まさに恵方巻のような超ロング級のすあま。
普通なら店頭にはカットされたすあまが販売されるが、カット前のそのままの姿はなかなかお目にかかれない。
そんなすあまを実際に手に入れることができる。

そう、和菓子青柳ならね。



和菓子青柳の恵方すあま

衝撃的なツイートを見かけた数日後の5月22日、やってきたのは埼玉県杉戸にある和菓子青柳。
一番乗りでゲットしたそのブツは想像以上にとんでもなかった。

包装してあるものの、普通の『すあま』と比べるとわかる、その超ロング感。

開封すると姿を現したのは、普通のすあま18個分、55cmもの超ロング『恵方すあま』。

恵方巻のようにかぶりつこうと思ったが、あまりのプルプル加減にあやうく真っ二つに自壊しそうになったので断念。
1/4にカットした恵方すあまにかぶりつく。

凄いもっちり感だ。
甘すぎないのでいくらでも食べられそう。

すあま好き歓喜な瞬間であった。

1日3食すあま生活

ベストなもっちり感を味わえる、すあまの賞味期限はおよそ2日間。
大好物なすあまなら毎日でも食べられる。

ということで1日3食すあま生活をしてみた。

1食あたりすあま1/4本、およそ4~5個分意外と大した量ではない。
さっそくカットして4食分(さっき食べた分含む)に分けて個別にラッピング。

おもわず我慢できずにノーマルサイズも食べてみる。

もっちり感といい甘さといい、このサイズがまさにベスト。
もし恵方すあまを手にすることがあったカットして食べることをおすすめする。

食べ続けてみたが、全然飽きることはなかった。
まぁ1食あたり4~5個分ともなれば当然か。

最初こそその巨大さに食べきれるだろうかと不安はあったが、実際食べてみればどうということはなかった。
それもこの食感と甘すぎない味があってこそ。

最後に

和菓子青柳の『恵方すあま』。
すあま好き歓喜な贅沢な一品だった。

当然だが、これは通常では購入不可能。
もし購入したい場合は、前日の午前中に予約をしてから訪問しよう。

お店詳細

和菓子青柳
住所 埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸4-7-7
TEL 0480-32-0334
営業時間 8:00~19:30
定休日 月曜


【埼玉春日部】和菓子青柳。萌え断系和菓子『みかんちゃん大福』が話題の和菓子屋さん

続きを見る

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-和菓子・スイーツ, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.