定食屋・食堂 食レポ

【栃木佐野】みはらしや食堂。古き良き昭和を残す食堂で肉入野菜炒めを食す

栃木県佐野市、旧50号線沿いに鎮座する2軒ならびの食堂のひとつ「みはらしや食堂」。

昔ながらの昭和を感じさせる大衆食堂。
まさかの大衆食堂2軒ならびながらも続けていられたのは、やはり場所柄と地元に愛されるお店の証明だろう。

果たしてどんな定食に出会うことができるのだろう?
さっそく「みはらしや食堂」行ってみた。



みはらしや食堂

ここが今回訪問した栃木県佐野市関川町にある大衆食堂の「みはらしや食堂」。

年季の入った外観は昭和を今に残す。
かつてあったであろう、みはらしや食堂の看板は見る影もない。
みはらしやという名から想像するに、かつて旧50号が旧じゃなかったころは岩舟の山々が見渡せる場所だったのかもしれない。

すぐ隣に食堂がもう一軒あるということからも、周辺エリアの開発が盛んな当時の賑わいが想像できる。
いまも2軒並びで営業が続いているのは、地元民や周辺の人々に愛されている証だろう。

アクセス

アクセス詳細

住所 栃木県佐野市関川町319

車 東北道佐野スマートインターより2.4km(5分)
電車 両毛線佐野駅より4.6km

駐車場 15台

広いスペースにゆったりとた駐車場。

店内

店内も年季の入り具合がたまらない。
これぞ昭和の大衆食堂感満載。

店舗入って左手に厨房。
その上にはメニュー札が並ぶ。

ホールにはテーブル席が5卓、奥側の小上がりには座卓が6卓。
夏場だが、こんな時期なので窓や入り口は解放されている。

備え付けはこんな感じ。

カスタマイズ調味料の数々。
食堂といったらこれだよな。

みはらしや食堂のメニュー

みはらしや食堂のメニューはこんな感じ。

みはらしや食堂メニュー(2020年8月時点)

丼類
・カツ丼 680円
・肉丼 630円
・玉子丼 600円
・チャーハン 550円
・かつカレー 680円
・カレーライス 580円
・カレーライス(大) 650円

ラーメン類
・ラーメン 480円
・ラーメン(大) 580円
・チャーシューメン 680円
・五目ラーメン 680円
・タンメン 650円
・みそラーメン 600円
・もやしラーメン 600円
・冷やし中華 730円 

定食
・めし/とん汁 350円

お惣菜
・焼肉 430円
・肉入野菜炒め 400円
・野菜炒め 300円
・レバー炒め ?円
・生野菜 380円
・とんかつ 380円
・かきフライ ?円
・ハムエッグ 250円
・さしみ 時価円
・目玉焼 200円
・玉子焼 200円
・もつ煮込 380円
・いかフライ 300円
・あじフライ 300円
・野菜サラダ ?円
・餃子 330円
・シウマイ 280円
・メンチかつ 250円
・煮魚 280円
・ナットウ 150円
・とうふ 230円
・お新香 250円
・焼魚 250円

・ビール(大) 550円
・お酒一級 330円

定食メニューは定食350円に惣菜を合わせるスタイル。
組み合わせ無限大でワクワクする。

その日によって提供していないメニューもあるようだ。



肉入野菜炒め定食食べてみた

今回チョイスしたのは肉入野菜炒め定食。

肉入野菜炒め+定食 400円+350円

キャベツ、ニンジン、タマネギ、もやし、豚肉のシンプルな野菜炒め。

定食はご飯、とん汁がセット。
お新香も含まれるのだろうか?

まずはとん汁をひとくち。

豆腐の色味加減からしっかりした味染み感が想像できる。

豆腐に玉ねぎ、白菜、豚肉など具沢山で、コクがあり旨味が染み出していて汁だけでご飯が食えそうだ。

さて野菜炒めはどうだろう。

程よい塩加減、野菜のエキスがあふれ出している。
野菜はシャキシャキでさっぱりとした味わい。

オンザライスからの野菜、そして汁染みご飯をかっこむ。

オーソドックスな味だけど、それが逆にイイ。
普通盛りのご飯では物足りない。

胡椒を追い掛けしてスパイス利かせると、さらにご飯がススム。

最後に

栃木県佐野市にある「みはらしや食堂」に行ってみた。

昭和を感じさせるこれぞ大衆食堂という外見がたまらない。
今回はメニューの一番人気と思われる『焼肉』を外して『肉入野菜炒め』をチョイス。

オーソドックな味ながら、それがかえってご飯を欲する。
次回は焼肉もいいけどカレーも気になるな。

お店詳細

みはらしや食堂
住所 栃木県佐野市関川町319
TEL 0283-22-4883
営業時間 月曜 11:00~15:00
     火曜~11:00~15:00/17:00~21:00
定休日 無休


2024/2/7

もつ煮の菜嘉村。栃木県栃木市にあるトラック運転手御用達のモツ煮定食のお店

栃木県栃木市にあるもつ煮が人気の定食屋「もつ煮の菜嘉村なかむら」。 トラックドライバー御用達の定食屋で、ガッツリスタミナを求める人の集まるお店。 看板メニューのもつ煮定食は、しっかり煮込まれ味しみ抜群でトロリと柔らかく、旨味溶け出す煮汁がたまらなく旨い。 栃木県内でもつ煮専門店として1、2位を争う人気のもつ煮を味わいに菜嘉村行ってみた。 もつ煮の菜嘉村 今回訪問したのは栃木県栃木市藤岡町、東北道佐野藤岡インター近く国道50号バイパス沿いにある、もつ煮を専門にする定食屋「菜嘉村」。 ひときわ目立つ赤い看板に ...

ReadMore

2023/12/10

白えび亭。富山県富山市 富山駅きときと市場 とやマルシェの元祖白えび天丼の店

富山県富山市にある白えび亭。 富山名物の白えびをふんだんに使用した、元祖白えび天丼のお店。 『白えび天丼』を名物とするが、もう一つの人気メニューが『白えび刺身丼』。 丼に盛られたたくさんの白えびの刺身はボリューム満点だが、そのスペシャル仕様『白えび刺身丼スペシャル』はなんと白えびをおよそ200匹も使用しているという。 今回はそんな富山名物グルメを味わうべく、白えび亭に行ってみた。 白えび亭 今回訪問したのは富山県富山市明輪町、富山駅から徒歩0分にある白えび亭。 それもそのはず、富山駅内にある、きときと市場 ...

ReadMore

2023/12/6

久松食堂。栃木県栃木市の昭和レトロで素朴な味わい食堂

栃木県栃木市岩舟町、ここに昭和レトロな絶滅危惧種的な食堂が存在する。 その名は「久松食堂」。 老夫婦の営む、年季の入った昭和レトロな佇まいのお店。 素朴で間違いない、これぞ昭和の食堂然とした料理を味わうことができる。 今回はそんな久松食堂に行ってみた。 久松食堂 今回訪問したのは栃木県栃木市岩舟町、桐生岩舟線(旧50号線)沿いにある久松食堂。 老夫婦が営む昭和レトロな食堂。 年季の入った外観、店名は「堂」が剥げ落ち、久松食になってしまっている。 敷地端には瓦礫が積み重なり、入り口横には大量の盆栽など鉢植え ...

ReadMore

2023/11/16

三の丸商店。群馬県館林市にある秘伝のソースを使った三の丸ポテトと三の丸焼きそばが人気のお店

群馬県館林市にある三の丸商店。 館林のローカルフードが味わえる駅前グルメ。 三の丸特製ソースを使用した焼きそばやポテト、イモフライ、丼ものにお好み焼きなど、学校帰りの学生が喜びそうなメニューが揃う。 名物のひとつ三の丸ポテトは、いわばイモフライのパン粉無し版。 ここでしか味わうことができない一品だ。 今回はそんな三の丸商店に行ってみた。 三の丸商店 今回訪問したのは群馬県館林市栄町、東武伊勢崎線館林駅より徒歩3分にある三の丸商店。 館林市の地元民しか知らないローカルフードが味わえる駅前グルメスポット。 実 ...

ReadMore

2023/11/15

ドライブイン太陽。栃木県矢板市のかつて昭和のドライブインだった名残残すお店

栃木県矢板市にあるドライブイン太陽。 最近マニアの間で注目されつつある、昭和懐かしのドライブイン。 かつては長距離トラックドライバーが仕事終わりに酒を飲み、駐車場で爆睡するなんて昭和の光景が繰り広げられていたドライブインも時代の流れとともに少しづつ姿を消しつつある。 今は建て替えられて新しくなり、こじんまりとした普通の定食屋になってしまったけれど、料理は当時のものを復活させているという。 今回はそんな「ドライブイン太陽」に行ってみた。 ドライブイン太陽 今回訪問したのは栃木県矢板市片岡、片岡駅から徒歩12 ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-定食屋・食堂, 食レポ
-, , ,

PAGE TOP