ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

麺屋鶴と亀「オメガΩ神龍純とんこつラーメン」。高濃度の豚骨スープが中毒性抜群

麺屋鶴と亀の人気限定メニュー『オメガΩ神龍純とんこつラーメン』が中毒性あるやばうまな一杯だった。

不定期で登場するとんこつラーメン、これが特製の高濃度スープが一度食べるとクセになり限定登場となれば、平日でもリピーターなど3桁にもおよぶお客が押し寄せるという。

店主渾身の豚骨スープが堪能できるというこの一杯。
さっそく食べてみようじゃないか。



オメガΩ神龍純とんこつラーメン

これが噂の「オメガ神龍」(とんこつ)ラーメンか。
2日間の杯数限定メニュー。

メニュー

とんこつラーメン 850円
替え玉(粉落とし、湯通し選択) 150円

見るからに濃厚そうなビジュアル感。
トッピングされているのは、炙りの入ったチャーシュー、極太メンマ、海苔、小ネギ。

もちろん追加トッピングも用意されている。

追加トッピング

ピリ辛もやし
紅生姜
ニンニク

まずはもやしと紅生姜のみでいただこう。
果たしてどんな味を堪能させてくれるのだろうか。

クセになるそのスープのうまさ

まずはスープから。

まるで豚肉をペーストにしたのかと思うほどの高濃度に旨味が濃縮されている。
コクと旨みがあふれるスープに醤油ベースのタレの風味が効いていて、その舌触りはとろーりなめらかでクリーミーな舌触り。

店主こだわりのスープだけに、下処理の段階から手間暇かけているのだろう、これだけの濃度ながら独特のクセ感や匂いはまったく気にならない。
それにしてもこの味わいクセになりそうだ。

たいちょー
もう一杯注文しておこうかなw

続いては麺だ。

ブリパツの低加水な極細麺は食感が気持ちいい。
小麦の風味とほのかな塩味を感じる美味い麺、そこに絡む濃厚なスープの旨味。
その絡み加減はかなりのもの。

紅生姜の酸味、もやしのシャキシャキ感がさわやかで濃厚なスープのアクセントになっている。

そしてチャーシュー。
程よい厚みなので濃厚スープにありながもクドくなく食べやすい。
芳ばしい風味が食欲をそそり、肉感がありつつもホロッした食感。
肉の旨味がしっかり閉じ込められていて噛むほどに旨味があふれる。

甘味のある極太メンマがこれまたスープとの相性がよく、コリコリした食感も心地よい。

替え玉粉落とし

さてこれで満足となるはずもなく、当然替え玉を注文してみた。
今回は粉落としをチョイス。
ネギが加えられ、カエシがかけられている。

今思えばこのままの味も味わってみたかった。
次回はそのままも試してみよう。

ということでスープに投入。
おわかりいただけただろうか?
このスープの量である。

とんこつラーメンといえば替え玉を何度もしたくなるのが定番だが、その濃度ゆえに替え玉をする頃にはここまでスープが減少してしまっていた。
もっとセーブしながら食べればよかったか。

この美味さまだまだ堪能し足りないが、本日の宴はこれがラストとなるようだ。

心地よい食感とともにほのかなビター感のある味わい。
ネギが加わることで風味がさらに増して美味い。



ラスボスは最後に登場する

ここで最終兵器「ニンニク」の登場だ。
これを入れたら最後、もうもとの味には戻れない。

マシマシ

※このあと2倍くらい投入しました

やはりニクニクを入れると最強に美味い。
ニクニクの風味もそうだが、ほのかなビター感にこのコクマシマシな作用が加わるることでスープの旨味が倍増。
わけわからないこだわり持たずに最初から投入しておけばよかった(笑)

堪能した!!!

 

最後に

今回は麺屋鶴と亀の限定『オメガΩ神龍とんこつラーメン』(通称オメガ神龍)食べてみた。

濃厚豚骨スープのこの旨味と嫌なクセの無い風味は、店主渾身の一杯というのが想像できる。
短期間かつ杯数制限があるのも納得、ファンが多いのも納得の美味さだった。

栃木市界隈にはこの手のラーメンを提供するお店は少ないから、限定メニューとはいえとても貴重だ。

もっと早く食べていればよかった、と思うほどのおすすめの一杯だ。
まだの人は是非この味堪能してほしい。
※濃厚系が苦手な人はのぞく

 

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.