スイーツ 食レポ

【栃木佐野】石川さんちのたまごで作る石川さんちのバウムクーヘン

投稿日:

栃木県佐野市にある石川さんちのたまご直売所。
午前中で売り切れになることもあるという石川さんちのたまご。

そこで手に入れた「石川さんちのバウムクーヘン」食べてみた。

自慢のたまごで作ったバウムクーヘン、果たしてどんな味なのだろうか?
さっそく食べてみよう。

スポンサーリンク

石川さんちのバウムクーヘン

石川さんちのたまごやで手に入れたのは、石川さんちのバームクーヘン棒夢(ぼうむ)。

製造は日光市の赤羽製菓、洋菓子店シェ・アカバネは美味しいケーキやバウムクーヘンなども販売している。
そのお店で作られた本格的なバウムクーヘン。

これは期待できる。

中には1層ずつにしっかりと焼かれたバウムクーヘン。

朝4時から1本1本を手作りによるバウムクーヘンづくりを頑張っているというシェ・アカバネの手間暇かけられた一品。

袋から取り出してみるとメープルシロップの芳ばしくて甘い香りが広がる。

外周はグラニュー糖でコーティングされている。
基本的な構造はシェ・アカバネのバウムクーヘンと同等らしい。

さっそくカットしてみよう。

しっかりめにコーティングされたグラニュー糖のザクザクという切り心地。
中は柔らかい。

さっそく食べてみよう。

シャリシャリとしたグラニュー糖の食感、そして口の中でトロッととろける。
ふんわり柔らかでしっとりした食感で、甘味て濃厚な味わい。

それでいて甘さがクドくないので食べやすい。
思わず完食してしまった。

コーヒーと一緒に食べるさらに美味しい。

最後に

佐野市にある石川さんちのたまごやで販売されている「石川さんちのバウムクーヘン棒夢」。

どう大量生産系のパッサパサのバームクーヘンでしょと思っていたか、洋菓子店で作られる本格的なバウムクーヘンだった。
ふんわり柔らかでしっとりな食感、芳醇な香りにクセの無い甘味がなかなか美味かった。

ちなみに賞味期限は1か月(未開封)。

 

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-スイーツ, 食レポ
-, , , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2019 All Rights Reserved.