そば 食レポ

【栃木県佐野市】石臼びき手打そば悠庵。オシャレなカフェ風空間で食べる本格蕎麦

投稿日:

佐野市の街なかに石臼びきの手打そばの美味い蕎麦が食べられるそば屋がある。
佐野市駅から1kmほど、佐野アウトレットから2kmと比較的中心街に近い場所にあるそのお店の名は『石臼びき手打そば悠庵』。

住宅街の一角にある隠れ家的なそのお店は、まるでカフェのような店内で本格的な蕎麦を楽しむことができる穴場人気店だ。
某食レポサイトでは佐野市でTOP3に入るほど。

街なかで美味い蕎麦が気軽に食べられるというのでさっそく行ってみた。

スポンサーリンク

石臼びき手打そば悠庵

佐野インターからほど近い、アウトレットモール隣のイオン。
そこからまっすぐ西へと延びる道路を車を走らせること2km、中学校の二つ手前のT字路を住宅街へと右折すると左手に見えてくるのが今回の目的地『石臼びき手打そば悠庵」。

まさに住宅街にひっそりと佇むように店を構える隠れ家的なそば屋。
赤身のある屋根、外壁はコンクリートに刷毛引き仕上げ、入り口には木製のスロープ付きの外観からはそば屋とは想像もつかない。

入口には長い暖簾が下がる。

その左手には喫煙用のテーブル席が設置されている。

すなわち完全禁煙の証だ。
この段階ですでにポイント高し。

 

悠庵の駐車場

細い小道を進むと左に見えてくる悠庵の看板。

お店前の砂利の駐車場に6台ほど駐車可能。

道を挟んで反対側の砂利の駐車場にも3台駐車可能。

この日は平日の昼どきで先客1組の後客3組ほどだった。
慌てて訪問したが平日なら慌てなくても大丈夫そうかもしれない。

 

さっそく店内へ

暖簾をくぐり、木製のスロープを進み赤い引き戸を開け店内へ。

かつての古民家を改装したのだろう、梁や部屋の間仕切りの名残りの柱などがそのまま残されている。

漆喰の白壁に床はフローリング。
軽快な音楽が流れ、オシャレな店内はまるでカフェのようだ。

店舗右手に2人掛けのテーブル席2、4人掛けテーブル席2、中央の仕切りの左に4人掛けのテーブル席が2。
そして奥の厨房前にカウンター席が6席とおひとり様でも気軽に利用できそうだ。

ちなみに店内入り口側に待ち用と思われる椅子が5脚設置されていた。
タイミング次第では待ちも覚悟しないといけないのかもしれない。

左の壁沿いにレジ、そしてその隣には製粉所。

本日の蕎麦は栃木県益子産の常陸秋蕎麦を使用しているらしい。

ここで厳選して仕入れた蕎麦の実を低速回転の本格石臼で時間をかけて不要なストレスを抑えて丁寧に挽かれた自家製粉を使用しているという。

スポンサーリンク

石臼びき手打そば悠庵のメニュー

石臼びき手打そば悠庵のメニューはこんな感じ。

ざるそば、天ざる、鴨ざるの三種がそれぞれ、二八、十割、二種もりからチョイスできる。
ここはやはり最初は二八と十割の楽しめる二種もりでしょう。

おかわりメニューがあるのが地味にうれしい。
もちろん温かいそばもあるし、サイドメニューでそばがきや玉子焼きとかいいところを攻めてくる。

そば屋の昼酒というのも気になるな。

なかなかのポテンシャルを秘めたお店だ。

 

こだわりの蕎麦を堪能してみた

注文を済ませ蕎麦茶で喉を潤す。

芳醇な香りが鼻腔を突き抜ける。
甘味があって芳ばしく美味しい。

そば屋の玉子焼き

まずはそば屋の玉子焼き(650円)。

土日の繁忙時には食べられない一品だ。

焦げ目なく丁寧に焼かれた玉子焼きだ。

まずはそのままでいただく。

アツアツのふわとろな食感。
程よい甘さにピリッと辛いおろしがいいアクセントだ。

お次は醤油をたらして。

コクと甘味が増してこれまた美味い。
こうなってくるとお酒が欲しくなる。笑

 

野菜天ざるそば 二種もり

今回チョイスしたのは野菜天ざるそばの二種もり(1,750円)。

まずは旬の野菜の天ぷらからいただこう。

茄子や大葉、さやいんげん、ミョウガ、ピーマン、舞茸などどれも美味い。

衣はサクサクで軽くあっさり、そんな天ぷらをお好みで塩か天つゆでいただく。

まずは十割そばから提供される。

薬味はネギ、わさび、おろし大根、塩、麺つゆ。

蕎麦の良い香りがたまらない。
まずは塩をふって食べてみる。

プリっとしたコシがあるが歯切れよく蕎麦の舌触りが心地よい。
蕎麦の風味が口の中に広がる。

塩によってその旨味がより一層深まる。

続いて二八そばの登場。

しなやかで瑞々しさを感じる見た目。
さっそく麺つゆでいただく。

十割そばに負けず劣らずの芳醇な香り。
しっかりとコシがあり瑞々しく清涼感を感じ、喉越しはつるりととても心地よい。

ここにわさびを加えればツンと刺激的な風味が広がる。
まさにおろしたての風味豊かなわさびだ。

〆には蕎麦湯で濃縮した蕎麦の風味、ダシの旨味と甘味を堪能。

うまし!!

 

最後に

佐野市といえば行列のできる蕎麦店が有名だが。
山奥に行かずして、市街地の真ん中でもこれだけ本格的で美味い蕎麦を堪能できる。

佐野インターやアウトレットからも近いので、昼メシがてら寄り道してみてはどうだろうか?

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-そば, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2019 All Rights Reserved.