ラーメン 東京のラーメン 食レポ

【東京港区赤坂】赤坂麺処 友。あご出汁系と鶏白湯系ラーメン専門店

東京都港区赤坂にある「赤坂麺処 友」。

あご出汁系と鶏白湯系のラーメンを看板とするラーメン店。
ラーメン激戦区にて常に上位に位置し、その人気を誇るお店。

芳醇なあご出汁の旨味引き立つあご出汁系、濃密な鶏の旨味あふれる鶏白湯系といずれも人気。
期間限定や季節限定メニューなどもあり、いつ来ても飽きさせない。

今回はそんな「赤坂麺処 友」に行ってみた。



赤坂麺処 友

今回訪問したのは東京都港区赤坂、東京メトロ赤坂駅から徒歩220mほどTBS赤坂サカスのお膝元にある「赤坂麺処 友(とも)」。

音楽制作会社「株式会社友ミュージック」がプロデュースし、2012年5月14日にオープンしたお店。
グルメサイトでは激戦区赤坂エリアにおいて長年1位を獲得する、昼時ともなれば行列ができるほどの人気店だ。

あご出汁系醤油ラーメンと鶏白湯系塩ラーメンを看板メニューとし、他にもつけ麺や期間限定、季節限定メニューなども揃う。
また赤坂麺処 友のラーメン・つけ麺はデフォルトで味変アイテムがついてくるので、一度に二度楽しむことができ来店者を飽きさせない。

店内飲食の他、テイクアウトにデリバリー、通販なども行っているのでお店に来られない人も利用が可能。

アクセス

アクセス詳細

住所 東京都港区赤坂2-13-13 オレンジビル 1F

車 首都高速都心環状線「霞が関料金所」より1.4km(5分)
電車 東京メトロ千代田線赤坂駅「2番出口」より220m(徒歩3分)
   東京メトロ南北線・銀座線溜池山王駅「7番出口」より400m(徒歩6分)

駐車場 なし(周辺有料駐車場有)

店内

店舗入ると右手にタッチスクリーンタイプの最新鋭な券売機が設置されている。

中央に厨房、それを囲むようにコの字のカウンター席。
席は右手4席、中央6席、左手4席の計14席。

卓上調味料は胡椒、一味、醤油、酢、ラー油。

水は上部カウンターのピッチャーからセルフにて。

赤坂麺処 友のメニュー

赤坂麺処 友のメニューはこんな感じ。
※2023年3月12日時点

タップ拡大可

メニュー

芳醇あごだし醬油らーめん

  • あごだし醬油らーめん 960円
  • 半熟煮玉子芳醇あごだし醬油らーめん 1,070円
  • 特製芳醇あごだし醬油らーめん 1,180円
  • あごだし醤油らーめん専用 味変替え玉(半麺) 150円
  • あごだし醤油らーめん専用 味変替え玉(一玉) 250円

※味変小鉢は自家製ラー油

濃厚鶏塩らーめん

  • 濃厚鶏塩らーめん 960円
  • 半熟煮玉子濃厚鶏塩らーめん 1,070円
  • 特製濃厚鶏塩らーめん 1,180円
  • 濃厚鶏塩らーめん専用 味変替え玉(半麺) 150円
  • 濃厚鶏塩らーめん専用 味変替え玉(一玉) 250円

※味変小鉢は茎山葵

淡麗京鴨中華そば

  • 淡麗京鴨中華そば 1,030円
  • 半熟煮玉子淡麗京鴨中華そば 1,140
  • 特製淡麗京鴨中華そば 1,350円
  • 淡麗京鴨中華そば専用 味変替え玉(半麺) 150円
  • 淡麗京鴨中華そば専用 味変替え玉(一玉) 250円

つけ麺

  • つけ麺 1,020円
  • 半熟煮玉子つけ麺 1,130円
  • 特製つけ麺 1,280円

※味変小鉢は林檎と柚子の特製ビネガー

トッピング

  • 豚チャーシュー(3枚) 330円
  • 鶏チャーシュー(3枚) 230円
  • つみれ 150円
  • 半熟煮玉子 110円
  • メンマ 150円
  • わかめ 100円
  • ねぎ 150円
  • のり 100円
  • 野菜 230円
  • 麺大盛り 50円~
    らーめん 並盛150g/大盛225g(+100円)
    つけ麺 並盛200g/中盛300g(+50円)/大盛400g(+100円)

サイドメニュー

  • 黒豚餃子(5個) 400円
  • 黒豚餃子(3個) 250円
  • ライス(小) 100円
  • ライス(大) 150円
  • チャーシュー丼 350円
  • チャーシュー丼(大) 400円

ドリンク

アルコール

  • 生ビール(アサヒスーパードライ) 550円
  • 瓶ビール(アサヒスーパードライ) 600円

ソフトドリンク

  • コカ・コーラ(瓶) 200円
  • からだすこやか茶 250円

※一部販売休止の場合アリ

利用方法

  • 食券を購入してから案内された席へ
  • 同一グループ4名まで※2023年3月時点
  • 持ち込み飲食禁止
  • 中学生以上は1席1杯注文
  • ティッシュ、つまようじ、紙エプロンはゴミ箱へ

赤坂麺処 友行ってみた

訪問したのは2023年3月12日。
オープン20分前で先客ナシ、後客8名ほど。

食券を購入し、席に陣取り食券を手渡すと、待つこと5分にほど。

特製濃厚鶏塩らーめん

今回チョイスしたのは『特製濃厚鶏塩らーめん』。

トッピングは鶏チャーシュー2枚、カットした鶏チャーシュー、つくね2個、味玉、極太メンマ、スプラウト、小ネギ、糸唐辛子、海苔。
味変アイテムは茎山葵。

まずはスープからひとくち。

表面には黄金色の鶏油が浮かび、スープは程よい濃度でまろやかな口当たり。
濃厚な鶏の旨味を塩の風味が引き立て、クセなく旨味を存分に感じることができる。

香ばしさがありコク深く甘味のある余韻が完飲を誘う。

麺は中太ちぢれ麺。

プリモチ食感でスープの絡みもちょうどよく、啜り心地もいい。
若干平打ちな部位もあり、ピロピロ感もあるその遊びが食感のよいアクセントにきいている。

芳醇な鶏の旨味きいたスープともしっかりと一体感がある。
スプラウトのほんのりビターな風味がスープのコクを引き立て、糸唐辛子のピリッとした辛味のアクセントが鶏の旨味にマッしている。

今度は鶏チャーシューをひとくち。

口に含むとブラックペッパーのスパイシーな香りが広がる。
しっとり柔らかで噛むほどに旨味あふれる。

つくねも食べてみよう。

弾力のある噛み応えで、濃密な鶏の旨味あふれ軟骨のコリッとしたアクセントが心地よい。
小ネギと一緒に食べるとまた最高。

中盤は味変の茎山葵を溶かして食べてみよう。

ツンとしたワサビの刺激が濃厚スープと絶妙にマッチし、さっぱりとした後味がまたいい。
ワサビとスープの相性が良いので、なんだったら最初からいれてしまってもいいくらいだ。

箸休めに味玉にかぶりつく。

プリンと弾力ある白身に中からトロりと溶け出す卵黄。
味付けしっかりめで、食べ応えも十分だ。

海苔で麺を挟んで磯感を感じたり、ワサビの風味を楽しみながら一気に麺を啜る。
最後にスープを完飲したい衝動にかられつつも我慢してごちそうさま。

最後に

東京都港区赤坂にある赤坂麺処 友に行ってみた。

名物の一つ「濃厚鶏塩らーめん」を食べてみた。
濃厚だけどクドくなく、程よい濃度が最後まで飽きさせない味わい。
プリモチな麺の食感心地よく、スープとの一体感も抜群だ。

味変の茎山葵もスープとの相性抜群。

完飲を誘うその味わいは人気店なのも納得の美味しさだった。

お店詳細

赤坂麺処 友
住所 東京都港区赤坂2-13-13 オレンジビル 1F
TEL 03-6426-5120
営業時間 平日 11:00〜26:30
     土日祝 11:00〜21:00(最終入店20:30)
定休日 不定休
支払い 現金、バーコード決済、カード等利用可
駐車場 なし(周辺有料駐車場有)

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-ラーメン, 東京のラーメン, 食レポ
-, ,