コンビニメシ ラーメン 食レポ

【セブンイレブン】熱狂!麺フェス。とみ田監修 デカ豚ラーメンニンニク増し

セブンイレブンの「熱狂!麺フェス」。
全国17の麺の銘店のひとつ『とみ田監修 デカ豚ラーメンニンニク増し』。

G系仕様なワシワシ食感の太麺に、濃厚な豚骨醤油スープに刻みニンニクがジャンクな一杯。

今回はそんな『とみ田監修 デカ豚ラーメンニンニク増し』食べてみた。



とみ田監修 デカ豚ラーメンニンニク増し

今回食べるのは、とみ田監修 デカ豚ラーメンニンニク増し。

詳細

販売地域 東北、関東、甲信越、北陸、東海
価格 630円(税込680.40円)
熱量 866kcal
たんぱく質 44.1g
脂質 38.0g
炭水化物 92.9g
食塩相当量 8.4g

千葉県松戸市の超人気店、中華蕎麦とみ田。
濃厚豚骨魚介のつけめんで有名な中華蕎麦とみ田だが、系列店のひとつ都内や千葉に展開する「雷」ではG系メニューを提供する。

そんな中華蕎麦とみ田だが、これまでもセブンイレブンではG系コラボメニューを取り扱ってきた。
2022年6月にそれをブラッシュアップさせ、さらにデカ豚がトッピングされたチルド麺として登場したもの。

G系仕様のワシワシ食感の太麺、濃厚な豚骨醤油スープに豚背脂MAX、刻みニンニクが合わさるジャンクな一杯に仕上がっている。

開封

さっそく開封してみよう。

ゼラチンで固められた濃厚スープの上に麺、もやしにキャベツ、刻みニンニク、そしてデカ豚チャーシューがトッピング。

レンチンするとゼラチンが溶け出しスープ状になり、自然と麺がスープにダイブする。

外周の麺が焦げてしまった。
※たまに麺がダイブせずに焦げる時があるので様子を見ながら温めよう

実食

まずはスープをひとくち。

微乳化系のスープで、濃厚豚骨の旨味に背脂はトロリとした口当たりで甘味が口の中に広がる。
醤油のコクとキレある味わいが後を引く、ジャンクなスープだけど罪悪感なく完飲できそうな雰囲気ただよう。

続いて麺をいただこう。

若干クセを感じるものの、ワシワシ食感の太麺が食べ応えあり、スープとの絡みもいい。
噛むほどに麺の甘みが広がる。
ニンニクの風味ががスープの旨味を引き立て、パンチある味わいに。

シャキシャキの野菜をスープに絡めて食べるとこれがまた旨い。
野菜マシマシでも余裕で食える。

デカ豚チャーシューはどうだろう。

ホロホロ柔らかで、味付けはほどよい。
スープに絡めることを前提にした味付けなようで、スープを絡めるとちょうどいい。
あと3枚くらいは余裕で食える旨さ。

普段はG系では完飲とかしないのに、クセになるスープに思わず完飲ごちそうさま。

最後に

とみ田監修 デカ豚ラーメンニンニク増し食べてみた。

仕様的には2022年6月リニューアル版と同等か?
たっぷりのニンニク、デカ豚の食べ応えがジャンク感を増している。
麺は構造上の問題か、レンチンすると若干水分が不足するのかなんかクセのある味わい。
とはいえ、なかなかのワシワシ感だ。

幾度となくブラッシュアップされてきた、商品だけに今後どう進化していくかこれからも楽しみだ。

レビューまとめ

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-コンビニメシ, ラーメン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.