テイクアウト 和菓子・スイーツ 食レポ

【栃木小山】卵とミルクと。彩華本店のこだわり四角いプリンのお店

栃木県小山市にある和風ダイニング 彩華-SAIKA-内にある「卵とミルクと」。
四角いプリンに季節のプリン、クレミアソフト、ヨーグルトドリンク、スムージーなどを取り扱うスイーツ専門店。

なかでも人気なのが、予約必須の那須御養卵を使用した四角いプリン。
四角いプリンという特徴的なビジュアルだけでなく、味も間違いない美味しさの一品。

今回はそんな「卵とミルクと」に行ってみた。



卵とミルクと

今回訪問したのは栃木県小山市天神町、小山パレスホテル別館の和風ダイニング 彩華-SAIKA-内にある「卵とミルクと」。

2021年12月にオープンしたスイーツ専門店は、かねてより販売されていた人気のスムージの他に、クレミアソフト、ヨーグルトドリンクなども販売する。
そして一番注目されているのが、那須御養卵を使用した四角いプリン。

昔ながらの固めのプリン、濃厚な味わいと、その四角いビジュアルが面白い。
予約必須の一品だ。

お店はホテルの別館だけあり、ぱっと見はわかりづらい。
それが逆にレア感あっていい。

アクセス

アクセス詳細

住所 栃木県小山市天神町2-8-40

車 国道50号神鳥谷(東)高架橋より350m(1分)
電車 小山駅より1.2km

駐車場 14台

駐車場は別館の南側と西側にある。
西側はバックで停めるのをおすすめする。

店内

別館の和風ダイニング 彩華-SAIKA-の入口より中へ。

店内入るとすぐ右手に卵とミルクと専門のスペースが併設されている。

ショーケース内には四角いプリン2種、季節のプリンと社長のきまぐれプリンの4種が陳列されていた。

飲食店側のレジ近くに併設されていて、店員さんが別にいるわけではない。
訪問時間が被ると混み合う場合があるため、タイミングをずらして予約すると密を避けられるのでおすすめ。

卵とミルクとのメニュー

卵とミルクとのメニューはこんな感じ。
※2022年4月9日時点

タップ拡大可

メニュー

  • 四角いプリン 270円
  • 四角いプリン(極) 378円
  • 四角いプリンソフト 702円
  • 四角いプリン(極)ソフト 810円
  • 季節のプリン 
  • 社長のきまぐれプリン(きまぐれで販売)
  • クレミアソフト 500円
  • フレッシュスムージー 540円
  • ミルキースムージー 648円
  • フレッシュスムージーソフト 972円
  • フレッシュスムージソフトトッピング(クレミア) 1,512円
  • ヨーグルトプレーン 500円

四角いプリンシリーズは1日50個限定なので、確実に手に入れたい場合は予約がおすすめだ。
季節のプリンは期間限定、気まぐれプリンは毎回あるわけではない。

卵とミルクと行ってみた

訪問したのは2022年4月9日13時頃。
数日前にすべての注文を予約をしての訪問だ。

丁度食事帰りのお客と被り少し待機。
まぁそもそもが受け取り時間を、予定より2時間早くしてもらっているわけだが。
昼飯どきの受け取りは避けた方がよさそうだ。

今回テイクアウトしたのはこんな感じ。

詳細

  • 四角いプリン
  • 四角いプリン(極)
  • 社長のきまぐれ「かぼちゃのプリン」
  • 季節のプリン「さつまいも」

フレッシュスムージー

そんなわけでまずいただくのは、フレッシュスムージー。

スムージーはもともと2021年6月から販売されていた定番メニュー。

濃厚なイチゴの風味、クセに無い甘み。
凍結させたイチゴを使用しているのだろう、時間が経つほどに果肉感が増してくる。

季節のプリン「さつまいも」

季節のプリン「さつまいも」。

さつまいもを使用したプリンにクリーム、芋けんぴがトッピングされている。

さっそくひとくち。

濃厚なサツマイモの風味と優しい甘みのプリン。
プルンとしつつ、舌の上でさらりとする優しい食感。

芳ばしい芋けんぴがいいアクセントになっている。

社長の気まぐれ「かぼちゃのプリン」

社長の気まぐれの「かぼちゃのプリン」。

気まぐれというだけに、不定期販売の何がでるかわからないお楽しみなプリンだ。

かぼちゃを使用したプリンにかぼちゃけんぴがトッピングされている。

さて味の方はどうだろう。

かぼちゃの香りが鼻腔をぬける。
濃厚でコクがあり、しっかりかぼちゃらしさ残る味わいだ。

四角いプリン

四角いプリン。

まさにその名の通り、四角い形のプリンだ。
四角いプリンには那須御養卵と牛乳、砂糖のみを使用して作られているそうだ。

四角いプリンはカラメルソースが別添え。

なんだか不思議な感じがするが、正真正銘プリンに間違いない。
長方形の容器で一気に仕上げることで一つ一つ容器を使用する手間を省略、そうして均等なサイズにカットした一品。

さっそくひとくち。

固めの昔懐かしの食感。
濃厚な卵の旨味にミルクのコクを感じる。

今度はカラメルソースをかけてみよう。

ビターで芳ばしい風味、濃厚な甘みが引き立つ味わいだ。

四角いプリン(極)

最後は四角いプリン(極)。

基本的な材料は同じだが、こちらは那須御養卵の極を贅沢に使用している。

比べてみると明らかに極の方が卵の色素が濃い。
那須御養卵の鮮やかなオレンジ色に比べて濃いオレンジ色をした極ならではだ。

さっそくひとくち。

固めは同じだが、クリーミーな口当たり。
濃密なコクがあり深みのある味わいに、食べた後の余韻も長く美味しいが持続する。

カラメルソースをかければ、味に深みが増して余韻も至福のひと時にかわる。

ちょっと値段は高くなるけど、圧倒的に極おすすめだ。

最後に

栃木県小山市にある「卵とミルクと」に行ってみた。

四角いプリンは、見た目も面白いが味にもこだわりがあり濃厚なコクと旨味を感じる。
懐かしい食感もたまらない。
1日50個限定なので、気になる人は予約をしてから訪問をおすすめする。

お店詳細

卵とミルクと
住所 栃木県小山市天神町2-8-40 和風ダイニング彩華本店内
TEL 0285-22-2633
営業時間 11:00~21:00
定休日 月曜
予約 電話予約可
支払い PayPay利用可

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-テイクアウト, 和菓子・スイーツ, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.