カフェ 食レポ

【栃木市嘉右衛門町】工藝と喫茶 物華。ゆったりした空気流れる見世蔵で過ごす至高のひと時

栃木県栃木市嘉右衛門町にある工藝と喫茶 物華。

ゆったりとした空気流れる、昔ながらの見世蔵でこだわりの上質な珈琲や紅茶、菓子の頂けるお店。
日本各地の器や布物、皮製品などハンドメイド作品の販売なども行っている。

今回はそんな工藝と喫茶 物華に行ってみた。



工藝と喫茶 物華

今回訪問したのは栃木県栃木市嘉右衛門町、日光例幣使街道沿いにある工藝こうげいと喫茶 物華ぶっか

代官屋敷の並ぶ街道沿いに建つ築百余年の見世蔵を改装して営むお店。
2021年2月31日にオープンした、上質や珈琲や紅茶、菓子などを閑静で落ち着いた雰囲気漂う空間でいただくことができる。

また日本各地の職人の手によりつくられた、器や布物、皮製品などの展示販売も行っている。

アクセス

アクセス詳細

住所 栃木県栃木市嘉右衛門町1-12

車 東北道栃木インターより3.0km(7分)
電車 栃木駅より1.7km/新栃木駅より1.2km

駐車場 岡田記念館と共有

店内

店内は撮影不可、立ち上がらずに手元の範囲のみ撮影可

明るすぎない照明、静かな時の流れる落ち着いた雰囲気ただよう店内。
丁寧に改装された店内は、伝統的な真壁しんかべならではの梁や柱の表情を感じることができ、その歳月を感じることができる。

4人掛けのテーブル席が4卓。

奥には横長で和を感じさせる厨房。
暖色系の照明が、店内でひときわ引き立つ空間だ。
その手前には棚があり、日本全国の職人による作品が展示販売されている。

ちなみにレジカウンターは店内奥の左側。

物華のメニュー

工藝と喫茶 物華のメニューはこんな感じ。

タップ拡大可

物華に行ってみた

訪問したのはカモンカエモン開催で賑わう2022年4月30日。
店内には先客3組4名、後客2組4名。

メニューを確認し、店主が来るまでの間ゆっくりと雰囲気を楽しむ。
注文は店主の手が空いたタイミングで聞きに来るので、呼んだりする必要はない。

カモンカエモン限定『プリン・ア・ラ・モード』とオリジナルブレンド。

オリジナルブレンド

まずはオリジナルブレンドをひとくち。
揃いのカップとソーサーが絶妙な一体感を醸し出す、どことなく浪漫を感じるビジュアルだ。

口に含むとフルーティーな香りが鼻腔をぬける。
芳ばしさがありつつもビター感は優しめ、酸味しっかりが効いたスッキリとした口当たり。
甘いお菓子を食べた後に飲むと、口内をリセットしてくれ相性もいい。

たいちょー
酸味しっかり系は苦手だけど、ビター感が優しめなのでクセがなく飲みやすい

プリン・ア・ラ・モード

店主がずっと作りたいと思っていたという一品が、カモンカエモン限定にて登場。

自家製のプリンといちごにバナナ、キウイなどの果物、フランボワーズのソルベが添えられている。

昔ながらの固めのカスタードプリン、濃厚クリーミーでカラメルの芳ばしさも絶妙なアクセント。
甘酸っぱくて芳醇な香りのフランボワーズのソルベは、さらりとしたくちどけ感。
ホイップクリームを添えた果物がまた素朴さを醸し出す。

なんだか懐かしい気分にさせる一品。

最後に

栃木市嘉右衛門町にある工藝と喫茶 物華に行ってみた。

歴史を感じさせる見世蔵の佇まい、ゆったりとした空気の流れる店内は思わず時を忘れてのんびり過ごしてしまいそうになる。
カモンカエモンのイベント時に訪問したおかげで、限定の美味しい一品も味わえて満足。

また時間に余裕がある時にでものんびり過ごしに来たいものだ。

お店詳細

工藝と喫茶 物華
住所 栃木県栃木市嘉右衛門町1-12
TEL 0282-25-5386
営業時間 10:00~19:00(LO18:30)
定休日 水曜

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-カフェ, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.