テイクアウト 韓国料理 食レポ

【栃木小山】OBENTO URISORO(ウリソロ)。韓国料理の弁当惣菜テイクアウト専門店

栃木県小山市にあるOBENTO URISORO(ウリソロ)。

韓国家庭料理をメインとした弁当や総菜、オードブル(前日予約)のテイクアウト専門店。
韓国でファーストフード的に食べられる『キンパ』、日本でも馴染み深い『ビビンバ』『チヂミ』などから、ひと手間かかる『サムゲタン』まで揃う。

今回はそんなOBENTO URISORO(ウリソロ)行ってみた。



OBENTO URISORO(ウリソロ)

今回訪問したのは、栃木県小山市犬塚、住宅街の一角にひっそり佇む「OBENTO URISORO(ウリソロ)」。

韓国の家庭的な料理をメインに扱う弁当や総菜、オードブル(前日予約必須)のテイクアウト専門店。

2017年11月5日にオープンしたこのお店、名のウリソロは「一緒」という意味を持つ。
店主である尹さんが受け継いだ本場韓国の家庭料理を味わうことができる。
食材にもこだわり、栃木県産コシヒカリや国産肉、地場産の野菜(可能な限り)などを使用しているという。
もちろん保存料、着色料なども不使用。

韓国でファーストフード的に食べられる『キンパ』、日本でも人気の『ビビンバ』『チヂミ』などから、ひと手間かかる『サムゲタン』など種類豊富。

ちょっとしたパーティーなどに便利なオードブルもあるので、「いつもと違った雰囲気で」、なんて時におすすめだ。

アクセス

アクセス詳細

住所 栃木県小山市犬塚6-15-21

車 50号バイパス(小山市7丁目)交差点より500m(2分)
電車 小山駅東口より3.2km

駐車場 4台

駐車場は店舗前のスペースが利用可能だ。
3台並ぶと若干狭いので、駐車や乗り降りの際には十分注意しよう。

お店

自宅の一角を改装、増設された店舗は、ログハウス風なオシャレな外観。

待ち用のベンチや、テラス席も設置されている。
こんなご時世じゃなかったら、購入した弁当をここで食べるなんてことも可能だったのかもしれない。
※未確認、テイクアウト専門店

OBENTO URISORO(ウリソロ)のメニュー

気になるOBENTO URISORO(ウリソロ)のメニューはこんな感じ。
※2022年2月23日時点

メニュー

写真付きのメニューもあるので、どれにしようかと迷った時には利用するといいだろう。

タイミングにもよるが最低1時間待ちは覚悟しておいた方がいいだろう。
あらかじめ予約をしてから訪問がおすすめだ。

OBENTO URISOROテイクアウトしてみた

訪問したのは2022年2月23日(祝日)の12時前。
お店の前には数台の車が駐車し、出来上がりを待っている状態。

予約をせずに訪問したので1時間はかかるとのことで、14時頃に予約をして別の予定を済ませて13時半に過ぎに訪問。
いまお店には次々とお客が訪問していた。

韓国料理のブームは去ったとはいえ、地元では韓国料理のテイクアウト専門店はレアなので、いまだその人気衰え知らずといったところか。

たいちょー
本格的な韓国料理なんて10年半前にデートで行って以来か(遠い目)

今回テイクアウトしたのはこんな感じ。

レンチン可能な容器というのもありがたい。

鶏モモのサムゲタン

まずは鶏モモのサムゲタンから食べてみよう。

鶏モモのサムゲタン 860円

米の入った白濁したスープに、大ぶりな鶏モモ肉が3切れ、スライスした生姜、干しナツメ、高麗人参などの具材がしっかり使われている。

口に含むと生姜の爽やかな香りが広がる。
米が溶けたトロミのあるスープは、具材の旨味をしっかり蓄えたコク旨な味わい。

じっくり煮込まれてホロホロに柔らくなった鶏肉がまた旨い。

塩気も絶妙で、ブラックペッパーのピリッとした辛み、干しナツメの甘みも良いアクセントになっている。
優しい味わいで身体も温まる一品。

ほどよい食べ応え感で朝食代わりにもよさそうだ。
サムゲタンは冷凍もあるので、常備用に購入するのもいいかもしれない。

キンパ弁当(豚(ピリ辛))

ご飯ものでチョイスしたのは、キンパ弁当の豚(ピリ辛)。

キンパ弁当(豚(ピリ辛)) 900円

キンパにはピリ辛豚肉、ニンジン、玉子、キュウリ、たくあんなどの具材を、海苔にご飯を敷き詰め、具材を包み込むように巻いたもの。
さらに海苔にはごま油が塗られ最後にゴマが散らされている。

彩りも鮮やかだ。

参考

ちなみにキンパ(かつてはノリマキと呼ばれていた)とは韓国風海苔巻きのことで、1900年代に日本からきた海苔巻きが根付き、韓国風にアレンジが加えられたもの。

野菜や肉、キムチ、カニカマや玉子焼きなど種類豊富な具材が使われ、酢飯ではなくごま油や塩で味付けされたものが使用されるのも特徴的だ。

生姜と醤油風味きいた唐揚げや野菜たっぷりの甘辛でごま油の風味きいたチャプチェ、ゴボウと白菜の甘辛ゴマ和えなどが添えられている。

キンパはシャキシャキな野菜の食感と甘み、ほんのり辛味と甘辛な味わいの豚肉が食べ応えある。

日本にはない韓国らしさを感じる海苔巻きだった。

最後に

栃木県小山市にある韓国料理のテイクアウト専門店OBENTO URISOROに行ってみた。

住宅街の一角にある隠れ家的なお店は、初見では存在に気づくことはまず難しい。
地元ではなかなか見ない韓国料理テイクアウト専門店だけに、オープンから4年経った今でも人気は絶えない様子で予約をしないと1時間待ち当たり前。

本場の韓国料理はほとんど食べたことないが、名物の『キンパ』は具沢山で食べ応えもあっておいしい。
サムゲタンも手間暇かけて作っている感を存分に感じられる一品。

たまにはいつもと違ったテイクアウト弁当を食べてみたい、そんな時におすすめしたい。
※くれぐれも予約を忘れずに

お店詳細

OBENTO URISORO
住所 栃木県小山市犬塚6-15-21
TEL 0285-35-6688
営業時間 10:30〜14:00(LO13:30)
     16:30〜19:00(LO18:30)
定休日 月火(その他臨時休業あり)
決済 カード、電子マネーなど利用可

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-テイクアウト, 韓国料理, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.