ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木市】めんや天夢2022年烏賊始め。烏賊煮干らーめん+烏賊悪魔塩辛ダブル

栃木市の煮干の聖地「めんや天夢」で2022年初、久しぶりの烏賊の日が開催。

烏賊の日名物の『烏賊ちん』『烏賊煮干らーめん』が提供、行列が絶えず完売御礼の大盛況。
なんと『烏賊ちん』に至っては、昼の部でほぼ完売間近になるほど。

今回は烏賊始めにめんや天夢に行ってみた。



烏賊煮干らーめん

訪問したのは烏賊の日(1/19)開催の18時半過ぎ。
外待ち10名、後客20名近くはいただろうか。

訪問より1時間ほどで完売するという大盛況っぷりだ。

烏賊の日といったら、烏賊フルコースといきたいところだが、残念ながら今回は『烏賊ちん』が完売してしまった。

【栃木市】めんや天夢の烏賊の日。烏賊煮干フルコースを堪能してみた

続きを見る

ライト系な入門編『烏賊ちん』に対し、今回チョイスしたのは烏賊マニア系な『烏賊煮干らーめん』。

今回はさらに追加チャーシューと岩のり。
実は烏賊煮干に岩のりを追加するのは初。

いったいどんな化学反応があるのか楽しみだ。

それはそうと、チャーシューの破壊力ハンパない。

いつにも増して巨大な気がする。
なんだ最高か。

トッピングは、巨大レアチャー2枚、刻み玉ねぎ、ミツバ、海苔。

さて、まずはスープからひとくち。

濃厚な烏賊の旨味、鼻腔を抜ける強烈な烏賊感。
ほどよいビター感に烏賊の旨味相まって、コク深い味わいがヤミツキになる。

お次は麺だ。
濃厚で粘度のあるスープは麺への絡みも抜群。

スープの風味をこれでもかと感じつつ味わうプリパツ細麺の旨さ。
その心地よいのど越し感と、啜ることで強烈に感じる烏賊の香り。

あいかわらずのマニア仕様。

ピリッと辛味きいた刻み玉ねぎのアクセントもいい。

箸休めではないけれど、レアチャーをいただこう。

スープに浸す必要もないくらいに旨味を蓄えたレアチャー。
柔らかで噛むほどに肉の旨味があふれ出す。

巨大なので食べ応え感も抜群。

今度は岩のりを加えてみよう。

完全に浸すと汁気をすべて持ってかれてしまうので、都度スープに浸しつついただく。

烏賊煮干しと岩のりの旨味の相乗効果で、たまらなく旨い。
これはヤバイものを追加トッピングしてしまったか。



和え玉烏賊悪魔ダブル+塩辛ダブル

宴ももうそろそろ終わり、もっと烏賊を感じていたい。
替玉といきたいところだが、なにせ濃厚スープゆえに替玉を追加にはスープが足りない。

烏賊の日にはスペシャルバージョンの和え玉がある。
『烏賊和え玉』だ。

だが、今回はひと味違う。
和え玉悪魔の烏賊バージョン、通称『烏賊悪魔』。
さらにここに烏賊和え玉専用トッピングの塩辛を追加。

今回はそのダブル(※和え玉のダブルやトリプルはデフォルトで利用可能)バージョンだ。

ダブルなので麺量200g、さらにコロチャー、刻み玉ねぎ、背脂、ニンニク(※アリナシ選択可)、烏賊粉。
そしてイカの塩辛。

しっかり混ぜ合わせていただこう。

烏賊粉の強烈な匂いが鼻腔をぶん殴ってくる。
これはもう烏賊の暴力だ。

だが、リスクがあればあるほどその旨さも倍増する。
旨味の爆弾のごとく、口の中であふれる烏賊の旨味。

さらに甘い背脂のコク感に、ニンニクのジャンクな味わいが絶妙に絡み合い至高のあじわいに。
ダメ押しに塩辛が旨味をブーストさせ至高から究極へ。

烏賊悪魔、悪魔的に旨い一品だ。
匂いも悪魔的だけど。

最後に

めんや天夢、2022年初の烏賊の日に行ってみた。

相変わらずのマニアック仕様の『烏賊煮干らーめん』は、非常にクセになる中毒性ある味わいだった。
初挑戦の和え玉烏賊悪魔も絶品。

ノーマル烏賊和え玉もいいが、次回烏賊の日開催の時には是非悪魔を試してみてほしい。

煮干し補給完了、ごちそうさま。

お店詳細

めんや天夢
住所 栃木県栃木市沼和田町11-20
TEL 不明
営業時間 11:30~14:30(LO)/17:00~20:30(LO)
定休日 日・月曜の夜、木・金・第一日曜終日
駐車場 40台

 

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2022 All Rights Reserved.