料理してみた 料理レシピ 食レポ

シャリアピンステーキ。玉ねぎたっぷり柔らかジューシーで至高に旨い!!

日本生まれのマリネステーキ『シャリアピンステーキ』。

牛肉をたっぷりの刻んだ玉ねぎで漬け込む『シャリアピンステーキ』は、とても柔らかな肉質のステーキに仕上がる。
さらにブランデーを使い漬け込むことで芳醇な香りと旨味あふれる一品に変わる。

今回はそんな『シャリアピンステーキ』作ってみた。



シャリアピンステーキ

シャリアピンステーキとは、牛肉をたっぷりの刻んだ玉ねぎでマリネするステーキのこと。
1936年に当時、帝国ホテル「ニューグリル」の料理長を務めていた筒井福夫により生み出された、日本生まれのオリジナル肉料理。

当時来日していたオペラ歌手「フョードル・シャリアピン」は歯の不調に悩んでいたという。
そんなシャリアピンの柔らかい肉が食べたいという要望に応え、誕生したのが同氏の名を冠する「シャリアピンステーキ」だ。

しっかり叩いて薄くした牛肉を玉ねぎまのみじん切りに漬け込むこの技法は、玉ねぎに含まれるたんぱく質分解酵素の働きを利用することで肉を柔らかくするという。

このステーキを甚く気に入り、シャリアピンステーキを食べて来日ツアーを乗り切ったという逸話もある。

今回作るのはそんなシャリアピンステーキ。

用意した材料はこんな感じ。

材料

・サーロインステーキ肉 300g
・玉ねぎ 1.5個
・ニンニク 1かけ
・バター 24g
・ブランデー 大さじ3
・醤油 大さじ3
・みりん 大さじ3
・塩コショウ 適量
・黒コショウ 適量

肉はランプやヒレ、サーロイン、肩ロースなどなんでも構わない。
シャリアピンステーキの真骨頂は、その柔らかさと濃厚な旨味なので、高級な肉ではなく安い肉をいかに旨くするかというのも面面白味の一つだ。

最安な肩ロースが買えなかったので、オーストラリア産サーロイン100gあたり301円の値下げ品を調達。

それではさっそく作ってみよう。

手順

  1. 脂身の部分に筋切りしておく
  2. 玉ねぎをみじん切りにしておく
  3. ブランデー大さじ3と玉ねぎ1個分に肉を30分~1時間漬ける
  4. フライパンに漬けていた玉ねぎをブランデーごと、さらに残りの玉ねぎを加え、バターを加えて色づくまで炒める
  5. おろしニンニク、醤油、みりんを加えて軽く炒め、黒胡椒を振り馴染ませたら一旦取り出しておく
  6. 牛肉に塩コショウをし好みの焼き加減に焼く
  7. 肉を焼いたフライパンにタレを戻し、軽く温めつつ旨味をしっかりこそぎとり合わせる
  8. 皿に盛り付け、肉の上にたっぷりのタレ、追い黒コショウとパセリを振ったら完成

身が反り返ったり縮んだりしないように脂身の部分に筋切りしておく。
そこにブランデー(大さじ3)を満遍なくかけ、みじん切りした玉ねぎ(1個分)をたっぷり乗せて漬け込む。

1時間ほど漬け置きしたら、フライパンに漬けていた玉ねぎをブランデーごと投入。
さらに追加でみじん切りした玉ねぎ(1/2個)、バター(24g)を加える。

肉に玉ねぎを残すと焦げ付きやすくなるのでなるべくきれいにとっておく

玉ねぎがしっかり柔らかくなるよう、色づくくらいまで炒める。

醤油(大さじ3)、みりん(大さじ3)、おろしニンニク(1かけ)を加え、軽く火が通る程度に炒める。
最後に黒コショウを適量振り、全体的になじませたら一旦取り出しておく。

一旦きれいにしたフライパンに牛脂または、サラダ油大さじ程度を投入ししっかり温めておく。
肉に塩コショウを振り、フライパンに投入しお好みの焼き加減に焼き上げる。

玉ねぎのエキスが焦げやすいので注意

焼きあがった後のフライパンにソースを戻し、肉汁と合わせてソースを仕上げる。

あとはお好みの付け合せとともに皿に盛り付け、シャリアピンソースをたっぷり乗せたら追い黒コショウ、パセリを振りかけ完成。

今回はクレソン、ヤングコーン、ミニトマト、素揚げしたニンニクスライスをトッピングした。



至高に旨くてヤミツキになる

これはなかなかの破壊力。
ガーリックライスも作ったので、いつでも戦える。

ガーリックライス

材料
・ご飯 200g
・にんにく(みじん切り) 1かけ
・パプリカ(みじん切り) 1/4個
・パセリ(粗みじん) 大さじ1分
・オリーブオイル 大さじ2
・醤油 大さじ1/2
・黒コショウ 大さじ1/2
・バター 8g

手順

  1. オリーブオイルでニンニクを炒め香りづけ
  2. ご飯を投入し強火でほぐしながら炒める
  3. パプリカを加えて炒める
  4. 火を止めてパセリとバターを食わせて混ぜ合わせる

さっそく食べてみよう。

玉ねぎの甘みがきいていてニンニクの旨味に、バターのコクと醤油の芳ばしい風味がきいている。
黒胡椒のピリッとしたスパイシーな風味も良いアクセントになっている。

肉はとても柔らかジューシーでソースと合わさると絶妙な旨さ。
高級肉にも引けを取らない旨さだ。

ガーリックライスが鬼の勢いで減っていく。

ライスもいいが、あまったブランデーを炭酸で割った大人の炭酸飲料にも合う。

最後に

玉ねぎたっぷりのシャリアピンステーキを作ってみた。

玉ねぎの甘味にニンニクの旨味、バターのコクに醤油の芳ばしい風味がステーキ肉と抜群に合う。
たっぷり乗せ過ぎたかと思ったが、逆にこれくらいがちょうどいい。

安い肉も絶品ステーキに早変わり、是非一度試してみてほしい。

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-料理してみた, 料理レシピ, 食レポ
-

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2021 All Rights Reserved.