テイクアウト ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

YOKOKURA STOREHOUSE(ヨコクラストアハウス)のまぜそばテイクアウト。ハイマウント&村岡屋リスペクト系な一杯

YOKOKURA STOREHOUSE(ヨコクラストアハウス)で前回話題のテイクアウトまぜそば営業があるというので行ってみた。

ハイマウント&村岡屋リスペクトと称して登場したヨコストのまぜそば。
今回2日間だけの特別営業として復活した。

前回は好評のうちに終了したというコラボテイクアウトまぜそば。
今回はヨコスト流にアレンジされたリスペクト系な一杯に仕上がっているという。

果たしてYOKOKURA STOREHOUSEのまぜそばはどんな味なのか?
さっそく食べてみた。



YOKOKURA STOREHOUSEのテイクアウトまぜそば

さっそく電話予約を済ませてゲットしてみた。

テイクアウト『まぜそば』
お土産つけ麺『豚つけ』

折角なのでテイクアウトまぜそばとお土産つけ麺を購入してみた。
豚つけは次回ということで冷凍保存し、さっそくまぜそばを食べてみよう。

見るからにボリューム満点で、生卵がセットで付いてくる。

トッピングはもやし、キャベツ、フライドオニオン、粒マスタードマヨ、ベビースター、バラロールチャーシュー、チーズ、鰹節、背脂、粗挽き胡椒、タマネギ、オリジナルな食べるラー油的なやつ。

ここに卵黄を乗せれば完成だ。
※もったいないので全卵乗せ。

チャーシューはハイマウントを彷彿させるバラロールの分厚いチャーシューだ。

これは想像していたよりボリュームがありそうだな。

また食べたくなるクセになる味

まずは軽く混ぜでそのままの味をあじわう。

もっちりでコシの強い中太麺。
タレの絡み加減も抜群だ。

塩加減にしっかりめのタレにまろやかな卵の風味が絶妙。
コクがあってキレのあるタレがクドくなくて食べやすい。

続いてトッピングを絡めつついただこう。

黒胡椒のスパイス感に唐辛子のピリッとした辛みがアクセント。
背脂を絡めるとコクが増し、さらにかつおぶしの風味が合わさるとより一層旨味が増す。

粒マスタードマヨのコクまろ感と酸味、ピリッとした辛みがまたいい仕事している。
これがあると無いとでは印象が全然違ってくる。

さらにフライドオニオンのほんのりビターな風味で味に深みが増して、これがキッカケで無限に食べたいスイッチがオンになる。
※食べられるとは言っていない

シャキシャキの野菜もさることながら、ベビースターのポキポキ感も絶妙だ。
ハイマウントもそうだが、それを彷彿させるベビースターの名脇役感。

チーズのまろやかさと風味にちょっとした味変的な要素を感じつつ、無心になって食べ進めればその箸は止まることを知らない。

それにしても分厚いチャーシューだ。

外麺ホロホロトロトロ、中はしっかり肉感を感じる噛み応え。
噛むほどに旨味があふれる。

最後にすべてが濃縮されたタレが残るが、思いのほか満腹感を感じて〆ライスまでたどり着かずにごちそうさま。

最後に

YOKOKURA STOREHOUSEで6月29日、30日の2日間だけ復活したまぜそばテイクアウトを利用してみた。

前回はハイマウントと村岡屋のコラボ的な立ち位置だったが、今回はハイマウント&村岡屋リスペスト系のヨコスト流のまぜそばに仕上がっている。
食べているとハイマウントの味を栃折思い出す一杯だった。

残念ながら2日間の復活は終ってしまったけど、人気なのでまた復活することもあるだろう。
その時には逃さずゲットしてみてほしい。

お店詳細

YOKOKURA STOREHOUSE(ヨコクラストアハウス)
住所 栃木県小山市横倉596-76
TEL 0285-37-6162
営業時間 11:00~14:30/18:00~20:00
定休日 木曜
駐車場 およそ23台
支払い 現金
SNS X/Instagram

 

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-テイクアウト, ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , , ,