食レポ

立川マシマシ『ウマ汁こってりマシライス』カスタマイズ。ご飯が欲しくなるおすすめなやつ

日清から絶賛発売中の立川マシマシ全力監修『ウマ汁こってりマシライス』。
カスタマイズ性があって、色々と楽しめる一杯だけど、シンブルにお店の『マシライス』みたいな味が楽しみたい。

実はこの商品、本物のマシライスとは若干テイストが違っていて、豚骨醤油飯的な味に仕上げられている。
実際お店で食べたことが無い人からすれば、こんな味なんだと誤解されそうなので、なんとか手軽にお店の味に近づけないものかと試行錯誤してみた。

で、ついにその味に近いかな?的な味を再現することができたので今回はその作り方も合わせて紹介したいと思う。

記憶を頼りに作っているため食べ比べたら全然違うかもしない



お店の味に近いかな?的なカスタマイズ

さて、今回は美味さを重視にお店の味に近いかな?的なカスタマイズをしてみることにした。
そうはいっても、再現性が無くては意味がないので、より手軽に誰でも作れる方法で再現してみた。

用意した材料はこんな感じ。

材料

・ウマ汁こってりマシライス 1個
・おろしにんにく 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・輪切り唐辛子 小さじ1/2程度
・ゴマ油 小さじ1/2

おすすめトッピング
・卵黄 1個
・粉チーズ 適量
・紅生姜 適量
・ニラキムチ 適量

材料はどこの家庭にでもあるものばかり。
特にこれといった調理も必要ないが、輪切り唐辛子は粗めにカットしておくといいかもしれない。

おすすめトッピングはより、お店感を演出したいならおすすめしたい具材。
ちなみにニラキムチは適当にカットしたニラをキムチダレに漬けておけばそれっぽいのができる。
粉唐辛子などを加えるとよりお店っぽい味に近づくかもしれない。

作り方

作り方はとにかく簡単だ。
まずはカップにおろしにんにく、砂糖、唐辛子を投入。

あとは線より1cmほど下までお湯を入れ、しっかり浸るように混ぜ合わせる。

あとは待つこと5分。
仕上げに特製アブラとゴマ油を投入、しっかり混ぜ合わせれば完成。
もうこの段階で、食欲をそそる香りがただよいはじめる。

このまま食べてもいいが、今回はもう一工夫。
ここにトッピングを追加すればおすすめカスタマイズ完成。

ご飯が欲しくなる味

軽く混ぜ合わせて食べてみよう。

追いニンニクと砂糖でコクと旨味が増し、さらに黄身とチーズでダメ押しのコクまろ感が加わる。
そして紅生姜の酸味が絶妙なアクセントになり、深みのある味わいに進化した。

そしてニラキムチ。
シャキシャキ食感にピリッとした辛さがまた味変アイテムとしていい仕事をしてくれる。

このまま食べてもいいけど、ご飯と一緒に食べたらより一層その美味さを実感できるはずだ。

最後に

今回は手軽にお店のマシライスに近い味にできる方法をやってみた。

しばらく食べてないので実際の味を想像だけで再現したので、食べ比べてみたら全然違うかもしれない。
でもたぶん大体あの味に近づけたような気がする。

基本的にはちょい足しするだけで完成するので、再現性も抜群なはず。
是非一度試してみて、これじゃないなと思った時にはさらなるアレンジを試してみてほしい。

立川マシマシ ウマ汁こってりマシライスカスタマイズ。最終的にマシライスにしてみた

立川マシマシ監修の『ウマ汁こってりマシライス』をカスタマイズしてみた。 あの神飯『マシライス』が日清カップライスシリーズに新登場してから数日、数々のちょい足しカスタマイズが発案されてきた。 でもぶっち ...

続きを見る

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.