ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木市】らーめんにい村の濃厚らーめんカスタマイズ。生姜でピリ辛ビター感を増してみた

らーめんにい村に濃厚らーめんに刻みショウガを入れたのが食べたい。
そんな衝動に駆られてやってきたのが、日曜の昼下がり。

最近マイブーム中の、らーめんにい村のレギュラーメニューに「刻みショウガ」を入れるカスタマイズ。
季節限定メニューなどの限定用のトッピングである刻みショウガ、これをレギューラ―メニューに加えることができるのは今しかない。

濃厚らーめん、濃厚つけ麺ともに相性は良かったが、とくにつけ麺との相性は抜群だった。
今回はそんなつけ麺にいくと見せかけて濃厚らーめんリベンジ。



濃厚らーめん生姜

そんなわけでさっそく今回チョイスしたのは、特製濃厚らーめん。

インパクトある極太メンマにネギ、味玉、そして怒涛のチャーシューウェーブ。

いきなり生姜インしてもいいが、まずはそのままの味を堪能する。
とろみのある豚魚の濃厚な旨味あふれるコク旨スープは、ビター感もあり余韻がしばらく後を引く。

麺はもっちりでコシのある何度食べても飽きない美味いやつ。
スープとの一体感も抜群。

刻みショウガバージョン

続いて追加の刻みショウガを投入。

しっかりとスープに混ぜ合わせ一体化させたところでスープをひとくち。

ビター感が増すものの、スープに生姜のピリッとした辛さとさわやかさが加わることで、濃厚さそのままにさっぱりとした後味に変化する。
やはりショウガ入れるとひと味違うな。

そして麺。
生姜の風味も手伝って、とても食べやすくてスルスルといけてしまう。

相性抜群のネギを絡めつつ食べるともう最高だ。
と、食べ進めていると何やら丼の底からゴロゴロとチャーシューの塊が現れ始める(笑)

元看板娘なっちゃんの遺伝子は受け継がれているようだ。

〆の追い飯バター

後味がすっきりなので、なんだかいけそうな気がする―ので、〆に追い飯バターを追加。

溶かしたところを食べるとバターの風味とコク感が増して美味いが、しっかり混ぜ合わせてしまうとバターの風味がどこかにいってしまった。
これは溶かしながら食べるのが正解かもしれない。

最後に

今回はらーめんにい村の濃厚らーめんに刻みショウガカスタマイズのリベンジに行ってみた。
まさかのカウンター隣にツイツター繋がりのMトス氏がいるのに気づかないとか、まぁいつものこと。

たいちょー
いつもながら全然周り見てないから、気づいた人は声かけてくれた方が間違いないと思うw

結論、濃厚らーめんには追い飯バターよりも、追い飯ネギのほうがおすすめ。

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.