ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木小山】麺処TANAKAの中華そば。濃厚さそのままに食べやすくなった一杯

投稿日:2019-12-15 更新日:

小山市にあるコアなファンの多い麺処TANAKA。
最近気になる濃厚系といえば甘味を引き立たせるにい村、塩味を引き立たせるTANAKAとそれぞれが違った味の進化を遂げた一杯。

今年はほぼほぼ濃厚な豚魚系や鶏豚魚ハイブリット系ラーメンをメインに巡ってきたが、そろそろ1年も終わるということで〆の一杯を求めて行ってみることにした。
実に5か月振りの訪問だ。

気になるとそこばかり集中するクセがあるので、これまで行ってたお店にまったく行かなくなるのはお約束

濃厚系に特化してきた1年、果たしてどんな一杯を味わわせてくれるのだろうか?



目次(タップできる)

中華そば食べてみた

さて今回チョイスしたのは中華そば(300g)。

昔ならばチャーシューをトッピングしまくったり、店長の愛と称してマシマシされていたところだが、なにせ今となっては数回しか訪問したことない初見さんレベル。

むちゃぶりはさすがに控えなくてはなるまい。

湯気とともに魚介の香りが際立つ。
トッピングは、大判なチャーシューが1枚、海苔、ほうれん草、刻みネギ。

まずはスープをひとくち。

濃厚な動物系の旨味、魚介の旨味が合わさったハイブリットなスープ。
程よい塩味にほのかなピリッとした辛さとビター感が良いアクセントになっている。

そして口の周りは一気にペタペタになる、その強烈な濃厚さ加減にスープはトロミがある。
このトロミがクセになり、思わず完飲を余儀なくされる。

続いて麺。

さすがに300gともなると、全体的にもったり感が否めないがまぁそんなことは気にしない。

もっちりとして程よくコシのある麺、スープの絡み加減も抜群だ。
ズルズルと豪快に啜りたくなるのど越し感だ。

そしてネギ、これが濃厚なスープのアクセントとして抜群にその手腕を発揮する。
やはり濃厚系にはネギ必須。

たいちょー
そういえば今もネギ増しできるのだろうか?

最後にチャーシュー。

箸で持つとホロッとほぐれるほどの柔らかなチャーシューは、厚みも程よいのでタレの塩気も気にならない。
サイズ感は昔からヤバイのは変わらないが、厚みが常識的なのはありがたい(笑)

G麺TANAKA(麺処TANAKA 夜の部)に行ってきた @小山市 チャーシュー激ヤバ

なんとなくG系のラーメンが食べたくなってきてしまった。 とはいうものの、豚一商店は次は10,000PV達成した時に行く予定なので、新たなお店を発掘でもしてみることにした。 そんなわけで仕事帰りに寄りや ...

続きを見る

このサイズ感なら豚マシ余裕だな。

最後に

5か月ぶりの麺処TANAKAの中華そばを食べてみた。

5か月という歳月の間にさらにブラッシュアップして、前よりも食べやすさが増した感のあるスープ。
これで麺へのテコ入れがされたら、そのヤバさは数段跳ね上がりそうなポテンシャルを秘めた一杯。

本来の目的は叶わなかったが、久しぶりに美味い一杯が食べられたので満足だ

[template id="55866

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.