やきそば 食レポ

【栃木市大平】麺屋鶴と亀の塩焼きそば。Twitter気づいた人限定の裏メニュー

投稿日:

栃木市大平町にある麺屋鶴と亀の限定「塩焼きそば」食べてみた。

Twitterのツイートに気づいた人だけが食べることを許される(そんな厳しくはない)、メニュー表にも載っていない完全限定の裏メニュー。
たまに予想外の限定メニューが登場して、楽しませてくれるので目が離せない。

そんな今回登場したのが「塩焼きそば」。
平日限定のやきそばの別バージョンとして12月2日より提供されている限定裏メニュー。

今回はそんな塩やきそばを食べてみた。



鶴と亀の塩焼きそば

これがメニューに載ってない限定裏メニュー「塩やきそば」+かつおぶし乗せだ。

塩焼きそば 850円(たぷん)
※かつおぶしは追加

豚肉と一緒に焼いた麺にたっぷりのかつおぶし、中央には目玉焼き、小ネギ、糸唐辛子、揚げ玉、そして紅生姜が添えられている。

たいちょー
実はソースより塩焼きそばが好みなので地味にうれしい

具材を混ぜ合わせてまずひとくち。

黒コショウのスパイスがしっかり、塩気もほどよく噛むほどに麺の風味が引き立つ。
もっちりとしてコシがあるので食べごたえも抜群だ。

かつおぶしの風味が絶妙にマッチして美味い。

お次は本番、黄身ブレイク。

黄身が洪水のようにあふれ出してくる。
このビジュアルたまらない。

関連ワードに過剰反応するの禁止※災害とは一切関係ありません

今度は黄身に麺を絡めて食べてみる。

まさにコク旨感があふれ出すようだ。
この素朴な味わい間違いない。

追いニンニクがやばい

食べていると後半は、塩味だけにもの足りなさを感じてくる。
そこで是非とも加えて欲しいのが、卓上に置いてあるニンニク。

ニンニクを加えた途端にコク感が爆発する。
ニンニクの風味も良いアクセントになっていて、とにかくさっきまでとは別モノレベルに進化する。

後半は追いニンニクおすすめ。

うまし!

最後に

今回、麺屋鶴と亀のツイートに気づいた人限定の裏メニュー「塩焼きそば」を食べてみた。
ノーマルでもボリューム満点で食べごたえ感も抜群。

ただ、それゆえにあっさりな塩味が後半物足りなさを感じさせる。
そこで備え付けのニンニクの出番だ。

これがニンニクを加えた途端に劇的に進化して、より一層美味さが増す。
匂いを気にしないのならば、是非とも試してみて欲しい。

いつまで提供しているかは、Twitterやお店で要確認


麵屋鶴と亀
住所 栃木県栃木市大平町下皆川154-3
TEL 0282-25-6789
営業時間 11:00~15:00/17:00~21:00
定休日 不定休


 


【随時更新】今まで食べてきた栃木のラーメンから好みの一杯をメニュー別におおまかにまとめてみた

栃木県の東西南北にあまたあるラーメン店。 2015年に172杯、2016年に36杯(2月中旬時点)ほどのラーメン、店舗数にして86店舗あまりを完食してきた。 師範クラスのラーオタからしてみれば、まだま ...

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-やきそば, 食レポ
-, , , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2019 All Rights Reserved.