まとめ ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木小山】ラーメン山崎。ガッツリ系ラーメンとマゼソバの美味い店の詳細まとめ

再訪問したらお店の詳細をまとめるシリーズ。
今回は小山市にあるラーメン山崎。

がっつり系ラーメンとマゼソバが美味い行列のできる人気店。
中華蕎麦山崎(通称ニボ山)のセカンドブランドとなるお店。

今回はそんなラーメン山崎の詳細をまとめてみた。

スポンサーリンク

ラーメン山崎

小山市城東、小山駅から1.3kmほどの東のエリアあるラーメン山崎。
小山駅東口近くで営業をしている煮干し中華蕎麦山崎のセカンドブランド店として2018年9月25日にオープンしたお店。

ガッツリ系のラーメンとまぜそばを中心とし、洗練されたその味はG系ながらも思わず完飲をしたくなるほど。
カスタマイズ性のあるトッピングは自分だけの好みの味を見つけることができる。

そんなラーメン山崎。

ラーメン山崎へのアクセス

ラーメン山崎は小山駅から1.6kmほどの小山市城東にある。
車なら駅から6分、徒歩だとおよそ20分ほどでたどりつくことができる。

店舗前には9台分の駐車スペースがあるが、共同駐車場であることもありピーク時には一杯になる。
駐車エリアには個人用のスペースもあるので、絶対に指定されたスペース以外には駐車しないようにしよう。

スペースは比較的わかりやすく、店舗前一番右から数えて9台が利用可能。

並び方

店内に入ると左手壁際に待ち用の席が用意されている。
食券を購入したら、席で順番が来るのを待つ。

店内席が一杯の場合は外に並ぼう。

店内

店内はブラックをベースに赤いカウンター席がクールな印象。

※画像は2019年6月

入って正面右手に厨房、そこを囲むようにLのカウンター席が10席ほど。
店舗一番奥が1番席。

店内入って右手にセルフの水、レンゲ、そしてティッシュが備え付けられている。
左手には券売機。

カウンターに備え付けられているのはブラックペッパー、カエシ、唐辛子。
そして蓋つきの箸。

先客のバトルの後はどこに戦い傷跡があるかわからないので、箸置きが蓋つきというのはありがたい。

ラーメン山崎のメニュー

ラーメン山崎のメニューはガッツリ系ラーメンとマゼソバ専門のお店だ。
メニューはこんな感じ。

小ラーメン(300g) 800円
中ラーメン(400g) 850円
大ラーメン(600g) 950円
特製トピ(豚1枚+キャベツ増+うずら+生姜+生卵) +300円
※100円お得

小マゼソバ(300g) 900円
中マゼソバ(400g) 950円
大マゼソバ(600g) 1050円

味噌ラー味 +150円(限定)
ブラック(マー油) +150円
チーズ +100円
うずら5 +100円
麺増し(1kgまで対応) +100円
魚玉(生卵+魚粉) +100円
カレー玉(生卵+カレー粉) +100円
生卵 +50円
からあげ(辛い揚げ玉) +50円
ショウガ +50円
たまねぎ +100円
キャベツ増し +100円
豚1枚増し +100円
豚3枚増し +280円

缶ビール 400円

※300g 一般的な量の倍/400g 2.5倍弱/600g 4倍

席に座ったらまず上部カウンターに食券を置く。
あとは以下のルールに従って追加カスタマイズをする。

コールは提供寸前あたりなので、フライングしないように注意。
ちなみに小メニューの減麺、ヤサイ抜きなどは食券を出す際に伝えよう。

最後に

これできっと初めての訪問でも安心。
※2019年11月2日時点の情報


ラーメン山崎
住所 栃木県小山市城東7-18-2 アペックス107
TEL 不明
営業時間 11:30~14:30/18:00~21:00
     日曜 11:30~14:30
定休日 月曜

 


【随時更新】SNSで反応の良かった栃木の飲食店ランキング【2019年9月版】

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-まとめ, ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,