ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木市】らーめんにい村。背徳感と罪悪感のその先にある至福をもたらす一杯

背徳感と罪悪感、その度合いが強ければ強いほど、その先にある幸福感は計り知れない。
まさにG系に分類されるラーメンやまぜそばなどの類は、その見た目だけでなく脂こってり高カロリーな成分を多量に含む背徳感そのもの。

それら食することで罪悪感にさいなまれ、それがやがて脳内物質の分泌を活性させ幸福感へ導く。

その一種の麻薬のようなものが、人の理性のタガを外しG系へと惹き付け止まない。
これこそがG系にハマる人々がその誘惑から抜けだすことのできない所以だ。

以上のことをふまえたところで、らーめんにい村の不定期限定まぜそばを食べてみた。

スポンサーリンク

目次(タップできる)

にい村のまぜそば

そんなわけで本日の一杯は、まぜそば並。

当然ながらニンニクアブラマシ。
そして追加の刻みショウガ、魚粉、背徳感の化身マヨ。

らーめんにい村が誇る背徳感と罪悪感が顕現した究極の一杯。

更なるダメ押しの味玉、ブロックチャーシューという名の神(店主)の一振り(オマケ)。

さてそれではその片鱗をいただこう。

もっちりしとてコシのある食感、まろやかな黄身に優しく包まれた麺の美味さ。
そこには罪悪感の欠片もない。

前置きはここまで、さっそくその真の姿を御拝ませてもらおう。

先ほどまでとはまったく別の荒々しい姿を見せる。
なんという背徳感あふれる香りだろうか。

これはもう耐え難い。

口に含んだ瞬間に鼻腔を突き抜けるニンニクの刺激。
アブラにマヨ、卵黄をまとったタレがドロリと麺に絡みつく。

さらに生姜によってコク感をさらなる高みへといざなう。
とどめに魚粉による旨味が豚と魚のハイブリットな旨味の進化を促す。

まさに至高。
背徳感と罪悪感の先にある至福のひと時を存分に堪能させていただいた。

最後に

こってり高カロリーなラーメンはほどほどに!!

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2020 All Rights Reserved.