ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木市】めんや天夢のヤバニボ。極上味玉と煮干し愛を堪能する一杯

投稿日:

栃木市南口から徒歩数分の好立地に店を構えるめんや天夢。

2019年の大つけ麵博では栃木市から参戦する、言わずも知れた煮干し愛あふれる一杯を味わえるお店だ。
実はこのお店の味玉がこれまで食べた味玉ランキングTOP3入るほどお気に入りだ。

人気のためか売り切れになることの多いその味玉「旨味とコクのトロトロ味玉」を沢山トッピングしたヤバニボが食べてみたい。
そんな夢を叶えるべくさっそく行ってみた。
※味玉が残っているかどうかは不明だけど

スポンサーリンク

ヤバニボ塩 味玉トリプル

さっそくお店にやってくると、券売機で味玉の存在を確認。
さっそく計画を実行に移す。

本日のチョイスはこれだ。

ヤバニボ塩(970円)+ちゃーしゅー(200円)+旨味とコクのトロトロ味玉(120円×3)。
なんだか中途半端だと思ったかもしれない、決して怖気づいたわけではない。
財布に1600円しか入っていなかっただけだ。笑
※卵は1日に何個食べても問題ない(1個80kcalあるから常識の範囲内で)らしい。

芳醇な香り漂うスープに浸る味玉三兄弟的なやつ。

まずはスープからいただこう。

なんだかいつもより優しく感じるのは煮干し耐性が上がったからなのか、はたまた炊き加減の違いなのか。
それでいてコク深い味だ。

エグミや苦味などのクセもなく、芳ばしい風味をほのかに感じつつまろやかな塩気を堪能する。
なんだかいつもと違う後味に思わず3杯も口にしてしまう。

続いて麺。

プリパツ細麺のこの食感とのど越し、ほどよく絡みつくスープの旨味。
噛むほどに広がる旨味に一心不乱に麺を啜り続ける。

途中で山椒を加えて爽やかなひと時を味わうのも一興。

ここで一旦チャーシューをいただく。

大ぶりで食べごたえがあり、柔らかくてほどよく肉感のある噛み応え。
相変わらずのいいレアチャー加減だ。

いつかこのチャーシューにグレイビーソースかけて食べてみたい。笑

そして今回の目的である味玉の登場だ。

箸で持つとわかるプルンプルンとした弾力。
噛むとあふれる黄身はトロトロかつクリーミー。

黄身の外周はクリーミーで中央にいくほどにトロトロに変化する。
その絶妙なトロミ加減が噛むほどに口の中で踊り出す。

その卵の旨味にコク感は、卵自体のポテンシャルの高さもあるが、やはりこの絶妙な仕上げがあってこそ。
この味玉なら10個は食えるな。

最後に

めんや天夢の隠れた名脇役「旨味とコクのトロトロ味玉」。
一度その味を口にすると、クセになること間違いなしな一品。

とはいえ素の卵で約80kcalあるので、いくら一日一個説が間違いであったとはいえ食べ過ぎには注意しよう。

 


めんや天夢
住所 栃木県栃木市沼和田町11-20
TEL 不明
営業時間 11:30~14:30/17:00~20:30
定休日 日月夜の部/金


 


【随時更新】今まで食べてきた栃木のラーメンから好みの一杯をメニュー別におおまかにまとめてみた

栃木県の東西南北にあまたあるラーメン店。 2015年に172杯、2016年に36杯(2月中旬時点)ほどのラーメン、店舗数にして86店舗あまりを完食してきた。 師範クラスのラーオタからしてみれば、まだま ...

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2019 All Rights Reserved.