洋食 食レポ

【栃木市岩舟町】洋食厨房 匠亭に行ってみた。ローストビーフ丼食べてみた

投稿日:

洋食厨房 匠亭でローストビーフ丼が食べられる!!
ローストビーフ愛好家としては日本全国で5の指に数えられたことは一度もないどうもたいちょーです。

これだれローストビーフ丼を愛してやまないのに、栃木市って圧倒的にローストビーフ丼の食べられるお店が少ない。
もしかして1店舗もないんじゃないかレベルに枯渇しているジャンルなわけだが。

実は栃木市岩舟町、50号バイパス沿いにある洋食厨房 匠亭でいつの間にかローストビーフ丼がメニュー入りとているというではないか。
これはロービーマニアとしては一刻も早く攻略に行かなくては!!

ということでさっそく行ってみた。

スポンサーリンク

 

洋食厨房 匠亭

ここが洋食厨房 匠亭。

50号バイパスを走っているとオレンジの建物がとても存在感あるお店。
2018年8月で5年目に突入した匠亭。

実は4年ほど前に一度だけ食べに来たことがあるが、それ以来疎遠となっていたわけだが。
いつも近くを通るたびにいつも車が沢山停まっていて、混んでるなーと気にはなっていた。

そして今回、ローストビーフ丼がメニュー入りしているという情報を手に入れて久しぶりに訪問したというわけだ。

近くで改めて見てみると、思った以上に鮮やかなオレンジ色の外見。

何もないエリアだけにこのアピール力は抜群だな。

そんことを思いつつさっそく店内へ。

入り口を入ると今日のランチメニューが目に入る。

980円(税別)で結構お得なメニューがあるらしい。
なるほど道理で昼に車が沢山停まっているわけだ、これを目当てに来るお客も多いのだろう。

たたみかける様に入り口にはさらに限定メニューのミニ黒板が下げられている。

早くもローストビーフ丼じゃなくていいかなと揺らぐ心。
限定12食とか限定ハンターの心を激しくくすぐるじゃないか。

そんなことを思いつついい加減店内へ。

軽快な音楽の流れる店内。
キッチンから香るいい匂いがたまらない。

入って正面から左側に厨房。
左手には窓際に4人掛けのテーブル席が2卓、奥側は広い座敷になっていて4人掛けの座卓が4卓ある。

右手は厨房沿いにカウンター席が3席、窓際に4人掛けのテーブル席3卓といった構成。

多からず少なからず程よいキャパで、座敷もあるしカウンターもあるので、大人数でもソロでも気兼ねなく利用できるのがいい。

さっそくカウンターに陣取る。

 

匠亭のメニュー

メニューはこんな感じ。

そういえば4年前くらいに訪問した時に、ランチタイムにはランチメニューしか選べないと言われた記憶があるが注文できなかったらどうしようかと「一瞬やっちまった」と脳裏をよぎった。
でもそんな心配は必要無かったようで、ランチメニューにちゃんと入っていた。

ランチタイムにはライス・味噌汁にミニサラダorソフトドリンクが1杯ついているらしい。
ナポリタンの場合はどうなるのだろうと試しに注文してみたい気分になったが、ここは我慢して当初の予定通りに行こう。

そしてふと正面に目をやるとカウンター前の壁に貼られたメニューを発見してしまう。

絶品オムライスに数量限定サーロインだと?
なんと心惹かれるメニューたちだろうか。

もっと早く再訪問しておくべきだった。

 

ローストビーフ丼

そんなわけでこれが匠亭のローストビーフ丼だ。

ちなみに今回のチョイスはローストビーフ丼の大盛(1,280円)。
肉が大盛りになるやつだ。

ランチタイムはライス大盛り無料らしいので、マシた方が見た目的に面白かったかもしれないな。笑
それでもこのボリューム感はなかなかのもの。

ローストビーフの頂には黄身がローストビーフの台座に鎮座している。
全体的にかけられた甘い香りただよう玉ねぎ感のあるグレイビーソース。
側面に添えられているのはわさび色のレフォールソース。

まずは通過儀礼から。

今日もローストビーフ丼との闘いの合図が鳴らされた。

さっそくひとくち。

キレイなピンク色をしたローストビーフは、柔らかく程よい噛み心地だ。
やっぱローストビーフはこうじゃないとな。

玉ねぎのコクと甘味が効いたグレイビーソースは甘さが結構引き立つ味だ。

ここにわさび色のレフォールソースを添えて食べてみる。

鼻腔を突き抜ける衝撃的な刺激。
どうやらこのわさび色、ガチでわさびそのものの色味だった。
生わさびをすりおろして作ったものなのだろうか、ツンとした刺激は少量でもかなりのもの。

甘めなグレイビーソースとガチわさびのレフォールソースが一緒になると甘さとの一体感がばっちり。
大人向けな味に変化した。

そこに黄身を絡めると刺激が和らいで全体的に調和のとれた味へと変化する。
是非ともすべてを一緒にして食べてみてほしい。

和テイストのあるローストビーフ丼アリ。

 

最後に

本格的な洋食屋さんというイメージで、気にはなっているけど入ったことがないという人も多いかもしれないが、結構気軽に入って食べられる街の洋食屋さんといったお店。

ステーキとハンバーグがメインのお店ではあるが、ランチタイムにはカレーやナポリタン、しょうが焼きなんかもあるので定食屋気分で寄り道もアリだ。
なにより安いものなら680円から高いメニューでも1,000円超えるくらいで食べられるのでお財布にも優しい。

個人的に気になっているのは絶品オムライスとビーフシチュー、メガハンバーグだ。
ランチタイムに注文できるのかは不明だが、次の機会にはチャレンジしてみたいと思う。

栃木市で数少ないローストビーフ丼の食べられるお店「洋食厨房 匠亭」、ごちそうさまでした。

 

洋食厨房 匠亭
住所 栃木県栃木市岩舟町静1634-1
TEL 0282-25-7588
営業時間 11:00~14:30(LO)/18:00~21:30(LO)
定休日 火曜日

 

年に一度のいい肉(1129)の日。ダッチオーブンでローストビーフ作ってみた

今年もいい肉の日がやってきた。 11月29日、それは一年に一度やってくる肉の祭典、いい(11)肉(29)の日。 いい肉を食ってスタミナつけて、1年のラストスパートを頑張ろうという意味合いがあるかどうか ...

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-洋食, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2019 All Rights Reserved.