カップ麺 食レポ

【2018年版】今年も森田屋総本店のカップ麺がブラッシュアップして帰ってきた

投稿日:

今年も佐野ラーメンの名店森田屋総本店のカップ麺がリニューアルして帰ってきた。

言わずも知れた、佐野ラーメン激戦区の佐野市で1961年に創業以来、佐野ラーメン伝統の味を受け継ぐ森田屋総本店。
その味わい深い一杯は長きにわたり愛され続ている。

森田屋総本店のカップ麺はこれまでに幾度となくブラッシュアップを続け、毎年のように進化を続けるカップ麺だ。
そして今年は装いも新たにして再登場した。

スポンサーリンク

 

銘店紀行 森田屋総本店

セブンイレブン限定で、明星より発売している銘店紀行シリーズ。
今回の最新版の銘店紀行 森田屋総本店がこれだ。

これまでブラックベースだったらビジュアルから、佐野ラーメンの麺打ちには欠かせない青竹、その青竹を彷彿させるビジュアルに包まれた森田屋総本店カップ麺。

セブンイレブン店舗内に大量に陳列されたその姿は、これまでよりもより一層存在感がある。

フタの上には味の決め手である後入れ特製オイルが付いている。

フタを開けるとかなりボリュームのアップした、チャーシューやメンマ、ネギなどの姿が見える。

麺が見えないほどのボリューム感はネギひとつをとってもこれまでと比較にならないほど本格的。

安定のあの味。森田屋総本店のカップ麺がリニューアルして帰ってきた

いわゆるピロピロ系の佐野ラーメンとは一線を画す、森田屋総本店のラーメンが再びカップ麺として帰ってきた。 森田屋総本店といえば、佐野ラーメンにありがちな平打ちの太さ不均一のピロピロ麺がウリであるところで ...

続きを見る

 

さっそくお湯を入れ待つこと5分。
仕上げに後入れ特製オイルを投入すれば完成。

クセを感じないラードの良い香り、ネギの香り、それらが醤油ダレと絡んでなんともいえないたまらない香りをただよわせる。

まずはスープから。
濃厚な旨味とコクがあり、鶏ダシの効いた醤油ダレベースのスープは程よい塩気に後味の甘味がクセになる。
そこにたっぷりのチャーシュー、しっかりしたネギの風味がしみだして旨味を後押ししている。

それでいてキレのあるすっきりしたのど越しが完飲必至の味だ。

続いて麺。

もっちりしてコシがある中太ちぢれ麺に抜群に絡み合うスープ。

たっぷりのチャーチゅーが贅沢感があり食べごたえも抜群。
ネギのシャキシャキした食感もとても良く合っている。

ただただ美味い。

 

最後に

相変わらず登場するたびにブレることのない安定の美味さ。
毎回ブラッシュアップされ、何度食べても飽きさせないその味はクセになること間違いなしだ。

発売開始は11月19日だが、栃木だけいち早く発売されたのか1週間以上前から販売開始しされていた。
今年の銘店紀行は東西に分けて発売され、森田屋総本店は東日本のセブンイレブンなどセブンアンドアイグループ約13,000店でのみ発売されている。

大量にストックされているようだか数量限定なので気になる人はお早めに!!

 

セブンプレミアム 銘店紀行 森田屋総本店
オススメ度★★★★☆
価格 198円(税込213円)
販売 東日本のセブンアンドアイグループ 
発売日 2018年11月19日
内容量 90g
エネルギ― 351kcal
タンパク質 8.7g
脂質 8.7g
炭水化物 60.6g
食塩相当量 5.9g

 

 

安定のあの味。森田屋総本店のカップ麺がリニューアルして帰ってきた

いわゆるピロピロ系の佐野ラーメンとは一線を画す、森田屋総本店のラーメンが再びカップ麺として帰ってきた。 森田屋総本店といえば、佐野ラーメンにありがちな平打ちの太さ不均一のピロピロ麺がウリであるところで ...

続きを見る

 

こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-カップ麺, 食レポ
-, ,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2018 All Rights Reserved.