カップ麺 食レポ

安定のあの味。森田屋総本店のカップ麺がリニューアルして帰ってきた

投稿日:2017-12-20 更新日:

いわゆるピロピロ系の佐野ラーメンとは一線を画す、森田屋総本店のラーメンが再びカップ麺として帰ってきた。
森田屋総本店といえば、佐野ラーメンにありがちな平打ちの太さ不均一のピロピロ麺がウリであるところで、不均一というところは同じだがあえて太麺ベースで提供する佐野ラーメンの名店のひとつだ。

今でこそ伝統の佐野ラーメンスタイルを一新するお店が多くなったが、1961年創業にもかかわらずコシのある太麺を提供したというのは伝統を一新する先駆けだったのだろうか。

そんな森田屋総本店だが、実は昔一度訪問して以来もう軽く10年以上は過ぎているだろう。
セブンイレブン限定らしく、ずっと店内でアピールしまくっていたのでどうにも気になってしまい、まったくお店の味は記憶にないがまたカップ麺で味を想像してみることにした。

スポンサーリンク

 

森田屋総本店

これがリニューアルした森田屋総本店のカップ麺。

森田屋2代目店主による10回以上におよぶ試作の末に誕生したスープに、森田屋らしさを忠実に再現した麺が特徴だ。

パッケージには調味油が付属する。

 

開封してみた。

存在感のあるネギに、たっぷりのチャーシュー、そしてメンマ。
若干のネギのボリュームダウンを感じる。

【カップ麺】佐野ラーメンの老舗「中華そば専門 森田屋総本店」のカップ麺を食べてみた

佐野ラーメンの老舗である中華そば専門 森田屋総本店がついにカップ麺として明星より発売された。 1961年に創業して以来、地元の人に愛され続けた佐野ラーメンの名店。 実は初めて食べた佐野ラーメンは忘れも ...

続きを見る

 

さっそくお湯を入れ待つこと5分。
調味油を投入すれば完成だ。

調味油によるラードの香りとともに、醬油の香りがただよう。
やはりこうしてみるとネギの存在感が弱くなったな。

 

食べてみた

それではいただきます。

ノンフライ麺独特の風味もなく、とても食べやすい。
もっちりしてコシのある太麺で、のど越しも悪くない。

スープは醤油ベースで、鶏がらや豚の旨味、香味野菜系の風味も効いていた美味い。
この芳ばしい醤油の風味と後味に感じる甘味、そして黒コショウのピリッとした味がいかにも佐野ラーメンっぽい。

なかなか悪くない味だ。
森田屋総本店のカップ麺はセブンイレブンで発売中だ。

 

森田屋総本店
オススメ度★★★☆☆
価格 159円
販売 セブンイレブン 
発売日 2017年11月14日
内容量 67g
エネルギ― 260kcal
タンパク質 5.9g
脂質 6.0g
炭水化物 45.7g
ナトリウム 1.8g

 

 

【カップ麺】佐野ラーメンの老舗「中華そば専門 森田屋総本店」のカップ麺を食べてみた

佐野ラーメンの老舗である中華そば専門 森田屋総本店がついにカップ麺として明星より発売された。 1961年に創業して以来、地元の人に愛され続けた佐野ラーメンの名店。 実は初めて食べた佐野ラーメンは忘れも ...

続きを見る

 

こちらもおすすめ

1

  リクナビNEXTでなにやら面白そうな診断ができるらしい。 無料で自分の強みを診断できるというグッドポイント診断がなんだか面白そうなので試してみた。 まぁ登録をしないといけないわけだが、そ ...

2

人生楽しんでる? きっと半数くらいの人が毎日、朝起きて仕事に行って、帰ったらだらだら過ごして、翌日の仕事に差し支えないように寝る。 職場では毎日ルーティンワークで、毎日がつまらないと答えることだろう。 ...

3

今回はちょっと趣向を変えてイケハヤ氏風に記事を書いてみたいと思う。   まだ他人に合わせて自分を消耗してるの? 他人に合わせて仕事をして自分を消耗するのはオワコンなんです。 ボクの職場を例に ...

-カップ麺, 食レポ
-,

Copyright© 隊長がいろいろとやってみた , 2018 All Rights Reserved.