うどん 激辛ハンター 食レポ

丸亀製麺のうま辛辛辛辛辛坦々うどんが美味すぎる。見た目のわりに辛くない

丸亀製麺のうま辛辛辛辛辛坦々うどんを食べてみた。

丸亀製麺で10月23日から発売開始となった、うま辛坦々うどんが美味いと話題だが。
激辛マニア界隈ではもう一つ話題となっているものがある。

このメニュー、実は辛さを選ぶことができる。
通常では最高でも20辛までしか選択できないが、ウェブの期間限定裏メニユーを手に入れると最高で100辛まで選択できるようになる。
これは激辛好きとしては見逃すわけにはいかない。

さっそく攻略に行ってみた。

スポンサーリンク

 

丸亀製麺

今回やってきたのは丸亀製麺の佐野店。

ひさしぶりに丸亀製麺に来たが、こんな混み合っているとは知らなかった。
たまたまタイミングがよかったのか先客無しだったが、少しするとレジ前には行列ができていた。

今回狙うはこのうま辛坦々うどん。

並盛650円で、1~5辛までが+30円、10辛が+100円、20辛が+200となるのだが、実は今回挑戦する100辛は値段もヤバイ。

これがオフィシャルサイトで手に入る期間限定裏メニューの挑戦チケット。

なんとその価格1,650円。
安く食べられるお店なのにとんでもない値段だ。笑

有効期限は11月12日までというところを見ると、そこで販売は終了ということなのだろう。
ちなみにこのチケット、温泉卵が1個付いてくる。

さっそく注文カウンターで画面を見せると、若干驚きつつもさっそく作り始めてくれる。
どうやら通常よりも時間がかかるらしく、支払を済ませると引き換え券を受け取り席で待つように言われる。

ちなみにレジで「体調は大丈夫ですか?」と聞かれる。
そんなやばいメニューなのか。笑

 

うま辛辛辛辛辛坦々うどん

待つこと3分。
お待ちかねのうま辛辛辛辛辛坦々うどんの登場だ。

見た目凶悪!!

もうほうれん草の緑が映えるほどに真っ赤だ。
スープの上には香味ラー油の層があり、その上にはたっぷりの唐辛子。
そしてほうれん草、節粉、肉味噌、そしてとどめの唐辛子。

もう唐辛子の香りしかしない。笑

さっそく食べてみよう。

完全にドロッとした白濁スープにラー油と唐辛子がこれでもかと麺に絡みつく。

これはやばそうだな。
まずは啜らずにゆっくり頬張る。

あれ?全然辛くない。
激辛ハンター基準でいうと10段階で★★(限りなく1近い)
濃厚クリーミーなスープはコクと旨味が凝縮されていて美味い。
唐辛子の刺激を軽く凌駕するほどに。

唐辛子は風味はあるが、想像していた以上に辛くなくて余裕だ。
普通のうどんを食べるようにズルズルといけてしまうほど。
そして唐辛子の風味の向こう側に鰹節の芳ばしい風味が待ち構えている。

甘辛の肉味噌がスープと相性抜群でスープの美味さも引き立たせる。

ここについでに購入したイカ磯辺天ぷらを投入。

どっぷりつけて食べてみる。

とても禍々しいが美味い、激ウマ。
なんだこの美味さ。

他の天ぷらでも試してみたい衝動にかられたが、レジ前の行列に断念。

後半はここに温泉卵を投入。

まろやかでコクが増してなお美味い。

さすがにスープを飲むのはどうかと思ったが、思わず飲みたくなる美味さだった。
惜しむらくは追いご飯ができなかったこと。

 

最後に

今回の限定裏メニュー、うま辛辛辛辛辛坦々うどん。
どれだけ辛いのかと警戒していたが、見た目の割に想像以上に辛くなくて拍子抜けしてしまった。

辛さと美味さのバランスは完璧で、激辛好きの求める辛さの先の美味さを疑似体験できる一杯といってもいいだろう。
天ぷらをつけたらどうだろうかと思ったが、これがなかなかの美味さだったのは収穫だった。

もし次があったら今度は天丼用ご飯(130円)を投入してみてもいいかもしれないな。
夢は膨らむ。
だが1,650円だ!

丸亀製麺のうま辛辛辛辛辛坦々うどんは11月12日までの期間限定なので、気になる人は早めに挑戦しよう。

丸亀製麺佐野店
住所 栃木県佐野市鎧塚168-1
TEL 0283-24-0284
営業時間 11:00~22:00(lo21:30)
定休日 無休

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-うどん, 激辛ハンター, 食レポ
-, ,