パスタ 喫茶店 食レポ

コーヒーハウス ロペ(ROPE)。栃木県佐野市の昭和レトロな人気の喫茶店

栃木県佐野市にあるコーヒーハウス ロペ(ROPE)。

コーヒーにナポリタン、厚切りトーストにサンドイッチなど昔ながらの味わいを楽しめる昭和レトロな喫茶店。
コーヒーをいただきながら過ごすひとときは、何ものにも代え難い至福の時間。

看板メニューの熱々の鉄板で提供される、これぞまさにナポリタンという一品は是非とも味わいたい。

今回はそんなコーヒーハウス ロペに行ってみた。

掲載された情報は訪問時点のものです。
営業時間や店休日、メニューや価格など変更になっている可能性があります。
最新の情報は公式サイトやSNS、店舗などで直接ご確認ください。
※最新情報の掲載を保証するものではありません




コーヒーハウス ロペ

今回訪問したのは栃木県佐野市田沼町、東武佐野線田沼駅より徒歩7分、国道293号線交差点沿いにあるコーヒーハウス ロペ。

レンガ調の外観、平屋にとんがり屋根が、これぞ昭和の喫茶店といった雰囲気そのまま。

1970年(昭和45年)創業のこのお店、和田夫妻が2人で切り盛りする。
20代の頃に結婚を機に高校教師から脱サラでオープンさせてから今年(2024年)で54年、春には80歳を迎える店主も今だ現役で腕をふるう。

田沼町では老舗名店として老若男女問わずお客が訪れ、常連も多く中には親子三代に渡り通うお客もいるそう。

コーヒーハウス ロペへのアクセス

アクセス詳細

住所 栃木県佐野市田沼町1241

車 北関東道「佐野田沼インター」より1.8km(5分)
電車 東武佐野線 田沼駅より500m

駐車場 7台

駐車場は店舗の道路に面した2面にあり。

コーヒーハウス ロペの店内

ナポリタンの芳醇な香りが漂う店内。
こだわりの内装は、昭和52年に建て替えたその当時のまま。

中庭を囲むようなL字の店内、大きな窓からは明るい日差しが差し込む。
ホテルのラウンジを豊富させる装飾の数々、壁面ブロックやタイル調の天井などこだわりを感じる。

店内入ると正面右手の厨房では店主が腕を振るう。
厨房前にはカウンター席が4席、窓際に4人がけのテーブル席が2卓。

さらに入り口から左手には4人がけのテーブル席が4卓、6人掛け1卓、6人は座れそうな角席。

テーブルに飾られている生花は、開店当時より毎日欠かさないという。

コーヒーハウス ロペのメニュー

コーヒーハウス ロペのメニューはこんな感じ。

タップ拡大可

コーヒーハウス ロペ行ってみた

訪問したのは2024年1月22日の昼時。
先客3組5名、後客4組8名ほどと程よい混み具合。

せっかくだし色々と食べてみようじゃないか。

スパゲッティ ロペ風

スパゲッティメニューからロペ風。

例えるならば、焼きうどんのパスタ版といったところか。
醤油の香ばしい香り漂う。

具材はハム、ピーマン、玉ねぎなど。

さっそく食べてみよう。

ジュージューと音を奏でる熱々の鉄板で提供されるので、しばらく出来立て感が持続。
醤油の焦げる香ばしいかおりに食欲が刺激される。

1.4mmの中太なパスタでもっちりとした口当たり。
シャキシャキなピーマン、玉ねぎのほんのり甘味のアクセントで旨みも引き立つ。

味変の粉チーズやタバスコも使ってみよう。

チーズのコク感、タバスコのピリリとして酸味きいてアクセントもよく合っている。
ちょっとペペロンチーノ風味になって面白い。

ちなみにパスタにはサラダが付いてくる。

レタスにキャベツ、にんじんなど。
味付けはサウザンアイランドドレッシングにパプリカパウダーのアクセントがきいている。

Bセット

お食事セットメニューからBセット。
カレーライスとサラダ、コーヒーor紅茶のセット。

 カレーは濃厚でとろみのあるルーのビーフカレー。

野菜などの具材は完全に溶け出し、しっかり煮込まれてホロホロと柔らかなサイコロ状の牛肉がたくさん。
野菜の旨みやビーフの旨み溶け出し、コク深く旨み濃厚な味わい。

スパイス感や辛さは優しく、老若男女問わず食べられる味付け。
福神漬けのポリポリ感と甘味のアクセントが安心感ある。

スパゲッティ ナポリタン

あやうく本来の目的を忘れそうになった。
追加でオーダーしたのはスパゲッティメニューから看板メニューのナポリタン。

鉄板で焼けるナポリタンソースの芳醇な香りが食欲を刺激する。
具材はハム、玉ねぎ、ピーマン、マッシュルームと、王道で間違いないチョイス。

もっちりとした麺に時折パリッと焼き目の香ばしい風味がたまらない。

濃厚で甘味が引き出されたケチャップの風味きいたソースがしっかり絡む。
黒胡椒のスパイシーなアクセントもいい。

玉ねぎの甘味、シャキシャキピーマンのほんのりビターなアクセント、ハムという素朴ながら間違いない名脇役感。

粉チーズとタバスコはマスト。

幼い頃にデパートのレストランで食べた、あの味を想起させる懐かしい味だ。

〆のコーヒー

そして〆はコーヒー。

ビターな風味しっかりとした味わい。
ほんのり酸味がきいていて、後味はあっさりとした口当たり。

普段ブラック派だけど、クリームを入れるとコクがあってまろやかな味わいで飲みやすい。
食後に最適な一杯だった。

最後に

栃木県佐野市にあるコーヒーハウス ロペに行ってみた。

昭和レトロな喫茶店の雰囲気たまらず、トーストにカレー、ナポリタンとメニューも間違いない。
看板メニューのナポリタンは、熱々の鉄板でジュージュー言わせた状態で提供され、ソースの焦げる香りがなんともたまらない。

おしゃれなカフェもいいけれど、こういうがいいんだょ。

お店詳細

コーヒーハウス ロペ
住所 栃木県佐野市田沼町1241
TEL 0283-62-2099
営業時間 11:00~19:00(LO18:30)
定休日 木曜
支払い 現金のみ
駐車場 7台

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-パスタ, 喫茶店, 食レポ
-, ,