ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

池田屋。栃木県佐野市の地元民に人気の佐野ラーメン店

栃木県佐野市にある池田屋。

地元民に人気の佐野ラーメン店。
佐野ラーメンといえば、独特の形状とツルツルとして柔らかさともっちりコシのある食感の混在するピロピロ麺が特徴的だが、それと対極をなす柔らかさを特徴としたピロピロ特化の佐野ラーメンが味わえるお店がある。

池田屋は、どちらかといえば後者の部類に含まれるお店。
人気の餃子はお持ち帰りする人も多い。

今回はそんな池田屋に行ってみた。

掲載された情報は訪問時点のものです。
営業時間や店休日、メニューや価格など変更になっている可能性があります。
最新の情報は公式サイトやSNS、店舗などで直接ご確認ください。
※最新情報の掲載を保証するものではありません




池田屋

今回訪問したのは栃木県佐野市石塚町、東武佐野線田沼駅より2.8km、国道293号線沿いにある池田屋。

オレンジ色の外観、いわゆるビタミンカラーが目に留まる佐野ラーメン店。

地元民に人気の高いお店で店舗前に行列ができていることも多く、老若男女問わず愛される柔らかく程よいコシ感のある青竹手打ち麺をうりにする。
その日のコンディションにより麺の加水率や味のバランスを調整するという店主こだわりの一杯をいただくことのできるお店だ。

1993年創業のこのお店、インターネッツで調べではこの店出身のラーメン店も多いそう。

ラーメンのラインナップはシンプルで、サイドメニューも餃子のみとわかりやすい。
餃子が人気でお持ち帰りするお客も多いそう。

池田屋へのアクセス

アクセス詳細

住所 栃木県佐野市石塚町568-52

車 北関東道「佐野田沼インター」より2.8km(6分)
電車 東武佐野線 田沼駅より2.8km

駐車場 およそ22台

駐車場は店舗前に8台、正面砂利のスペースに14台ほど駐車可能。

池田屋の店内

店舗前には待ち用のベンチ席が4つ、店内入ると正面に製麺室。
お店の入り口付近に待ち席1席。

左手に厨房があり、その手前にカウンター席が4席、背後に左右に分かれた小上がりに4人掛けの座卓が2卓ずつ。
テーブル席は無しの小上がり席メインという特徴的なスタイル。

卓上調味料は醤油・酢・ラー油・胡椒2種。

支払いレジは厨房出入り口にある。

池田屋のメニュー

池田屋のメニューはこんな感じ。
※2023年12月27日時点

タップ拡大可

利用方法

  1. 行列発生時は列に並ぶ
  2. 先に注文を聞かれるので注文を決めておく
  3. 案内された席に座る
    ・水はセルフサービス
  4. 食後はレジで精算し撤収

池田屋に行ってみた

訪問したのは2023年12月27日の昼時。
先客は待ち1名、後客複数で帰る時には外待ちが8名はいただろうか。

ネギチャーシュー

今回チョイスしたのはネギチャーシュー。

トッピングはチャーシュー、メンマ、ほうれん草、ナルト、ネギ。
さらに塩ダレで味付けしたネギと細かくカットしたチャーシューの合わさるネギが山盛り。

まずはスープからひとくち。

鶏ガラと豚ガラをベースにした無化調スープで、場所柄やはり出流原弁天池湧水も近いことから水にもこだわりがあると推測される。
非常にあっさりとして塩気も控えめな優しい味わいで、醤油の芳ばしさがコクを引き立てる。

たいちょー
なるほどなるほど

麺は青竹手打ちの程よいウェーブ感のある高加水系、柔らかめで優しいコシのある食感で喉越し感が良い。

スープがあっさりとしているので、麺の存在感が強すぎないのはいい。

チャーシューは薄めだが大ぶりで食べごたえあり。

やわトロ系で味付けは濃いめなので、あっさりとした麺とのギャップがある。
麺を啜りつつ、チャーシューを頬張るとちょうどいい。

ネギチャーシューは胡椒のきいた塩ダレで味付けされていて、あっさりとしたスープに溶かして食べると塩気の補完にちょうどいい。

いわゆる昔ながらの佐野ラーメンといった感じか。

餃子

サイドメニューから餃子の3個も食べてみた。

芳ばしい香りに食欲がそそる。
大ぶりで見るからに具沢山なのがわかる。

まずはそのままで。

皮はもっちり肉厚で焼き目パリっと香ばしく、大きめに刻まれたキャベツやニラがザクザクと食感心地よい。
野菜たっぷりだからとバランスが悪いかといえばそんなことはなく、挽肉とのバランスも抜群。
中から挽肉の旨味と野菜の甘み溶け出すジューシーなエキスがあふれだす。

たいちょー
ご飯がメニューに無いとか拷問か

酢胡椒で食べてみよう。

具材の甘みが引き立ち後を引く旨さだ。

今度は醤油とラー油を加えてみる。
香味野菜の風味引き立ち、芳ばしさも増してより一層ご飯が欲しくなってくる。

ここに来たら餃子を食べない選択肢が見当たらない。

最後にスープをひとちくいただきごちそうさま。

最後に

栃木県佐野市にある池田屋に行ってみた。

昔ながらの佐野ラーメンが味わえるお店。
好みは分かれるかもれないが、優しさにあふれる一杯は老若男女問わず好まれそう。
個人的な好みから言うとネギの塩気重要。

そして餃子が旨いのでここに来たら絶対に注文すべき。

行列ができていることも多いので、時間に余裕をもっての訪問がおすすめだ。

お店詳細

池田屋
住所 栃木県佐野市石塚町568-52
TEL 0283-25-4555
営業時間 11:30~14:00
定休日 月曜
支払い 現金・PayPay利用可
駐車場 およそ22台

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,