料理してみた 料理レシピ

七草粥(七草がゆ)。1月7日の朝に食べる行事食。その由来や作り方は?

七草粥は1月7日の朝に食べる日本古来からの行事食だ。

新春の7種の若菜を使った、胃腸に優しいお粥。
一年の無病息災を願って食べられる料理で、また正月の食べ過ぎや飲み過ぎで弱った胃腸を労わる意味もある。

春を感じさせる香りや彩り、優しい味わいを楽しむ一品。



七草粥(七草がゆ)

七草粥(七草がゆ)は、春の七草を使用した塩で軽く味付けしたお粥。

毎年1月7日、人日の節句に食べられる古来からの行事食。
新春の七種類の若菜を使用した、胃腸に優しいお粥のことをいう。

「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」の七草を使用する。
小学生の頃に学校で覚えさせられたものだ。

ちなみに聞き慣れないゴギョウとはハハコグサのことでキク科ハハコグサ属の越年草で道端などでよく見かける。
ハコベラはハコベ、スズナはかぶ、スズシロは大根を意味する。

これからの1年の無業息災を願う意味を持ち、また正月の食べ過ぎや飲み過ぎで弱った胃腸をいたわる意味もある。
七草それぞれにも滋養があり、正月明けのこの時期にうってつけだ。

七草粥作ってみた

七草粥といっても、現代では七草を田畑で集めるなどそんな手間は必要は必要ない。
春の七草はスーパーなどで2〜3人前、4〜5人などのセットとして販売されている。

用意した材料はこんな感じ。

レシピ

  • 春の七草 市販品1パック(2〜3人前)
  • 米 1/2合
  • 水 600ml
  • 塩 小さじ1/2

作り方

手順

  1. かぶをくし切り、大根を輪切りにする
  2. お湯を沸かし、かぶと大根を3分ほど茹でたら取り出しておく
  3. お湯にかぶと大根の茎や他の七草を茹でたら冷水で冷やし、カットして水気を絞っておく
  4. お粥を茹でる
  5. 仕上げに塩、具材を加えて混ぜたら完成

かぶ・大根をよく洗い汚れを落とし、他の七草はさっと洗っておく。

かぶや大根は皮のままで、かぶはくし切りに、大根は輪切りに、茎は別にしておく。
※茎は付け根付近に土が残っている場合があるので、一度洗っておく

500mlほどの水に塩(小さじ1)を加えて※分量外 沸騰させ、かぶと大根を柔らかくなるので3分ほど煮込む。
※お粥と同じくらいの柔らかさを目安に茹でるといい

茹で終わったら、具材だけ取り出しておく。

さきほど茹でていたお湯にかぶ・大根の茎を加えて火が通るまで茹でる。

火が通ったら残りの七草も加えてさっと茹でる。

すぐにざるにあけて冷水で冷まし、軽く水気を絞ったら7mmほどに荒くカット、再び軽く水気を絞っておく。

これでひとまず具材の下ごしらえは完了。

鍋に米1/2合、水600mlを加えて中火にかける。
※浸水は不要

煮立ってきたら、焦げつきしないように一度鍋底から混ぜ合わせる。

弱火にして少しずらして蓋をし30〜40分ほどじっくりと炊く。
この時吹きこぼれる場合があるので、目を離さないでおこう。

たいちょー
2回くらいやらかしそうになった

かすかに湯気に芳ばしい香りがしてきたら鍋底が焦げ始めている合図なので、すぐに火を止めよう。
※焦げさせない絶妙な水分量と火加減が大事だ

今回は30分で炊き上がった。

塩小さじ1/2を加えて混ぜ合わせたら、七草を加えてさっと混ぜたら完成。

七草粥食べてみた

完成したのがこれだ。

茶色いものばかり食べていたので、このビジュアルに癒される。

さっそく食べてみよう。

とろりと粘りのあるお粥にほんのり塩気が優しい。
七草はさっと茹でてあるので青臭さはなく、かぶと大根も柔らかく煮てあるので柔らかい。

いつも茶色くてハイカロリーなものばかり食べてきたので、なんだかカラダなかから癒されるようだ。

最後に

1月7日なので、七草粥を作ってみた。

40分もあれば作れてしまうので、朝から作ってもそんな苦ではない。
滋養があり体に優しい七草を使用した粥は、胃にも優しく栄養もある。

これで今年1年も無病息災で過ごせそうだ。

2024/3/3

タコライス。沖縄ご当地グルメを手作りサルサとチリビーンズで作ってみた

タコライス。 沖縄県発祥のご当地ソウルフードで、県内いたるところで提供され地元民から観光客にも人気のグルメ。 白米の上にタコミートをのせ、サルサやチーズなどをかけて食べる料理で、タコスの「タコ」と「ライス」から命名された。 決してタコ飯のことではない。 沖縄県金武町きんちょうの新開地、米軍基地キャンプハンセン前にある飲食店街、そこにあった2015年6月29日に31年の営業に幕を閉じたパーラー千里。 タコライス誕生の1984年当時、海兵隊に安価でボリュームのある食事を味わってほしいということから、タコスの具 ...

ReadMore

2024/3/3

チリビーンズ。スパイシーな味がクセになる!アメリカ南部発祥のメキシコ風豆料理

チリビーンズを知っているだろうか? 挽肉と豆をトマトとともにチリスパイスで煮込んだ豆料理のこと。 アメリカ南部のテキサス州やニューメキシコなどが発祥のテクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)。 トマト風味のピリ辛スパイシーな味わいが、そのまま食べたりトルティーヤで挟んで食べたり、ハンバーガーやホットドッグの具材や、なんだったらパスタやご飯に合わせることもできる。 チリコンカンとチリビーンズの違いについて話題になることがある。 両者は非常に似ているが、前者は唐辛子を使った肉などの具材が入った唐辛子料理な ...

ReadMore

2024/3/3

サルサがあればなんでもできる!?メキシカンサルサドッグ

ホットドッグ、それは縦長のパン「ドッグロール」に切れ目を入れ、ソーセージや野菜をサンドした料理の総称。 起源はドイツの『フランクフルター』とされ、フランクフルトで生まれた『フランクフルトソーセージ』をパンに挟んで食べるのが始まりとされる。 のちに1847年にドイツのコーブルグにある、食肉業者ヨハン・ゲオルク・ホヘーナーが発案したソーセージ料理であると公表される。 ※諸説あるが 19世紀、ドイツからアメリカへの移民達によってアメリカへ伝えられたのがキッカケとなり、現在アメリカを代表する料理のひとつとなった。 ...

ReadMore

2024/2/28

鉄火味噌もどき。節分豆がご飯がすすむ常備菜に

鉄火味噌を知っているだろうか? 赤味噌をベースに砂糖やみりんといった調味料や唐辛子を使用し、根菜や炒り大豆・一晩水に浸した大豆などをごま油で炒めて練り合わせた『なめ味噌』のことを言う。 富士吉田市の郷土料理が起源とされ、かつて武田信玄が戦場での食事の副食として重宝したそう。 味噌を油で炒めると、熱した鉄のような赤い色になるとから「鉄火」と名付けられた。 ペースト状やふりかけ状にしたものなどがある。 滋養があり、身体を温める働きもあることから食事療法に活用されたり、「軍隊調理法」にも掲載され戦時中は日本軍の ...

ReadMore

2024/2/27

Taco Tuesday!!火曜はタコスの日。メキシコ料理タコスが旨すぎて無限に食える!!

Taco Tuesday!! 火曜はタコスの日!! タコスといえば、メキシコを代表する料理に数えられる魅惑のグルメ。 トウモロコシの粉を使用したトルティーヤに、肉や野菜などの様々な具材やサルサを包んで食べる国民食だ。 とにかく具材が豊富で、豚肉から牛肉、羊肉にヤギ肉、白身魚などメインの具材だけでも豊富にあり、さらに使用されるサルサ(ソース)もチリベースやワカモレなどのアボカドベースなどたくさんある。 組み合わせ次第で無限のタコスが存在する。 メキシコ発祥で紀元前500年前から作られていたという。 本場メキ ...

ReadMore

たいちょー

栃木で活動する雑記ブロガー。 栃木県の観光に役立つグルメやスポット情報を中心に紹介 | 栃木のグルメ・観光情報の発信(たまに他県も)/気になったことを自由にダラダラ綴ります | 社畜ゆえ多忙になるとメシネタ過多になります。




-料理してみた, 料理レシピ
-